2018年12月22日 更新

来年一年パワーアップして過ごせる手帳術

皆さんは来年の手帳を購入されましたか?私は毎年手帳にまずは来年の目標や在り方を書き記していたのです。しかし、あることから新しい手帳を買ったらやってみようと思うことができました。

真面目な手帳スタイル

私の手帳には日々の気づきや目標。仕事のスケジュール。TO DOリスト。自分への励ましなど。とっても真面目に生きている私であります。そこに遊びのことはほとんど書いてないのです。

先日、来年のイベントの計画を立てていると、すでに予定が入っているので参加は難しい。と返事をもらってそんな先の予定があるなんてと驚いたのです。

私にはあんまり予定を立てる習慣がなくて。いつも先の予定を組まず思いつきで旅にも出ているし、会社の有給休暇も適当にとってなんとなく過ごしていることがほとんどです。なので手帳にあらかじめ休日を、そして遊びを書く必要がないのです。

手帳には「遊び」を書く

イベントの打ち合わせで、手帳を開けて予定を眺める女性が、すでに来年の夏までの遊びや旅行の予定を書いていたのです。その手帳を見ながらとても嬉しそうにプランを語ってくれました。

「仕事はほんとに嫌だけれど、こうして遊びの予定や、大きな旅行の予定を入れると、頑張って働かなきゃと思うのよね」というのです。

自分の興味あること、遊びの予定が仕事の活力となっているのですね。目の前で様子を見ているとなんだか羨ましくなりました。

遊びは生産性を上げる

仕事とは生きていくために、給料は仕事の我慢への対価。そう考えるとほんとに仕事はつまらないけれど。自分の興味のあること、遊びの資金を稼ぐためにと思えば、効率よく業務をこなし仕事への向き合い方が変わるし生産性も上がるでしょう。

その分、好きなこと、遊ぶことに時間を使う。人生はつまらないと感じている人の原因の多くは「仕事」だと言われています。

私も「仕事」と「家」との往復だけの人生を想像すると、とてつもなく「つまらない」と断言します。

自分の興味のあることにハマって好きになり、それに遊びをプラスすると、どんどん世界が広がって面白くなってきました。

自分を喜ばせる手帳にしよう

手帳に一番先に書くべきことは「休日」と「遊び」「旅」「イベント」楽しくてワクワクするようなことを書いてみようと思いました。

やりたいことを先にやる!決める!これだけでパワーアップします。

「自分で自分を喜ばせる」眺めていても楽しい手帳にしたい。さて来年は今年よりも休みを取って、遊ぼう!

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

【前回の記事はこちら】
大切にしているお肌のお手入れと習慣
色んな表現の「ありがとう」を習慣にしています
来年のあなたはどう在りたいですか?達成しやすい4つのポイント

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部