2019年8月22日 更新

世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション界で「アフリカ」の存在感が増し、富裕層向けラグジュアリー・ファッションでもアフリカンテイストが浸透しています。アフリカ発の優れたデザインもさることながら、ファッションの巨大市場に成長する可能性も、その背景にあります。

2019.8.16

ファッション界の潮流はアフリカに向かう

gettyimages (44940)

いま、世界のファッション界で大きな潮流になっているのは「アフリカ」です。
「ヴォーグ(Vogue)」「エル(ELLE)」のような高級ファッション誌でも、ミラノ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、東京で開催されるファッションイベントでも、「アフリカンテイスト」が最新のモードのトレンドとして幅をきかせています。
アフリカと言えば、現地の女性が身につける原色ファッションの鮮やかさは日本でもよく知られていますが、それだけではありません。
テキスタイル(布地)の分野では大胆な原色や幾何学柄だけでなく、レオパード柄(豹柄)など野生動物をイメージさせるデザイン、アフリカの大地をイメージさせるアースカラーなどもひっくるめて豊かな色彩文化に根ざしたデザインの良さが人気で、部分的にでもそれをとり入れた新作を世界の一流デザイナーが次々と発表しています。
最近の傾向として、カジュアルウェアのようなファストファッションだけでなく、富裕層など高所得層向けの「ラグジュアリー・ファッション(ハイ・ファッション)」でもアフリカンテイストが浸透してきていることがあります。かつてのアフリカにあった「貧困」「飢餓」など負のイメージは、そこにはありません。たとえばラグジュアリー・ファッションの代表格であるルイ・ヴィトン(LVMH)はガーナ系のデザイナーを大抜擢し、南アフリカなどでも若き才能を発掘しています。

「イケア」にもアフリカンテイストが登場

gettyimages (44960)

セネガルに本社がある100%アフリカンブランドの「トンゴロ(Tongoro)」は昨年、ファッションリーダーでもある歌手のビヨンセがイタリアでの夏のバカンス中にそれを着ていたことで、知名度が俄然アップしました。
ファッション界に影響力があるモデルのナオミ・キャンベルは「ヴォーグ」のアフリカ版を創刊するように提唱しています。ファッションの素材でも、アメリカの高級下着ブランド「ヴィクトリア・シークレット」は、ブルキナファソ産の無農薬オーガニック・コットンを採用しました。
そうした「アフリカン・インベージョン(侵略)」は、服飾の世界だけにとどまりません。日本でも人気があるスウェーデンの「イケア(IKEA)」は2019年5月31日、限定コレクション「オーヴェルアルト(ÖVERRALLT)」をリリースし、それは日本の店舗でも販売されています。
アフリカ大陸5カ国から10人のデザイナーを起用し、北欧デザインとモダンアフリカンが融合したテイストの家具や調理器具やクッションやトートバッグを企画・販売しています。「あのイケアがアフリカンデザインなのか?」と意外に思うかもしれませんが、アフリカへ、アフリカへ向かう世界の潮流は、そこまできています。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |
米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

アメリカ大統領選の歴史を振り返ってみると、勝利の方程式はやはり経済が好調であるということです。2020年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は遅くとも直前の2020年7-9月期のGDP(速報値は10月末頃の発表予定)で3.0%以上の成長を達成し、経済が好調であることをアピールしたいところです。そこから逆算すると、6月がタイムリミットになります。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部