2019年2月26日 更新

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?

2018.11.13

追い詰まった深夜、梱包用プチプチとの出会いがヒット商品に

STAGE編集部:「∞(むげん)プチプチ」が生まれたきっかけを教えてください
僕は「バンダイ」という玩具メーカーのボードゲーム担当で、ゲームのルールメイキングを勉強したり、企画を考えたりしていたんです。でも、当時はニンテンドーDS全盛期。ボードゲームは売れないから、流通でも社内の営業でももういらないみたいな状況でした。
上司は年間ボードゲームの売上目標のために企画を出せと言うんですけれど、営業がもう売りたくないって言ってて、その間に挟まれて、どうしろちゅうねんみたいな。
企画がさっぱり通らない状態が続いて、温厚な私も軽くプッツンしてしまって(笑)。
当時、ガラケーのストラップ売り場が拡大していたので、「じゃぁ、もう、携帯ストラップ出してやるよ!」と。で、ネタ探しのために企画会議の前日の深夜に社内をうろついていたら、玩具梱包用のプチプチの大きいロールを見つけました。
夜中に見たからか、プチプチの粒がボタンに見えてきて。これボタンで作れるんじゃないかとバーーッて書いて出したのが「プチプチストラップ」という企画だったんですよ。ゲームの企画会議でしたから、出席者みんなが、絶句、ノーコメントみたいな結果でした。
STAGE編集部:最初から企画が通ってたわけではなかった。
でも僕は、このネタが気に入ってきてしまって、企画をこっそり進めていたんです。
ある日、部長に商品化を申請する会議というチャンスがあったんです。その前に課長に許可をもらおうと、プチプチの企画の商品化を申請のプレゼンをしたいと言ったら、意味が分からなすぎるからダメだとなったんです。その課長は結構怖い上司だったので、今までの僕だったら引き下がっていたんですけど、なぜかこの企画を誰にも見せずに終わらせるわけにはいかないと思って食い下がったんです。その会議にはいろんな関係者が出席するので、そこでこの企画を問いたいという気持ちを引っ込められなかった。
それで、どうしてもプレゼンをしたいと課長にお願いすると、課長はしばらく黙って考えた末、ある一つのアイデアをくれたんです。実はこのアイデアが、プチプチ企画の成功を決定づけた。
STAGE編集部:どんなアイデアが出たんですか?
課長は、「このプチプチ企画は、プチプチして感触と音を楽しむストラップなんだけれど、100回に1回「プチ」じゃない音を出そう」と言ったんです。例えば犬の鳴き声とかおならの音とか、セクシーボイスみたいな変な音を入れて、内蔵スピーカーから100回に1回違う音がでる機能にしようと。そうすると、どうなるか気になって、変な音がでるまでずっとプチプチして100回押す必然性が出ますよね。100回目で変な音がでたら、次の音も気になって101回目を押してしまいたくなる。結果ずっと押し続けるという仕掛けになっているんです。
もし音が1種類だけだったら、みんな3、4回しか押さずに飽きていたかもしれない。100回に1回別の音を入れようというのはすごいアドバイスで、課長はものすごくセンスのある人だったなと思います。僕はこのプチプチ企画の成功を計算できていたというより、ただ感覚で面白いと思っただけだったと思います。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
お金持ちになりたいならインド人の超ポジティブマインドを学べ!《野瀬大樹インタビュー》

お金持ちになりたいならインド人の超ポジティブマインドを学べ!《野瀬大樹インタビュー》

経済成長の目覚ましいインドで誰よりも早く会社を構え、日本という枠に捕らわれずにビジネスチャンスを掴んできた会計士・野瀬大樹さん。お金の学校「ファイナンシャルアカデミー」で複数のスクールを受け持つ講師でもあります。
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

リバースプロジェクトは、俳優の伊勢谷友介氏が代表を務める株式会社です。アーティストを中心に、2009年に設立されました。テーマは「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という壮大なもの。同社の共同代表である龜石太夏匡氏にインタビューをしました。
〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部