2019年2月1日 更新

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

2019年がいよいよスタートしました。2018年の投資環境がたいへん厳しかったことから捲土重来を期している人も多いのではないかと思います。にもかかわらず年初から波乱含みです。荒れる相場を乗り切るための心構えをお伝えします。

gettyimages (28542)

このような時こそ、米国のウォーレン・バフェット氏が繰り返し言っている「自分の力で考えなかったら投資で成功はしない」という言葉を思い出してみました。2018年年末予想の多くは、ドル高円安、ダウ工業平均も日経平均は前年比プラスでした。しかし、結果としてそのほとんどは大きく外しています。やはり市場予想は人に頼るのではなく、自分で覚悟を持って判断することが大切です。
さらに、ほとんどのコメンテーターは投資家ではなくバイアスのかかった人たちであることを忘れてはいけません。投資家としての当事者意識をほとんど持ち合わせていない、コメントや推奨をすることにより利益を得る立場の人々です。
難しそうに言われている2019年の相場を乗り切るには、本当に意味のあるコメントを見極めつつ、一次情報を判断材料にし「自分の力で考える」ことが不可欠です。この意識を高めることで2019年が投資家として最高の経験を積めるまたとない1年になるかもしれません。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
成功する投資家の荒れ相場での心得とは

成功する投資家の荒れ相場での心得とは

足元は戻り歩調となっている株式市場ですが、米中貿易問題、英国のブレグジット問題、それにじわじわと広がる欧州経済への警戒など不安材料に事欠きません。このような不安材料を抱えた荒れた相場に立ち向かうための心得とは。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
賢者の投資方法とは

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊