2018年11月12日 更新

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?

2018.11.6

芸人としてのスタート。それは地元、佐賀を捨てることから始まった。

STAGE編集部:はなわさんの芸人人生。そのスタートとは?
はなわ:小学校4年ぐらいの頃から「芸能界に行くべき存在なんだろう」という根拠のない自信がありまして…当時から、ものまねとか自分で作った歌をアカペラで披露するようなことをしていました。「ファミコン買っての歌」とか「ブリーフパンツの歌」とか、でもそれは小学校でよくあるレベルのものでした。
決定的なきっかけになったのは、高校時代、朝、学校に行っているときです。みんなで汗だくになりながら、遅刻しないために自転車を必死で漕いでいたんですけど…ふと、同じように漕いでいる自分に対して「何やってるんだ?俺」と思い始めたんです。そう思った瞬間に自転車を逆方向に向けて…そのまま近所の土手に座って尾崎豊を聞くと言う(笑)。
子供の頃から教科書やルールに沿った人生は違うんじゃないかと思っていました。佐賀は田舎で上京と言うと福岡や東京はニューヨークに行くぐらいの感覚でしたが、若いし一回挑戦してみようと思って、散々迷惑かけた親にも黙って芸人になりましたね。


STAGE編集部:18歳で上京。やはり「下積み時代」は辛かったですか?
はなわ:「佐賀県」の歌が26歳の時なので下積みは8年ぐらい。今考えると早いんですけど当時は大変でしたね。途中で結婚もありましたし、子供もできたので、やっぱりバイトも色々やりました。コンビニ、引っ越し、皿洗い、ティッシュ配りなど。最終的にはショーパブに落ち着きました。
STAGE編集部:いつ売れるか分からない中、妻の智子さんは?
はなわ:長男が生まれて、本気で芸人を辞めようかなと思ったときもありました。でも嫁は「辞めるな」って言うんですよ。「売れるから」って!凄いですよね、うちの嫁は?テレビとかお笑いのことがよく分かってないし、俺のネタも大して見たこともなかったのに。

『佐賀県』大ヒットの裏で…ある大物ミュージシャンに大感謝!

STAGE編集部:芸人人生のターニングポイントは?
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。 パフォーマー? 心理学者? 驚くことにその名を世に知らしめる契機となった「メンタリスト」という肩書さえ、 もはやフィットするものではないそうです。一 体彼は何者なのか。そして、彼にとって「お金」とは何なのか。 瞠目するほど歯切れのよい話しぶりに、決して揺らぐことがない生き方が浮かび上がりました。
〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

2010年「世界ジュニア選手権」に優勝して頭角を現すと、「ソチオリンピック」シーズンには序盤の不調を覆す大逆転劇を演じて代表切符を獲得。輝かしい成績を残して2017年にフィギュアスケート競技生活からの引退を表明しました。現在はプロとしてアイスショーに出演しながら、その笑顔をバラエティ番組で見る機会も日に日に増えている村上佳菜子さんの人生の軌跡とは?支えてくれた家族との絆、そして同じリンクで育った浅田真央さん、宇野昌磨選手とのエピソードも明かしてくれました。
日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時代に立ち上げた「イスラエル女子部」が大当たりし、三木さん自身もインフルエンサーとして、脚光を浴びました。その三木さんが、次にジョインしたのはプログラミング教育ベンチャーのLife is Tech !。アメリカ法人を立ち上げる準備の真っ最中にお話を伺いました。
インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部