2018年11月8日 更新

資格で働き方の可能性を広げよう!好きなことだけしてとる資格4選

忙しい毎日を送っていると、仕事に直接関係のない資格を学ぶ機会は少ないかもしれません。しかし、趣味や好きなことで取得できる資格の中には、ビジネスシーンでも活き、新しい働き方を見つけるヒントがあることも。自分の可能性が広がる資格を4つピックアップしました。

gettyimages (24706)

2018.11.8

1.体の内側からキレイに!「ヘルシー&ビューディーフードアドバイザー」

gettyimages (24708)

「ヘルシー&ビューディーフードアドバイザー」とは、日常的な食事管理から専門的なアドバイザーになれる知識を身につ着けられる資格です。
目的に応じて知識を深められ、3級は、健康的な食生活やさびない体づくりといった、自分の健康状態を管理ができ、2級は、他者に対して食を通じたアドバイスやプロとして起業することもできます。
やりたい職業に就き、充実した日々を過ごしていても、体力でカバーできる時期はあまり長くはありません。気づいた時には食生活が乱れ、疲れが取れにくくなっていることも。「ビューディーフードアドバイザー」は、そんな人におすすめの資格です。
日常的に健康な食生活を送っていれば、体の不調にもいち早く気づくことができますし、肌の調子も整うため、ハツラツとした表情で良い印象を与えることができるでしょう。体の内側からメンテナンスし、みなぎるパワーを糧に生き生きと仕事に打ち込んでみませんか?

2.心の乱れも整理整頓。無駄をなくして効率アップ「整理収納アドバイザー」

gettyimages (24715)

「整理収納アドバイザー」とは、収納のノウハウ習得することができる資格です。ハウスキーピング協会主催の資格で、全国各地で受講することができるのもメリットでしょう。この資格は2級を取得すると、自宅を片づけ私生活にゆとりを生み出す方法を学べます。1級では収納のプロとして、他人へ専門的アドバイスができるため仕事として生かすことができます。
また、「整理収納アドバイザー」の資格を取ることでのメリットが3つあります。
1つめは時間的メリット。モノを探すための時間を短縮し、より作業時間を有効に使えるメリットです。
2つめは、経済的メリットです。モノが整理され在庫の状況把握がしっかりできていれば、無駄買いや二度買いを抑え、節約につながります。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。
一人旅で自分を高める|注目のSolo Travelが自己投資になる理由

一人旅で自分を高める|注目のSolo Travelが自己投資になる理由

様々な方法で自己投資をする人が増えてます。セミナーに通ったり、ジムに通ったり、留学したり。モノや数字のように投資価値が目に見えるものではないけれど、自分の人生をより豊かにするために何かをしてみたい。自分を高める旅に投資してみるというのはいかがでしょうか。
整理収納コンサルタントが教える”自宅仕事がはかどる整理術”

整理収納コンサルタントが教える”自宅仕事がはかどる整理術”

学生時代、勉強をしようと机に向かってまず始めたのは、机周りの片づけだった経験があります。 きちんと整った中でないと、集中して何かに取り組むことが難しいものです。今回は、効率よく自宅仕事ができる場所づくりのヒントを整理収納コンサルタントがご紹介します。
水の都大阪!世界遺産「百舌鳥 古墳群」や周辺の観光&グルメを紹介

水の都大阪!世界遺産「百舌鳥 古墳群」や周辺の観光&グルメを紹介

今年7月世界遺産に登録された大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」。知っているようであまり知られていないこの日本で23番目の世界遺産を訪ね、水の都大阪の観光を満喫してみるのはどうでしょう。当記事では古墳群見学の方法や大阪のおすすめ観光スポット&グルメをご紹介します。
脳疲労の3大サインとは?疲れの原因とアプローチ方法をご紹介

脳疲労の3大サインとは?疲れの原因とアプローチ方法をご紹介

何をしてもなかなか疲れが取れないという人は多いのではないでしょうか。お風呂に入っても、マッサージに行っても疲れが取れない。現代人が抱える慢性的な悩みとはいえ、どうにかしたいものです。 梶本修身著『疲労回復の名医が教える誰でも簡単に疲れをスッキリとる方法』 より、疲れの原因とアプローチの方法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部