2017年8月9日 更新

50、60代はハナタレ小僧、僕も『まだ』62の小僧です

団塊世代向けに立ち上げた『小僧com』は、どんなコミュニティに成長しているのか? 団塊の世代ばかりでなく収入1000万以上の30代、40代の富裕層が65%もいるそうです。人生の先輩どころか小僧と称する同社CEOに聞きました。

2015.3.28

世界新記録より自己新記録、夢を持って自分というプロダクトを磨いてほしい

今回は、小僧com株式会社を経営されている平松庚三氏をお迎えしました。平松氏は、ソニー株式会社に13年間勤務した後、主に外資系企業の社長を歴任。株式会社ライブドア社長を経て、小僧com株式会社を設立、経営されています。

インタビュアーは、日本ファイナンシャルアカデミー株式会社 代表取締役 泉正人が務めます。

団塊世代をターゲットに立ち上げた『小僧com』は、どんなコミュニティに成長しているのか?人間が生きるためになくてはならないものは夢。小僧を目指す人達への熱いメッセージ。読み応え満載の内容を、ぜひご一読ください!

究極の夢だった自分の会社で団塊世代向けのビジネスを

泉:本日はよろしくお願いします。最初に平松さんご自身の自己紹介も含めて、会社の内容や業務の概要をお願いしたいと思います。

平松:ソニーに13年勤務した後、外資系の社長を務めてきました。その究極の最後の仕上げがライブドアです。あの2年間というのは、素晴らしい出会いだったと思っています。ハントされたわけでもなし、募集していたわけでもなし、私が応募したわけでもないんですが、「出会った」んです。

元来私は、すごい強運だと思うんです。どこに行っても、チームに恵まれてきましたから。そういうチームを作っていくのが社長業であるとも言えますが、ライブドアでも、本当に良いチームに恵まれました。20も30も若い人たちと一緒に仕事して、彼らに支えられて、教えてもらって、60歳で一番育ったと思うんです。私自身、これまでの中で一番成長したと思える期間でしたね。

泉:そうした2年間を経た後、独立されたのにはどのようなきっかけがあったんでしょうか?

平松:私自身のキャリアで言うと、雇われ社長の究極として最後にライブドアが位置しています。ライブドアの社長になる前から、外資系の会社をMBOしたり、自分達で買ったり、建て直したりしてたんですね。

ただその間も、究極、最後の夢というのは、自分の会社を持ちたいとずっと思い続けてきました。人の会社ではなく、自分で投資をして、自分の会社でビジネスをやりたい。ずっとその考え方を暖めていたんですが、私の中では、3つのビジネスモデルがありました。

一つ目は宇宙、二つ目は農業、そして三つ目が、自分が団塊世代なので、団塊世代をターゲットにしたビジネスということです。

宇宙は、億単位じゃなくて何十億円単位で費用がかかってきますから、私がビジネスとしてやるのには無理があるのかなという結論になりました。じゃあ、お客として乗ろうというので、日本人の民間人の第一号として、ヴァージン・ギャラクティックに乗ることにしたわけです。先週もカリフォルニアで、新しい母船のお披露目があって行ってきました。

第2の農業というのにも大変興味を持っています。ものづくりというか、一次産業を大切にしない国は滅びるというのが、私の持論なんですが、今日本では、農業というのが大変な目にあってます。食料の自給率も今40%切っているわけですよね。それがショックというか、農業にはものすごい興味があるので、将来やりたいなと思っています。

泉:次のステップとしてということですね。

平松:そうですね。農業は、基本的には起業家に分類されますよね。だから、日本の農業は、究極のスモールビジネスなんです。スモールビジネス、ホームビジネスね。完全な家内工業です。今全国を回ってですね、新しい農業をやろうとしている人達を見て回って歩いているんですよ。その中で、ある程度の企業として法人化させてあげるっていう考え方も必要だなと感じています。ただ私の中で、これは今すぐにすべきことでもないという結論に至ったんです。

『小僧』という名前にこめられた思い

平松:最後に残されたのが、団塊世代関係のビジネス。僕自身が55歳になったとき、定年後(社長やってたら定年はないですけど)は老後ではなく、人生の後半戦だと思ったんです。野球だってサッカーだって、絶対後半戦の方がエキサイティングで面白い。だから、後半戦のゲームプランをしっかりたてて、ゲームを思い切りエンジョイすること。これが最も大事なことだろうと位置づけました。

それは勝てないことだってありますよね。でもゲームをエンジョイすることっていうのが必要なんじゃないかって思います。そういう想いの元、同じ志というか生き方を志向する人たちを集めようと思ったんです。エンジョイする仲間のようなものですね。

それで、2004年から2005年にかけて、そうしたものを実際に作っていったんです。その間、『プライムタイム』とか『プレミアエイジ』とか、名前をみんなで考えたんですが、ピンと来るものがありませんでした。

そんなとき、愛媛県の瀬戸内海の沖合いの青島というところで、また一つの「出会い」があったんです。その島は、なんと平均年齢が70以上。男はみんな現役の猟師で、毎日船に乗って自分で漁に出る。おばあちゃん達はみんな現役の農婦で、毎日山に行って、みかん畑にみかんとか取りに行くというなんともパワフルな雰囲気の島でした。

さらにこの島で、30、40歳は「ヨチヨチ歩き」、50、60歳は「ハナタレ小僧」と呼ばれているっていうのを見つけたわけです。それで社名を『小僧』にしようと決めました。私が目指す生き方がここにあったと感動したんです。

良くアメリカでは自分の名前を会社名にしたりしますよね。だから、「お前も自分の名前を付けたの?」なんてよく言われるんですが、「いやいや、そうじゃなくて、小僧と庚三っていうのは、漢字は違うけど、発音が非常に似ていて、小僧っていうのはKidって意味なんだよ。50、60って、シニアシティズンなんて言われていても、全然未熟だから、『Kids.com』そういう名前なんだ、それがうちのシニアの集まりなんだ。」と説明するんです。そうすると海外の方もみんな喜びます。

60歳でもまだまだ「小僧」だと言う生き方は、世界中の人が目指すライフスタイルなんだろうと思います。ただ、たまたま私の名前とおんなじなんです(笑)

「立派な小僧になるために」みんなが『小僧』に集まってくる

平松:そうした「出会い」を経て、SNSを中心としたコミュニティを作りはじめたんです。会社を正式に作ったのが2006年の春なんですが、実際エンジンを作ったりして、実際にサービスを始めたのが2006年暮れからです。

「人生の後半戦は、楽しく健康に。豊かで賢く」こうしたことを1つのテーマにしています。「賢く」っていうのは知的好奇心ですね。若さっていうのは、知的好奇心をいつまで持ち続けられるかどうかにかかっているわけです。「豊かに」っていうのも、金銭的な豊かさだけじゃなくて、心の豊かさ。そして「楽しく」「健康」。人生これがやはり大事ですよね。

そして最後に、「できれば」っていうのが入るですが、地域の役にも立ちたい。そういう人達を集めましょう。それができたらどれだけ楽しいか、ということで始めて、今1年半くらいです。会員はちょうど7千人になりました。

実際始めてみると、いくつかびっくりしたことがありました。50、60歳はハナタレ小僧、30、40歳はヨチヨチ歩きって言っていたのが、ヨチヨチ歩きがマジョリティになっちゃったんです。ちなみに30歳以下もいます。大学生やサラリーマン層です。

それに合わせて、30歳以下はハイハイ。30、40歳はヨチヨチ歩き。50、60歳はハナタレ小僧。70、80歳はワンパク坊主。小僧の後が坊主になるという呼称もつけています(笑)。

泉:面白い呼び方ですね。若い方達も参加されているということなんですが、世代によって入会の動機も変わっているのでしょうか?

面白いなあと思って入会動機を見ると、50、60歳っていうのは小僧っていうところに共感を持つ。「そうです、私達まだ小僧ですよね」っていう感覚ですよね。人生でも、もう30歳なのかまだ30歳なのか、もう40歳ですよっていうのとまだ40歳ですよと考えるのか、それで人生がものすごく違ってくるんですよ。

そういう人達が集まっているので、30代、40代の人達っていうのは、やっぱり10年後の自分、40歳になったときの自分、50歳になったときの自分っていうのをきちんとイメージしている。そして、一言で言うと一番多いのは「立派な小僧になるために」なんですよ(笑)。

それは大変あてが外れたけど、ポジティブな意味でいいあての外れ方でしたね。それから、43%の人が所帯年収1000万以上で、平均が1300万円です。お金持ちを集めてたわけじゃないんですけどね。そういうデモグラフィーというのができたわけです。まだ7千人なんだけど、非常に高品質な属性というか、デモグラフィーが維持されているんですね。

『小僧』によって、ライフスタイルマーケティングが可能になる

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エンジェル投資家は、リターンよりロマンを求める

エンジェル投資家は、リターンよりロマンを求める

「人生の時間を倍に増やしたくて」起業し、現在は「エンジェル投資家」として、起業への最初の一歩を踏み出す人への支援をしている西川さんに、夢とロマンがいっぱいの「エンジェル投資家」としての生き方について、聞きました。
「お金」を人生の味方に変える3つの力

「お金」を人生の味方に変える3つの力

「お金とは、夢を実現できるツール。(辻 庸介)」
とっておきのセレブ婚が出来る方法 ~富裕層男性の見分け方~

とっておきのセレブ婚が出来る方法 ~富裕層男性の見分け方~

あなたは、「富裕層」をしっかり見分けることはできますか?富裕層の見極め方をマスターしておくと、婚活に役立つのみではなく、お仕事や人間付き合いなど様々な場面で活躍することができるでしょう。今回は、そんな「富裕層」男性を見極める術を、3つのポイントに絞って紹介していきたいと思います。
高級マンションコンシェルジュが見た「富裕層女性」に共通するシンプルな特徴

高級マンションコンシェルジュが見た「富裕層女性」に共通するシンプルな特徴

富裕層と言われる方々の中でも、女性が取っている行動や特徴にはどんなことがあるでしょうか。高級マンション販売やマンションコンシェルジュ業務を10年間経験した筆者が、富裕層の女性の特徴を考えます。
世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏の裏の顔

世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏の裏の顔

ウォーレン・バフェット氏は世界で最も有名な投資家として知られています。今回はウォーレン・バフェット氏の素顔を知ることで、投資家として成功する生き方に必要なことはなにかを考えていきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座