2018年6月29日 更新

お祭りで日本を元気に、元美大生が挑む地方創生とは〈加藤優子〉

お祭り好きが高じ、メーカー勤めからお祭りの企画会社を起業した元美大生の加藤優子さん。ツアー企画からスタッフ確保、補助金手配などお祭りのお助けマン、地方創生の火付け役として全国の自治体から注目を集めています。加藤さんに起業に至った経緯や今後の目標を聞きました。

2018.6.29

若者の力でお祭りを支援する、オマツリジャパンとは?

STAGE編集部:まず、オマツリジャパンについて紹介していただけますか。
お祭りでその地域を盛り上げる仕事をしている日本で初めての会社です。いわばお祭りのプロデューサー役で、企画、運営から広報、協賛金集めまで何でもやります。参加者にお祭りをもっと楽しんでもらうと同時に、企業に事業の機会を増やし、地域の人たちの運営を支援するのが目的です。
設立して3年で、メンバーは今のところ6人、他に業務委託の方が5人と、ボランティアのサポーターが300人います。地方創生の観点から応援していただき 、株主にはキリンビールをはじめとする5社が入ってくれました。
STAGE編集部:具体的な仕事の内容を教えて下さい。
お祭りのインフラになりたいと考えています。中心はIT事業と企業向け、自治体向け事業です。IT事業ではオマツリジャパンリーダーズというサイトで、イベント告知だけでなく、資材、機材の手配、警備スタッフ、保険、補助金の手配など、お祭りに関して面倒と思える部分を一気に片付けるワンストップサービスを展開しています。
企業向けでは、協賛金をもらってお祭りでその企業や製品のPRを進めます。ただ、従来通りの提灯に企業名を入れるような手法では、広告効果が薄れてきました。そこで、こちらからSNSでの情報拡散などアイデアメニューを示し、賛同を得ています。自治体向けはいわゆる観光PRです。見物だけでなく、若者や外国人がお祭りに参加できるツアーを企画することもあります。
STAGE編集部:加藤さんは学生時代に美術を専攻していたそうですが、どんな学生生活でしたか。
専攻は美術でも現代アートですから、一般の人には理解しにくい分野でした。幼稚園のころから、画家になりたいと思っていて、美術大学へ進んだのです。3年生のときに東日本大震災が起き、学んできた美術をこんな時期にどう生かしたらいいのか考えたところ、何も生かせないのではないかと思えてきました。急に絵やアートがつまらなくなっていったのです。
そんなとき、祖母の家がある青森県青森市でねぶた祭を見て、感動しました。ちょうど震災の直後でしたから、人手が少ない感じがしましたが、ものすごくポジティブな印象を受けました。幼いころから親に連れられ、見ていたのに、なぜかそう感じたのです。
次の日に新聞を見ると、参加者や運営スタッフが減ってねぶた祭がピンチに陥っていると書かれていました。それなら若者の力やアートの表現力を生かせるのではないかと感じました。これがお祭りとの出会いですね。

Facebookの投稿が予想以上の反響を生み、ビジネスへ動き始める

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

学生時代に起業したグルメアプリ事業、利益を上げながら社会貢献するワケ〈城宝薫〉

学生時代に起業したグルメアプリ事業、利益を上げながら社会貢献するワケ〈城宝薫〉

海外で目にした開発途上国の子どもたちと、米国のNPO団体に触発され、社会貢献できるグルメアプリ事業を立ち上げたテーブルクロス社長の城宝薫さん。起業当時、女子大生社長だった城宝さんはなぜ、途上国を支援する事業を始めたのでしょうか。
〈奥山泰全〉赤字会社を1ヶ月で黒字化し上場させた社長の「Don't stop」

〈奥山泰全〉赤字会社を1ヶ月で黒字化し上場させた社長の「Don't stop」

赤字続きだった会社を、社長就任の翌月には黒字化させ、さらに上場へと導いた奥山泰全氏。外貨取引サービスを提供するマネーパートナーズグループの代表取締役社長です。人生を振り返り、企業を成長させ続ける秘訣や、「カスタマーファースト」「お金」について語っていただきました。
起業する夢を支援し、日本にイノベーションを起こしたい

起業する夢を支援し、日本にイノベーションを起こしたい

株式会社オプトホールディングの創業者であり、代表取締役社長CEOの鉢嶺 登氏は、「成長に挑戦する人や企業を応援して、次代の繁栄を築くプラットフォームになる」という夢=ミッションを掲げます。起業家にして、起業を応援する事業の代表でもある氏の生き方に学びませんか。
かわいいお金には旅をさせよ?! 私が考えるお金の育て方

かわいいお金には旅をさせよ?! 私が考えるお金の育て方

ライフプランニング、資産運用アドバイスを専門とするファイナンシャルプランナーとして活躍するカン・チュンドさんが、導き出した、お金の哲学はまるで子育てのよう。リスクを恐れるあまりにお金を過保護に扱っていませんか? あなたの人生の夢を叶えるためにお金を育てましょう。
お金 |
世界最高の英語教育法でグローバルな展開を

世界最高の英語教育法でグローバルな展開を

株式会社 GABAを経営される青野 仲達氏に「グローバルな舞台で生き残っていくために必要な英語教育」をテーマに語っていただきます。インタビュアーはレバレッジコンサルティング株式会社 代表取締役社長兼CEO 本田直之氏が務めます。チャレンジングな青野氏の生き方に学びが満載です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部