2019年8月29日 更新

成功者が纏う雰囲気・オーラの正体とは何か?共通する特徴

成功者が纏う独特の雰囲気に圧倒され、また良い意味で刺激を受けた方は少なくないでしょう。かく言う私もその一人で、20代の頃は「自分も歳をとったら、ああいう雰囲気の人間になりたいな!」としばしば感じたものです。成功者が共通して纏う雰囲気の正体を考えます。

gettyimages (45859)

2019.8.29

成功者の雰囲気はビジネス形態で違ってくる?

gettyimages (45865)

生家は平凡なサラリーマン家庭でしたが、私は高校・大学時代以降、総合商社でのIT戦略担当を経てIT系企業・ベンチャー企業の経営補佐に至るまで、社会的に成功者と目される方々の比較的近くで過ごせる機会が多かったと感じています。環境的・立場的にたまたま恵まれたに過ぎない訳ですが、大手企業・ベンチャー企業の経営者、老舗の自営業者、独立開業した医師・弁護士・公認会計士・税理士、大学教授、政治家、キャリア官僚の幹部、そして投資家など様々です。
成功者との関わり方は、一緒に仕事や活動をさせていただいた方々ばかりでなく、親戚筋、同僚・先輩・友人たちの親御さんなど、こちらもいろいろです。飽く迄も主観の世界ですが、成功者の雰囲気はビジネス形態や規模感、年収で違ってくると感じます。例えば、大手企業のサラリーマン経営者と、ベンチャー企業のオーナー経営者とでは、同じ企業経営者とは言え、纏う雰囲気は大きく異なりますね。
また、バックグラウンドに関係なく、年収2,000万円程度の方と1億円前後ある方とでは、言わずもがな見ている世界は全く違います。同じ年収5,000万円程度でも、企業経営者と個人投資家とでは、纏う雰囲気はこれまた異なるもの。意外にも、ベンチャー企業のオーナー社長と政治家、キャリア官僚の幹部と大学教授、彼らはなぜかそれぞれ醸し出す雰囲気が共通しているなと感じることが多いものです。

それでも成功者に共通する雰囲気の特徴はある?

gettyimages (45871)

成功者が纏う雰囲気は、ビジネス形態や規模感、年収で違ってくる部分が多いのは確かです。それでも、成功者の雰囲気として共通する特徴も感じ取れます。

・快活で信頼できる雰囲気

これまでの実績の積み重ねと、自身の行動への納得感が面構えにも現れ、信頼できる雰囲気を漂わせる成功者がほとんどです。本物の成功者ほど、仮に相手が年下・目下の立場であってもシッカリ相対し、いつも元気な挨拶を返してくれるようなタイプが多いものです。
表情も豊かで、常に仏頂面のようなタイプは稀です。成功者が登場するだけで場の雰囲気が一気に引き締まったり、華やいだりするのもよくあることですね。成功者が発する信頼できる雰囲気や快活さが、チャンスや良い運気を引き寄せるのかも知れません。

・厳しい中に優しい雰囲気

人並み以上に努力・研鑽を積み、壁を乗り越えて来た結果、今の自分がある方がほとんどです。苦労して戦ってきた方は、自身の弱さ・強さを認識しており、本気で奮闘している人間の立場、気持ちを瞬時に汲み取ります。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

日本最大級の総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミーは、2019年9月29日(日)に東京丸の内にて、初となる40〜50代の働く女性を対象とした、定年後の人生や働き方を考える参加型セミナー『オンナの定活セミナー』 を開催することを決定しました。
社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

“「遊んでいないで〇〇しなさい!」と、遊びの時間を「勉強」や「仕事」や「お手伝い」に邪魔されていませんか?” そんな美術展の問いかけに、ちくちくと心を刺された秋のはじめ。
ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ワイン好きな同僚や上司のプレゼントにワインを贈りたいが、相手の好みが分からずに迷っている。結局渡せなかったということはありませんか。ワインを選ぶことは難しくありません。ワインはメッセージ性を付加しやすいので、うまく選べば感動につながります。今回はワインを贈る時の選び方について紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部