2018年9月21日 更新

日米貿易協議FFRの前後10日間になにが起こったのか

日本時間の8月10、11日に開かれた閣僚による日米貿易協議FFRは、9月末に次回会合を開催し具体的な合意を目指すことで協議を終えました。このFFR開催直前の10日間の動きは大変興味深く、そこには今後の日米交渉の行方が見えてくるいくつかのヒントがありました。時系列で振り返ってみたいと思います。

gettyimages (21234)

2018.9.14

8月3日(決戦7日前)

gettyimages (21219)

日本の上場企業の経常利益を合計した額の約10%程度を担う、日本企業の雄と言っても過言ではないトヨタの2018年4−6月期決算発表が行われました。営業利益は前年同期比18.9%増の8138億円、売上高は同4.5%増の7兆3627億円と過去最高を記録しました。この結果は、市場予想を上回る結果であり、さすがトヨタといったところでしょうか。ただ、この発表会見に臨んだ白柳専務は、「稼ぐ力や原価低減の成果は少しづつ出始めているものの、まだまだ道半ば」と慎重なコメントを残し19年3月期の連結予想を据え置きました。
この決算内容であれば、すわ「今後の上方修正が期待できる」と投資が反応し株価が上昇トレンドに入ってもおかしくありませんでした。しかし、実際の株価といえば発表翌日以降2週間に渡り下落トレンドに入っています(2018年8月21日時点)。
なぜ、上昇トレンドに入れなかったのか。それは、記者会見で大きな懸案事項が発表されたからでした。その発表によると、「トランプ政権が自動車や部品に対して25%の追加関税を発動した場合、日本から米国へ輸出する完成品1台あたりのコストが平均で6,000ドル(約66万円)上昇し、単純計算で約4700億円のコスト増加につながる」というものでした。業績見通しの上方修正どころか、FFRの交渉内容次第では、業績見通しが悪化する可能性を投資家がリスクとして感じ取りました。
このような日本代表ともいえるトヨタの発表を受け、茂木経済財政・再生相は10日〜11日のライトハザード米通商代表とのFFRの交渉に備え、FFRの交渉において米国は「FTA(日米貿易協議)を念頭に強気の交渉を進めてくるだろうが、それを受け入れてはトヨタの懸念の通り多くの輸出企業の業績は相当厳しいものになるであろう」と、その交渉では一歩も引かない準備を進めていたはずです。
ところが、、

8月8日(決戦の2日前)

gettyimages (21229)

このFFRの交渉2日前前に米国内で注目を集めていた政治イベントが行われていました。それは、オハイオ州下院第12選挙区での補選です。
オハイオ州の同選挙区といえば、1983年から30年以上も共和党が議席を守ってきた共和党基盤の選挙区です。しかし、補欠選挙の結果は、大苦戦。共和党候補の民主党候補へのリードは1700票程度で投票総数のわずか1%未満。しかも、未開票が8000票を超えており、勝者がまだ確定していない状況です(2018年8月21日現在)。2018年11月の中間選挙、2020年に大統領再選を目指しているトランプ大統領にとっては、大変頭の痛い結果になりました。
この前哨戦での苦戦の原因は、トランプ政権が目玉政策と位置付ける中国などへの関税措置による制裁により、輸入品の価格が上がっていることだと分析されています。特に、この地域の主要作物である大豆農家、自動車工場などの製造業に負担増やマイナス効果の実感が地域住民に浸透し始めているとされています。また、少し前ですが3月に行われたペンシルバニア州の補選でも、共和党の地盤にも関わらず敗北したことを考えれば、やはり米国内で「アメリカ・ファースト政策」へNOという潮流が生まれている可能性がありそうです。
ここからは推測ですが、トランプ政権は、日米FFR交渉の直前にした8日の結果を受けて大統領再選への戦略見直し、つまりアメリカ・ファースト政策の修正の検討に追い込まれている可能性があるのではいないかと思っています。米国民は徐々にアメリカ・ファーストより、生活的な実感を優先して判断し始めているかもしれません。だとすれば、ますます国民負担が増えるであろう「貿易戦争」についてトランプ政権がソフトランディングへ舵を切る可能性が高いのではないかと仮説を立てることができます。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊