2018年11月3日 更新

DINKS妻が物を所有しない「サブスク」で快適生活を手に入れた話

共働きで意識的に子どもを持たない夫婦のことをDouble Income No Kidsの頭文字などをとってDINKS(ディンクス)といいます。物を所有しないことですっきり暮らせる、忙しい人にこそ知ってほしいサブスクリプションサービスをご紹介します。

gettyimages (24304)

2018.10.31

今話題の「サブスク」って何?

サブスクとは「サブスクリプション(subscription)」の略で、サービスや商品にではなく、利用期間に対して利用者が対価を支払うビジネスモデルのことです。いわゆる「定額制」や「月額●円で使い放題」などがそれに当たります。元々はソフトウェアの利用形態から始まったと言われており、現在では音楽の聴き放題サービスをはじめ、本やファッション、飲食にいたるまで、幅広くサブスクサービスが展開されています。

快適さはお金で買える

私自身はDINKSというライフスタイルを選択し、共働きで仕事をしながら家事もこなす毎日です。そこで、「快適さはお金で買う」をモットーに、家事代行などの新しいサービスを積極的に活用することにしています。
そんな私が最近出会ったのがサブスクサービスです。もともとホテルのようにすっきり片付いた生活が好みのため、このサービスは価値観にとてもマッチしていました。物を持たずにすっきりスマートに暮らす、そんな日々が叶う3つのサブスクサービスをご紹介いたします。

①買うより借りる派!ファッション系サブスクサービス

gettyimages (24281)

「ファッションレンタル」という言葉を聞いたことがありますか?今はファッションもサブスクで楽しめる時代になりました。月定額で洋服やブランドバッグなどをレンタルできるサービスは女性の間で人気が高く、私自身も複数利用していています。各社から様々なサービスが展開されていて、利用料は月5,000円〜10,000円前後、利用後は洗濯しないでそのまま返却するパターンが多いようです。
ファッションレンタルを実際に利用して感じるメリットは多々あります。おしゃれが好きな方であれば、毎日違う服を着られるのは大きな魅力でしょうし、快適に、つまり面倒なことをなるべく避けて暮らしたい私にとっては、収納場所の確保と洗濯をしなくてよいという点が利用してみてわかった最大のメリットでした。
服や小物が増えない、でも色々な服を着ることができる、しかも洗濯・収納の手間も省ける。ファッションレンタルは、おしゃれに暮らしたいけど面倒なことはしたくない、そんなわがままを叶えてくれるサブスクサービスです。

②忙しいあなたに!あとは作るだけの食材・レシピのサブスクサービス

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フクチメグミ フクチメグミ