2018年5月2日 更新

“ひと”にお金がついてくる時代をつくるSHOWROOM・前田裕二

“自分”がサービスコンテンツの仮想ライブ空間「SHOWROOM」。 「お金の民主化」でマネタイズの多様化が進む中、SHOWROOMは「お金は労働の対価ではなくなる」「これからは“ひと”でお金を稼ぐ時代」これらをカタチにしているサービスといえます。SHOWROOMと社長・前田裕二にスポットを当ててみます。

2018.5.2

仮想ライブ空間「SHOWROOM」と社長前田裕二とは

gettyimages (13864)

仮想ライブ空間「SHOWROOM」。
あなたはご覧になったことはありますか? 無料で利用できるこのライブストリーミングサービス。「演者」と呼ばれるパフォーマーは、アイドルだったり、芸人だったり。
Youtubeと違う点を挙げてみると、このような感じです。
・ライブは生配信
・観客はアバターとしてギャラリーに投影される
・観客は演者とコメントを交わせたり、演者にギフトを送れる
Youtube、アメーバピグとニコニコ動画のいいところを持ち合わせ、そこに「ギフティング」という課金アイテムが加わった感じでしょうか。
SHOWROOMでは既に、月に週百万円の収益を上げる演者たちがいるというのです!
前田氏のコメントによく登場するSHOWROOMアイドルの一人「ちずる」さん。40代後半の彼女は、若かりし頃おニャン子クラブのオーディションに落ちた女性。しかし「SHOWROOM」に出会って、昔の夢を花咲かせました。彼女自身、SHOWROOMでの収益だけで充分生きて行けるそうです。
SHOWROOMのファウンダーはどんな人物なのかを調べると、若干30歳のミュージシャン風ハンサム。早稲田大学を卒業後、外資金融であるUBS証券(スイスユニオン銀行グループ日本法人)に入社。一年後ニューヨークに赴任するが、ここでもトップ営業マンになります。北米の機関投資家を相手にエクイティセールスを行ってきた前田氏の英語力は、帰国子女以上だと言います。
高い能力と勤勉さ、ガッツを持ち合わせた人物なのは確か。しかし、彼の来歴を調べていくと、華やかな経歴からは想像できない苦労人の貌(かお)が浮かび上がるのです。

「君さぁ、結構苦労してきたでしょ?」

thinkstock (13871)

前田氏の成功にDeNA社長・南波智子氏ありといっても過言ではないでしょう。
前田氏は「南波氏が5年かけて口説き落とした男」とも呼ばれています。
南波氏はDeNAの採用試験最終面接で彼に初めて出会った時から、ずっと目にかけてきました。
最終面接で
「君さぁ、結構苦労してきたでしょ?」
と南波氏に言わしめた前田氏の半生は壮絶なものでした。
8歳でご両親を亡くした前田氏。親のない子になった二人はやがて親戚の家に引き取られます。しかし行き場所が決まるまでの数か月間は、兄と二人で警察署に寝泊まりさせてもらったというから驚きです。前田氏には10歳年上の兄がいました。この方は医者の夢を諦め、職に就き弟を養います。彼が最高の恩返しをしたいと語る恩人です。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せ度が高い人に共通する3つのお金の使い方とは

幸せ度が高い人に共通する3つのお金の使い方とは

お金の使い方次第で人生の幸せ度合いが決まります。誰しも実感するように、お金は幸せな人生を送るために必要不可欠な要素です。しかし、お金それ自体が人生に幸せをもたらしてくれる訳ではありません。お金は目的ではなく、幸せになるためのツールだからです。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部