2019年1月24日 更新

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。

gettyimages (29334)

2019.1.24

ダウの犬戦略

gettyimages (29348)

年末年始の投資手法として有名なものに「Dogs of the Dow」ダウの犬戦略といわれる投資戦略があります。
最近では有名になったこの戦略は、
1)米国の株価指数であるダウ工業平均の30銘柄の中から
2)配当利回りが最も高い順に10銘柄を選び12月31日に購入
3)購入したこの10銘柄は1年後の12月31日まで保有
なお、期間中の配当は、配当を出した銘柄へ再投資を行う
このローテーションを毎年繰り返す投資手法のことです。
さて、この投資手法で投資を行った場合、過去19年のダウ工業平均に対する勝敗は、
12勝7敗でした。
平均のトータルリターンはほぼ+10%とそれなりの成果を得ています。
その成果が出ている背景には、
1)配当利回りが高い銘柄は一般的に株価が安く放置されていて、配当利回りが低い銘柄よりも株価が上昇する可能性が高い
2)ダウ銘柄は優良企業で構成されているため、パフォーマンスの悪い翌年には取り戻し良好なパフォーマンスになる
という見方がこの戦略の基本になっていますが、この戦略が今年も成果を上げるでしょうか。

というのが19年間で7敗した年に2007、2008,2009年の3連連続が含まれています。この期間はご存知の通りリーマンショックの前後年です。政策金利が下がり、株価が大きく上下動した記録的な3年間でした。昨年末からのFRBの政策が定まらない状況、株価の上下動幅が大きくなっている状況を踏まえると、ダウ戦略がうまく当てはまるとは限りません。
ぜひ、慎重に判断して自分のFACTを探してみてください。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
お金持ちの考え方は普通の人と何が違う?判断・行動に投資家目線

お金持ちの考え方は普通の人と何が違う?判断・行動に投資家目線

お金持ちの考え方(マインド)は、実はとてもシンプルです。結論から言えば、あらゆることを「投資目線」で検討・判断して即実行に移す、これに尽きます。お金持ちほど、投下したお金・時間(コスト)を上回るリターン(メリット)が期待できることならばGO、という考え方なのですね。
お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちほど子供の教育には力を注ぎ、投資だと看做す傾向が顕著です。また、高学歴の子供の親はお金持ちが多い、というのも昨今の市井では広く言われることですね。これはどうしてでしょうか。お金持ちの子供教育のベースにある価値観・考え方を知っておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊