2019年4月10日 更新

〈村上佳菜子〉偉大な友と、練習生活を支えてくれた家族に感謝。そして新たな挑戦へ

「お金とは、自分を高める材料。(村上佳菜子)」

2019.4.10

引退した今思う「仲間」と「家族」の大切さ

STAGE編集部:自身のキャリアを振り返って、成功できた秘訣は?
村上:私にとっては「浅田真央」という存在がいたからだと思います。小さい頃から真央ちゃんの背中を見て育ってきましたが、本当に不思議なくらい淡々と練習をするんですよ。他の選手や私は、ちょっとサボろうとしてしまうのですがそういうのが一切ないんです。だから「ダメダメ、真央ちゃんが頑張っているから私も頑張らなきゃ!」と思えていたので、フィギュアスケーターとしての私がいるのはそのおかげだと思います。
あとは、真央ちゃんが海外で練習するようになってからは、ずっと昌磨(宇野昌磨選手)と一緒に練習していました。2人でプログラムのジャンプを頭から順に挑戦して、失敗したらまた振り出し。どっちが早く終わるか競争したり。そんな練習をよく一緒にしていました。
一時期はケンカして全くしゃべらない時期もあったのですが、それを経て今は「頑張ったね」とか、「あれは悔しかった」とか昌磨の試合のことも話してくれたり、スケートに関係のないプライベートの話もしたりしますね。
STAGE編集部:経済面を含め、ご両親のサポートについてはどう思いますか?
村上:私がスケートを始めた頃から、母は付きっきりで練習を見てくれていたのですが、プロになりなさいとは一切言われなかったし、お金の心配もしないように管理してくれていました。なので引退してアイスショーに出るようになって初めて衣装代を知って「嫌だ、こんなにかかっていたの?」と思って、今は抑えられるところは抑えるようにもしています。市販の衣装を買って、移動中にストーンを付けたりしているときもあります。
レッスン代は未だに分からないですね。もし自分だったらと思うと、とてもじゃないけどできないようなサポートをしてもらったと思うので、その心は受け継いでいきたいです。
そして父は、いつも見守ってくれる存在です。私はどちらかというとパパっ子で、練習の送り迎えの車の中の、別に何をしゃべるわけではない2人だけのリラックスした時間と空間が大好きでした。それに、スケートをしていると家族の時間がなかなかとれなくなってしまうこともあるんです。ご飯を食べる時間も違うし、夜まで練習もあるので。
私の場合は1月1日以外毎日滑っていたので家族全員で旅行に行った記憶もありません。それも許してくれた父には感謝しています。
STAGE編集部:そんな家族が揃った、最後の試合。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

2010年「世界ジュニア選手権」に優勝して頭角を現すと、「ソチオリンピック」シーズンには序盤の不調を覆す大逆転劇を演じて代表切符を獲得。輝かしい成績を残して2017年にフィギュアスケート競技生活からの引退を表明しました。現在はプロとしてアイスショーに出演しながら、その笑顔をバラエティ番組で見る機会も日に日に増えている村上佳菜子さんの人生の軌跡とは?支えてくれた家族との絆、そして同じリンクで育った浅田真央さん、宇野昌磨選手とのエピソードも明かしてくれました。
日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時代に立ち上げた「イスラエル女子部」が大当たりし、三木さん自身もインフルエンサーとして、脚光を浴びました。その三木さんが、次にジョインしたのはプログラミング教育ベンチャーのLife is Tech !。アメリカ法人を立ち上げる準備の真っ最中にお話を伺いました。
インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

原宿1番の人気美容師が、ついに独立。サロン激戦区の原宿で、経営者として成功するために必要だったのは、「髪を切る」だけの才能だけではなかった。 今、若者に「兄貴」と慕われる存在となった、カリスマサロンOCEANTOKYO代表の高木琢也さんに迫るインタビュー第2回。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部