2017年12月22日 更新

インフレが忍び寄るかも2018

日本は長い間デフレに苦しめられてきました。その状況を脱するために日銀を中心に懸命に取り組んでいましたが、あまり効果が確認できていません。そのため、日本ではもう二度とインフレが訪れないのではないかという言う人さえいます。しかし、2018年は、「海の向こう」からインフレが忍び寄る可能性がありそうです。

thinkstock (8380)

2017.12.22

海の向こうの大減税

thinkstock (8385)

インフレが近づくと考えられる1つ目の要因は、海の向こうの大国、米国の税制改革です。米国議会は12月22日に閉会し、大型減税を含む税制改革法案が上下院で可決されました。
この税制改革法案の骨格は、連邦法人税率を2018年1月から35%から21%に引き下げたり、海外子会社からの配当収入への課税を撤廃したりといったもの。米国の大企業にとっては恩恵の大きな法案です。また、個人税制も、最高税率が39.6%から37%に引き下げになり、相続税も撤廃するという、なんとも富裕層に優しい法案です。ちなみに、日本では富裕層から税収を増やす方向に邁進中ですが。
さて、この大型の減税ですが、レーガン大統領のレーガノミクス(1986年に成立した減税法案)から30年ぶりの大型法案と言われています。このレーガノミックスによる減税と政府支出の増大は、景気を大いに刺激しました。ベトナム戦争から10年経過し、インフレと不況にあえいでいた米国は急速に自信と活力を取り戻しました。一方で、このようなレーガノミックスには影の面もありました。それが、「双子の赤字」です。
thinkstock (8395)

好景気により国内消費は刺激されましたが、海外からの大量輸入によって輸入超過となり貿易赤字が急速に膨らんでいきました。また、減税などにより財政赤字も一気に悪化しました。結果として、大量の赤字国債を発行することになり、半端ではない財政赤字が積み上がりました。この、貿易赤字と財政赤字が双子の赤字です。
ちなみに、レーガン政権発足時の1981年1月の政府の債務は9,000億ドルでしたが、レーガン大統領が退任する8年後の1989年1月には、なんと3倍近い2.6兆ドルまで膨れ上がっていました。
この財政の悪化により、米国債券の信頼は損なわれ、結果として米国の金利は押し上げられました。それにつれたドル高が進行し(金利が上がるとその通貨は上昇します)、1978年には1ドル=176円だったものが1982年11月には1ドル=278円まで上昇する急激なドル高相場となりました。
thinkstock (8396)

さて、今回の大型減税を受け米国の10年金利はどうなったかというと、2.3%台から2.5%まで一気に上昇しました。これが大型減税で米国の景気を織り込んだものなのか、それとも米国の財政赤字が拡大することによる悪い金利上昇なのかは来年明らかになるはずです。
原因はどちらにしても、この金利上昇は日本にどのような結果をもたらすのでしょうか。
これについては、「ドル高、円安」になる可能性が高いと考えられています。そして、輸入国である日本は、円が安くなると自然と物価が上る体質です。そう、今の瞬間、耳を澄ませば、「ジングルベルではなくインフレの足音」が聞こえてくるかもしれません。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今年のお花見コストはインフレ傾向?

今年のお花見コストはインフレ傾向?

いよいよ桜のシーズンになりました。さて、この時期は卒業や入学や入社など人の動きが多くなにかと出費も多くなる季節です。それでも、花見にも行って楽しみたい!と思っているみなさん。今年の花見を楽しむには昨年までより少し費用が高くなりそうな感じです。その原因は忍び寄るインフレのようです。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。
〈堀古英司〉「お金とは、努力とリスクテイクの結晶。」

〈堀古英司〉「お金とは、努力とリスクテイクの結晶。」

ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC最高運用責任者。ニューヨークに住み、生き馬の目を抜くと言われるアメリカの金融界でヘッジファンドのファンドマネジャーとして活躍し続けている。堀古が肌身に感じた、アメリカ人の金融感覚とは。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座