2017年12月21日 更新

〈秋元さくら〉「みんなを笑顔にする料理を作りたい」人気フレンチビストロのシェフの熱い思いとは

レストランやビストロの名店がひしめく東京・目黒で、予約の絶えないフレンチビストロといえば、「モルソー」。人気の秘密はシェフの秋元さくらさんが作る料理の数々。「一度訪れるとたちまちファンになってしまう」という、魔法の料理を作り出す女性シェフの素顔に迫る。

2017.7.20
東京・目黒のビストロ「モルソー」のオーナーシェフ、秋元さくら。こだわりは、自分自身の目で選んだ旬の食材をシンプルに仕上げること。笑顔の絶えないフレンチビストロには、地元の目黒はもちろん、全国からファンが訪れる。

世界を飛び回るCAから一念発起、料理の道へ

STAGE編集部:現在の仕事につくまでのキャリアを教えてください。
大学を卒業した後は、航空会社に就職し、国際線のCAをしていました。世界各国を訪れて、さまざまな食文化に触れるうちに、料理への興味がどんどん高まってきて、CAを退職して調理師学校に入学したんです。
STAGE編集部:しかし、いくら料理が好きでも、プロになろうという人は多くはありません。何か特別な想いがあったんですか?
プロの料理人になろうと決意したのは、ソムリエの主人がきっかけです。主人とはCA時代に出会って結婚したんですが、新婚のときに、私が作ったオムライスを「美味しい、美味しい」と、大喜びしながら食べてくれたんですね。その後も料理を作るたびに、とても喜んでくれました。そのとき、「ああ、料理は人をこんなにも笑顔にできる素晴らしいものなんだなあ」と感動したんです。
STAGE編集部:「人を笑顔に」。そこから料理への道を志したんですね。
はい。もともと昔から人が大好きで、誰かの笑顔を見るのが幸せなんです。だから、学生時代の就職活動のときも、人を笑顔にできるサービス業を極めようと思って、いろいろな職種の会社を受けました。そしてたまたま採用されたのがCAだったんですよ。その後、CAをやめて料理人になろうと決めたときも、「よく考えたら、自分の仕事でお客様を笑顔にするという点では、CAも料理人も同じじゃないか」と思いました。
STAGE編集部:しかし、料理人を志したのは20代半ば。料理の修行を始めるには、決して早いとはいえません。
その通りです。でも、私はこうと決めたら、とにかくがむしゃらに前進するタイプなんです(笑)。たとえ人より遅かったとしても、その分何倍もがんばって、自分なりの最短距離を進めばいいと考えました。調理師学校を卒業した後は、新宿の「モンドカフェ」、白金の「オー・ギャマン・ド・トキオ」で修業させていただきました。
STAGE編集部:修業はつらくなかったですか?
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈秋元さくら〉「お金とは、笑顔をうむもの」

〈秋元さくら〉「お金とは、笑顔をうむもの」

レストランやビストロの名店がひしめく東京・目黒で、予約の絶えないフレンチビストロといえば、「モルソー」。人気の秘密はシェフの秋元さくらさんが作る料理の数々。「一度訪れるとたちまちファンになってしまう」という、魔法の料理を作り出す女性シェフの素顔に迫る。
「香りを食べる」オーガニックローズのアイスクリームができたわけ

「香りを食べる」オーガニックローズのアイスクリームができたわけ

新進気鋭のシェフ田村浩二氏がプロデュースしたハイセンスなバラのアイスクリームFRAGLACE。 オーガニック栽培のバラ「YOKOTA ROSE」を香り高く閉じ込めた逸品で、甘さをぐっと抑えた大人の味わい。甘さが香りを邪魔しないので、バラそのものの香りを食べる感覚を楽しめます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

knyb knyb
お金の教養講座