2018年11月8日 更新

資格で働き方の可能性を広げよう!好きなことだけしてとる資格4選

忙しい毎日を送っていると、仕事に直接関係のない資格を学ぶ機会は少ないかもしれません。しかし、趣味や好きなことで取得できる資格の中には、ビジネスシーンでも活き、新しい働き方を見つけるヒントがあることも。自分の可能性が広がる資格を4つピックアップしました。

gettyimages (24706)

2018.11.8

1.体の内側からキレイに!「ヘルシー&ビューディーフードアドバイザー」

gettyimages (24708)

「ヘルシー&ビューディーフードアドバイザー」とは、日常的な食事管理から専門的なアドバイザーになれる知識を身につ着けられる資格です。
目的に応じて知識を深められ、3級は、健康的な食生活やさびない体づくりといった、自分の健康状態を管理ができ、2級は、他者に対して食を通じたアドバイスやプロとして起業することもできます。
やりたい職業に就き、充実した日々を過ごしていても、体力でカバーできる時期はあまり長くはありません。気づいた時には食生活が乱れ、疲れが取れにくくなっていることも。「ビューディーフードアドバイザー」は、そんな人におすすめの資格です。
日常的に健康な食生活を送っていれば、体の不調にもいち早く気づくことができますし、肌の調子も整うため、ハツラツとした表情で良い印象を与えることができるでしょう。体の内側からメンテナンスし、みなぎるパワーを糧に生き生きと仕事に打ち込んでみませんか?

2.心の乱れも整理整頓。無駄をなくして効率アップ「整理収納アドバイザー」

gettyimages (24715)

「整理収納アドバイザー」とは、収納のノウハウ習得することができる資格です。ハウスキーピング協会主催の資格で、全国各地で受講することができるのもメリットでしょう。この資格は2級を取得すると、自宅を片づけ私生活にゆとりを生み出す方法を学べます。1級では収納のプロとして、他人へ専門的アドバイスができるため仕事として生かすことができます。
また、「整理収納アドバイザー」の資格を取ることでのメリットが3つあります。
1つめは時間的メリット。モノを探すための時間を短縮し、より作業時間を有効に使えるメリットです。
2つめは、経済的メリットです。モノが整理され在庫の状況把握がしっかりできていれば、無駄買いや二度買いを抑え、節約につながります。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部