2019年9月27日 更新

仕事ができない人になっている、できる人が陥りやすい5つの失敗

本来は仕事ができる人だったのに、いつしか仕事ができない人へ。自分ではあまりよくわかっていないものの、まわりからそう思われていたら悲しいですよね。本来持っている能力を発揮し、仕事が円滑に進められるよう、気をつけておきたいポイントについて解説します。

gettyimages (47848)

2019.9.27

自ら「仕事ができる人」だと認識し、日々アグレッシブに活動しているビジネスパーソン。実はまわりからは「仕事ができない人」なんて思われている可能性も。今回は、仕事ができる人が「できない人」になってしまっている5つのケースについて考えていきます。

自分のやり方・考え方に固執してしまう

gettyimages (47857)


自分の能力に自信があるからこそ、自分のやり方や考え方に固執してしまう。ごくごく自然なことかもしれませんが、企業では多くのスタッフとともに仕事をこなしています。確かにあなたの提案した考えがベストだというケースもあるでしょうが、数多くの選択肢の中のひとつに過ぎないことも。

自らの意見に固執しすぎて周りが見えなくなってしまうと、柔軟性がなく周囲とのコミュニケーションが取りにくい人と認識されてしまいます。自分の意見を押し通そうとしてチーム全体がぎくしゃくすれば、仕事の効率性にも支障をきたしてしまうでしょう。
本来はできる人だったはずなのに、いつしか扱いにくい「できない人」のレッテルを貼られてしまうかもしれません。

なんでも自分でやらないと気が済まない

gettyimages (47858)


仕事ができる人は、自分の仕事に自信があるとともに、強い責任感を持っている人が多いでしょう。他人任せにせず、最後まで仕事をやり遂げる。非常に素晴らしい考え方だと思いますよね。

しかし、ときには柔軟にものごとを考えることも必要です。他の仕事で納期が短縮され、どうしても手が回らなくなってしまった……。そんな状況なら、周りに助けを求め、サポートに入ってもらうことが企業・チームにとって有効な手段だといえるでしょう。

しかし、すべて自分でやらないと気が済まない人は、最後までやり遂げたい思いが強すぎて、自分の仕事を他人に任せることができません。結果として納期遅れを発生させたり、単純なミスを犯したりして、周囲に迷惑をかけてしまうことに。

そうなると、いくら仕事ができても、仕事がうまく回らない人、できない人と思われてしまいます。

ミスを認めず「自省心」に欠ける

gettyimages (47859)


仕事ができる人のなかには、プライドが非常に高い人がいます。自らの行動や仕事に対して厳しく、いつも完ぺきを追い求め続けています。とても素晴らしいことですが、ちょっとしたミスがあっても、なかなか自分の行動に対して過ちを認めない傾向が見られることも。

ときにはミスが発覚しても、「私の後に○○さんが作業していた」「私は十分にチェックしたので間違いない」など、他人のせいにする、反省しない、認めないといった行動をとる人もいます。
自らの行動を振り返り、反省する自省の心にかけてしまっていると、周りのスタッフからはあまり一緒に仕事をしたくないと思われてしまうかもしれません。結果、仕事ができない人の仲間入りを果たしてしまうことに。

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音