2018年2月9日 更新

「そこからは、いろんなことが一気に落ち込んだ」第15章[第31話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

thinkstock (8913)

2018.2.9
 売り上げは上がらず、葉山との信頼関係も壊れ、新しいマネージャーとして雇っていた男の人件費もついにまかなえず、彼には会社都合で退職してもらいました。彼は葉山の口利きで入社していたので、葉山は、この時決断したんでしょう。リストラをした次の日、葉山は僕の元にやってきました。
「社長、残念ですが、私も辞めさせていただきます。これ以上、あなたと一緒にやっていける自信がありません」
「なぜだ?ここまで一緒にやってきたじゃないか!今が一 番苦しい時なんだ。今、 君に辞められたら、米角には何も残らなくなってしまう」
「なぜですか?新マネージャーを切ったように人件費がカットできたと考えればいいじゃないですか」
「違う! 君の存在は、金じゃない。ここまで来れたのは、君のおかげだ。君がクリームおにぎりのような斬新なものを作ったからお店は急拡大することができたんだ」
「でも、今は、前のような人気商品ではなくなりました。私の実力不足です」
「また作ればいいじゃないか。君ならまたヒット商品を作れる。それを君に期待したいんだ」
「いえ、新マネージャーはわずか半年で首になりました。彼を連れてきたのは私です。彼に対する私の責任もあります。また、よそで出直すことにします。これまで作ってきたおにぎり用のレシピは、すべて置いていきます。それを元に頑張ってください」
「……頼む、この通りだ」
 僕は土下座までして 、葉山を引き止めようとしましたが、 もう葉山の決定が覆ることはありませんでした。
 そこからは、いろんなことが一気に落ち込みました。
 葉山のような人生をかけてきてくれた料理人でさえサポートし続けられなかった僕は、自分の力の限界を知りました。今まで、多くの人に支えられ、数々の幸運に恵まれていたということを思い知りました。あの大谷ですら、僕にとって得難いパートナーだった。削れるコストはどんどんカットしてお店が存続できるようにあらゆる手段を尽くしました。
 しかし、新メニューの開発もうまくいかず、葉山が残してくれたクリームおにぎりに頼らざる得ない状況が続きました。
 そして、さらに六カ月後、全店舗でクリームおにぎりの廃棄個数が、売上個数を上回ったとき、僕は自分の負けをはっきりと悟りました。新店舗二店舗の閉鎖を決意したのです。
thinkstock (8931)

 僕には、友人からの借り入れ分も含めて、三〇〇〇万円の借金が残ることになりました。旧店舗の二店舗は、そのまま営業を続けていければよかったのですが、コンビニでのコラボの影響か、クリームおにぎりの人気の落ち込みか、単に値段が高いおにぎり屋というイメージになってしまって、以前ほどの売り上げが伸びないようになり、ほぼ、利益が出なくなってしまいました。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「そうすることが、妻と娘のためになるとその時は思えた」第16章[第32話]

「そうすることが、妻と娘のためになるとその時は思えた」第16章[第32話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「厳しいようだが、約束は約束だ」第15章[第30話]

「厳しいようだが、約束は約束だ」第15章[第30話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「一過性のブームの商品にここまでお金を投入すること自体、ナンセンスだったのか」第15章[第29話]

「一過性のブームの商品にここまでお金を投入すること自体、ナンセンスだったのか」第15章[第29話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「一度歯車が狂い出すと、そこからは本当にあっという間でした」第14章[第28話]

「一度歯車が狂い出すと、そこからは本当にあっという間でした」第14章[第28話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座