2019年4月10日 更新

〈村上佳菜子〉偉大な友と、練習生活を支えてくれた家族に感謝。そして新たな挑戦へ

「お金とは、自分を高める材料。(村上佳菜子)」

2019.4.10

引退した今思う「仲間」と「家族」の大切さ

STAGE編集部:自身のキャリアを振り返って、成功できた秘訣は?
村上:私にとっては「浅田真央」という存在がいたからだと思います。小さい頃から真央ちゃんの背中を見て育ってきましたが、本当に不思議なくらい淡々と練習をするんですよ。他の選手や私は、ちょっとサボろうとしてしまうのですがそういうのが一切ないんです。だから「ダメダメ、真央ちゃんが頑張っているから私も頑張らなきゃ!」と思えていたので、フィギュアスケーターとしての私がいるのはそのおかげだと思います。
あとは、真央ちゃんが海外で練習するようになってからは、ずっと昌磨(宇野昌磨選手)と一緒に練習していました。2人でプログラムのジャンプを頭から順に挑戦して、失敗したらまた振り出し。どっちが早く終わるか競争したり。そんな練習をよく一緒にしていました。
一時期はケンカして全くしゃべらない時期もあったのですが、それを経て今は「頑張ったね」とか、「あれは悔しかった」とか昌磨の試合のことも話してくれたり、スケートに関係のないプライベートの話もしたりしますね。
STAGE編集部:経済面を含め、ご両親のサポートについてはどう思いますか?
村上:私がスケートを始めた頃から、母は付きっきりで練習を見てくれていたのですが、プロになりなさいとは一切言われなかったし、お金の心配もしないように管理してくれていました。なので引退してアイスショーに出るようになって初めて衣装代を知って「嫌だ、こんなにかかっていたの?」と思って、今は抑えられるところは抑えるようにもしています。市販の衣装を買って、移動中にストーンを付けたりしているときもあります。
レッスン代は未だに分からないですね。もし自分だったらと思うと、とてもじゃないけどできないようなサポートをしてもらったと思うので、その心は受け継いでいきたいです。
そして父は、いつも見守ってくれる存在です。私はどちらかというとパパっ子で、練習の送り迎えの車の中の、別に何をしゃべるわけではない2人だけのリラックスした時間と空間が大好きでした。それに、スケートをしていると家族の時間がなかなかとれなくなってしまうこともあるんです。ご飯を食べる時間も違うし、夜まで練習もあるので。
私の場合は1月1日以外毎日滑っていたので家族全員で旅行に行った記憶もありません。それも許してくれた父には感謝しています。
STAGE編集部:そんな家族が揃った、最後の試合。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
お金持ちになりたいならインド人の超ポジティブマインドを学べ!《野瀬大樹インタビュー》

お金持ちになりたいならインド人の超ポジティブマインドを学べ!《野瀬大樹インタビュー》

経済成長の目覚ましいインドで誰よりも早く会社を構え、日本という枠に捕らわれずにビジネスチャンスを掴んできた会計士・野瀬大樹さん。お金の学校「ファイナンシャルアカデミー」で複数のスクールを受け持つ講師でもあります。
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

リバースプロジェクトは、俳優の伊勢谷友介氏が代表を務める株式会社です。アーティストを中心に、2009年に設立されました。テーマは「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という壮大なもの。同社の共同代表である龜石太夏匡氏にインタビューをしました。
〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部