2018年5月2日 更新

“ひと”にお金がついてくる時代をつくるSHOWROOM・前田裕二

“自分”がサービスコンテンツの仮想ライブ空間「SHOWROOM」。 「お金の民主化」でマネタイズの多様化が進む中、SHOWROOMは「お金は労働の対価ではなくなる」「これからは“ひと”でお金を稼ぐ時代」これらをカタチにしているサービスといえます。SHOWROOMと社長・前田裕二にスポットを当ててみます。

 (13858)

2018.5.2

仮想ライブ空間「SHOWROOM」と社長前田裕二とは

gettyimages (13864)

仮想ライブ空間「SHOWROOM」。
あなたはご覧になったことはありますか? 無料で利用できるこのライブストリーミングサービス。「演者」と呼ばれるパフォーマーは、アイドルだったり、芸人だったり。
Youtubeと違う点を挙げてみると、このような感じです。
・ライブは生配信
・観客はアバターとしてギャラリーに投影される
・観客は演者とコメントを交わせたり、演者にギフトを送れる
Youtube、アメーバピグとニコニコ動画のいいところを持ち合わせ、そこに「ギフティング」という課金アイテムが加わった感じでしょうか。
SHOWROOMでは既に、月に週百万円の収益を上げる演者たちがいるというのです!
前田氏のコメントによく登場するSHOWROOMアイドルの一人「ちずる」さん。40代後半の彼女は、若かりし頃おニャン子クラブのオーディションに落ちた女性。しかし「SHOWROOM」に出会って、昔の夢を花咲かせました。彼女自身、SHOWROOMでの収益だけで充分生きて行けるそうです。
SHOWROOMのファウンダーはどんな人物なのかを調べると、若干30歳のミュージシャン風ハンサム。早稲田大学を卒業後、外資金融であるUBS証券(スイスユニオン銀行グループ日本法人)に入社。一年後ニューヨークに赴任するが、ここでもトップ営業マンになります。北米の機関投資家を相手にエクイティセールスを行ってきた前田氏の英語力は、帰国子女以上だと言います。
高い能力と勤勉さ、ガッツを持ち合わせた人物なのは確か。しかし、彼の来歴を調べていくと、華やかな経歴からは想像できない苦労人の貌(かお)が浮かび上がるのです。

「君さぁ、結構苦労してきたでしょ?」

thinkstock (13871)

前田氏の成功にDeNA社長・南波智子氏ありといっても過言ではないでしょう。
前田氏は「南波氏が5年かけて口説き落とした男」とも呼ばれています。
南波氏はDeNAの採用試験最終面接で彼に初めて出会った時から、ずっと目にかけてきました。
最終面接で
「君さぁ、結構苦労してきたでしょ?」
と南波氏に言わしめた前田氏の半生は壮絶なものでした。
8歳でご両親を亡くした前田氏。親のない子になった二人はやがて親戚の家に引き取られます。しかし行き場所が決まるまでの数か月間は、兄と二人で警察署に寝泊まりさせてもらったというから驚きです。前田氏には10歳年上の兄がいました。この方は医者の夢を諦め、職に就き弟を養います。彼が最高の恩返しをしたいと語る恩人です。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
〈堀古英司〉「お金とは、努力とリスクテイクの結晶。」

〈堀古英司〉「お金とは、努力とリスクテイクの結晶。」

ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC最高運用責任者。ニューヨークに住み、生き馬の目を抜くと言われるアメリカの金融界でヘッジファンドのファンドマネジャーとして活躍し続けている。堀古が肌身に感じた、アメリカ人の金融感覚とは。
「節税」と聞いて飛びついてしまう前に。経費やiDeCo、不動産投資、のデメリットについても考える

「節税」と聞いて飛びついてしまう前に。経費やiDeCo、不動産投資、のデメリットについても考える

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。
人生の質と大きさは「仲間」で決まる~『お金原論』[第21回]〜

人生の質と大きさは「仲間」で決まる~『お金原論』[第21回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座