2018年12月22日 更新

来年一年パワーアップして過ごせる手帳術

皆さんは来年の手帳を購入されましたか?私は毎年手帳にまずは来年の目標や在り方を書き記していたのです。しかし、あることから新しい手帳を買ったらやってみようと思うことができました。

真面目な手帳スタイル

私の手帳には日々の気づきや目標。仕事のスケジュール。TO DOリスト。自分への励ましなど。とっても真面目に生きている私であります。そこに遊びのことはほとんど書いてないのです。

先日、来年のイベントの計画を立てていると、すでに予定が入っているので参加は難しい。と返事をもらってそんな先の予定があるなんてと驚いたのです。

私にはあんまり予定を立てる習慣がなくて。いつも先の予定を組まず思いつきで旅にも出ているし、会社の有給休暇も適当にとってなんとなく過ごしていることがほとんどです。なので手帳にあらかじめ休日を、そして遊びを書く必要がないのです。

手帳には「遊び」を書く

イベントの打ち合わせで、手帳を開けて予定を眺める女性が、すでに来年の夏までの遊びや旅行の予定を書いていたのです。その手帳を見ながらとても嬉しそうにプランを語ってくれました。

「仕事はほんとに嫌だけれど、こうして遊びの予定や、大きな旅行の予定を入れると、頑張って働かなきゃと思うのよね」というのです。

自分の興味あること、遊びの予定が仕事の活力となっているのですね。目の前で様子を見ているとなんだか羨ましくなりました。

遊びは生産性を上げる

仕事とは生きていくために、給料は仕事の我慢への対価。そう考えるとほんとに仕事はつまらないけれど。自分の興味のあること、遊びの資金を稼ぐためにと思えば、効率よく業務をこなし仕事への向き合い方が変わるし生産性も上がるでしょう。

その分、好きなこと、遊ぶことに時間を使う。人生はつまらないと感じている人の原因の多くは「仕事」だと言われています。

私も「仕事」と「家」との往復だけの人生を想像すると、とてつもなく「つまらない」と断言します。

自分の興味のあることにハマって好きになり、それに遊びをプラスすると、どんどん世界が広がって面白くなってきました。

自分を喜ばせる手帳にしよう

手帳に一番先に書くべきことは「休日」と「遊び」「旅」「イベント」楽しくてワクワクするようなことを書いてみようと思いました。

やりたいことを先にやる!決める!これだけでパワーアップします。

「自分で自分を喜ばせる」眺めていても楽しい手帳にしたい。さて来年は今年よりも休みを取って、遊ぼう!

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

【前回の記事はこちら】
大切にしているお肌のお手入れと習慣
色んな表現の「ありがとう」を習慣にしています
来年のあなたはどう在りたいですか?達成しやすい4つのポイント

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部