2018年6月29日 更新

お祭りで日本を元気に、元美大生が挑む地方創生とは〈加藤優子〉

お祭り好きが高じ、メーカー勤めからお祭りの企画会社を起業した元美大生の加藤優子さん。ツアー企画からスタッフ確保、補助金手配などお祭りのお助けマン、地方創生の火付け役として全国の自治体から注目を集めています。加藤さんに起業に至った経緯や今後の目標を聞きました。

2018.6.29

若者の力でお祭りを支援する、オマツリジャパンとは?

STAGE編集部:まず、オマツリジャパンについて紹介していただけますか。
お祭りでその地域を盛り上げる仕事をしている日本で初めての会社です。いわばお祭りのプロデューサー役で、企画、運営から広報、協賛金集めまで何でもやります。参加者にお祭りをもっと楽しんでもらうと同時に、企業に事業の機会を増やし、地域の人たちの運営を支援するのが目的です。
設立して3年で、メンバーは今のところ6人、他に業務委託の方が5人と、ボランティアのサポーターが300人います。地方創生の観点から応援していただき 、株主にはキリンビールをはじめとする5社が入ってくれました。
STAGE編集部:具体的な仕事の内容を教えて下さい。
お祭りのインフラになりたいと考えています。中心はIT事業と企業向け、自治体向け事業です。IT事業ではオマツリジャパンリーダーズというサイトで、イベント告知だけでなく、資材、機材の手配、警備スタッフ、保険、補助金の手配など、お祭りに関して面倒と思える部分を一気に片付けるワンストップサービスを展開しています。
企業向けでは、協賛金をもらってお祭りでその企業や製品のPRを進めます。ただ、従来通りの提灯に企業名を入れるような手法では、広告効果が薄れてきました。そこで、こちらからSNSでの情報拡散などアイデアメニューを示し、賛同を得ています。自治体向けはいわゆる観光PRです。見物だけでなく、若者や外国人がお祭りに参加できるツアーを企画することもあります。
STAGE編集部:加藤さんは学生時代に美術を専攻していたそうですが、どんな学生生活でしたか。
専攻は美術でも現代アートですから、一般の人には理解しにくい分野でした。幼稚園のころから、画家になりたいと思っていて、美術大学へ進んだのです。3年生のときに東日本大震災が起き、学んできた美術をこんな時期にどう生かしたらいいのか考えたところ、何も生かせないのではないかと思えてきました。急に絵やアートがつまらなくなっていったのです。
そんなとき、祖母の家がある青森県青森市でねぶた祭を見て、感動しました。ちょうど震災の直後でしたから、人手が少ない感じがしましたが、ものすごくポジティブな印象を受けました。幼いころから親に連れられ、見ていたのに、なぜかそう感じたのです。
次の日に新聞を見ると、参加者や運営スタッフが減ってねぶた祭がピンチに陥っていると書かれていました。それなら若者の力やアートの表現力を生かせるのではないかと感じました。これがお祭りとの出会いですね。

Facebookの投稿が予想以上の反響を生み、ビジネスへ動き始める

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈磯崎哲也〉イケてる若手起業家と一緒にベンチャー企業を成功へと導く

〈磯崎哲也〉イケてる若手起業家と一緒にベンチャー企業を成功へと導く

カブドットコム証券など数多くのITベンチャーの創業に携わってきた磯崎哲也さん。「Femto Growth Capital」を設立し、起業家支援をしています。「人生の目標は持たない」とし、起業家とともに夢に向かって走り続ける生き方。
学生時代に起業したグルメアプリ事業、利益を上げながら社会貢献するワケ〈城宝薫〉

学生時代に起業したグルメアプリ事業、利益を上げながら社会貢献するワケ〈城宝薫〉

海外で目にした開発途上国の子どもたちと、米国のNPO団体に触発され、社会貢献できるグルメアプリ事業を立ち上げたテーブルクロス社長の城宝薫さん。起業当時、女子大生社長だった城宝さんはなぜ、途上国を支援する事業を始めたのでしょうか。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座