2018年12月30日 更新

「変わろう」とした時の「不安」はどこから来るのだろう。

10代の頃から大勢の前にでるのが恥ずかしくとても緊張をするので、絶対に表に出ない人生を歩もうと思っていました。『50代、もう一度「ひとり時間」』を出版した時には、記念講演の打診を出版社から受けましたが、迷うことなく直ぐにお断りしました。理由は怖かったからです。

本来の好奇心旺盛の私は、心の底では出版エピソードを話してみたいなと思いました。

しかしもう一人の私は、そんな恐ろしいことはできないと思っていました。堂々と人前で話せる人が羨ましいけれど、私には一生かかってもないと思っていました。

そして、できないことを無理にする必要もないとも思っていました。

何でもエイヤーと始める私ですが、これだけはどうしようもない。私の一番ダメな部分でした。

それが「自分らしく生きる女性を応援したい」「好きなことが仕事になる道を応援したい」と起業を決意しました。

私は大きく変化したい、変わりたいと思ったのです。

これからは、どんどん人前に出て想いを伝えることが仕事となるのです。そのひとつセミナーが完成すると、大きく押し寄せる「漠然とした不安」。そのたびに、「ありのままの私で大丈夫」とつぶやいていました。

もうすぐセミナーを開催するというある日、書店で何気なく目に留まった一冊をパラパラとめくってみると、興味深い一文を見つけました。

何か新しいことを始めようとした時に起こる不安は、起きて当たり前。まだ見ぬ新しい世界。その変化に対抗するために「やめておいたほうがいいよ」と脳が警告している。自分の心地よい安全地帯に留めようとしている。外の危険を知らせる信号を発信している。そう単なる信号である。不安な気持ちはそのために起きる。そんな時には「今、脳が引き留めようとしているのだな」と認識すること。

というようなことが書いてありました。人の変化に対抗する機能をホメオスタシスというそうです。

「なんだ、そうだったのか」と。

押し寄せてくる不安はダメな私のせいではなかったのだ。ホメオスタシスのせいだったのかと。

それ以降、時々押し寄せてくる不安な気持ちに、「来た来た」「脳が抵抗している」と素直に感じるようにしました。するとだんだん不安の波が小さくなってくるのが分かりました。

セミナー当日、京都の京阪三条の駅に降り立つと気分はとても晴れやかでした。

セミナー会場までの15分ほど歩いていくことに。セミナーを終えた後の達成感。喜びの気分を具体的にイメージしながら歩きました。

未来を良いイメージで具体化することは不安を和らげる効果はてきめんでした。とてもワクワクしてきたのです。

セミナー開場まで1時間半、開放感あるお店でおひとり様ランチを楽しむことにしました。

とてもリラックスしている自分に、「もう大丈夫」と自信が生まれました。

バタバタと会場準備を終えて、いざ開場。

受講生の皆さんを笑顔でお迎えできて、ダメな私を一つ乗り越えることができたと実感しました。

「やっぱ無理かも…」と思う不安な気持ちは、あなたのせいじゃない。「ホメオスタシス」の仕業です。

そこをえいっと小さくても一歩前に進むと、ダメな自分がどんどん小さくなり、気が付けば大きく輝いているかもしれません。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

【前回の記事はこちら】
自分のベースがその人生を引き寄せる
来年一年パワーアップして過ごせる手帳術
大切にしているお肌のお手入れと習慣

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |
自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

働き方改革で在宅勤務を命じられたら、あなたは自宅の中のどこで仕事をしますか? その環境は、自分の健康を守るためにも大事です。「在宅勤務用」の机やいすが売られていますが、仕事をするための家具はどんな点に気をつけて選べばいいのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部