2017年12月20日 更新

〈渋谷 豊〉トマ・ピケティ・シンドローム

最近、私の周りでも、かなりの頻度でピケティ氏の名前や彼の著書“21世紀の資本”が話題に上るようになりました。“r>gだよね”など今週も数回この話題で盛り上がったことを考えると、どうも、ピケティという可愛いらしい言葉の響きだけが人気の原因ではなさそうです。個人的には少し過熱気味のように感じますが、主張している内容は至ってシンプルなので、簡単にご紹介させていただきたいと思います。

2015.3.25
最近、私の周りでも、かなりの頻度でピケティ氏の名前や彼の著書“21世紀の資本”が話題に上るようになりました。“r>gだよね”など今週も数回この話題で盛り上がったことを考えると、どうも、ピケティという可愛いらしい言葉の響きだけが人気の原因ではなさそうです。個人的には少し過熱気味のように感じますが、主張している内容は至ってシンプルなので、簡単にご紹介させていただきたいと思います。

ピケティ氏は、世界的な規模で調査を行いました。なんと20ヵ国を3世紀にわたり調査、分析したそうです。その結果、経済成長率(g)よりも投資からのリターン率(r)が常に大きくなるという結論にたどり着きr>gと表現、これが非常にシンプルなことから広く知れ渡ることになりました。

また、この本では“現在の社会構造は、資産を多く保有する富める者がより富む構造になった”、“この格差社会構造の解決方法は“資本への課税”である“と主張し、締めくくられています。
世界的にピケティ氏の本が盛り上げるのは、主張の分かりやすさだけではなく、各地域で格差が拡大しているという時代背景が大きいのではないかと思います。そんな中、私が以前住んでいたシンガポールのから驚きのニュースが届きました。“シンガポール政府は、年収32万シンガポールドル(約2800万円)以上の高額所得者の所得税について、最高税率を現在の20%から22%に引き上げ、年間の税収が4億ドル増加する”といったニュースです。税金が低いことが生命線とも言える国でまさかの増税という久しぶりの政策転換でした。

元居住者である私の肌感覚に合わないこのニュースは、あのピケティ氏の主張はシンガポール政府までも動かしたのかもしれないと一瞬錯覚しました。これこそ、今回お伝えしたい、私のピケティ・シンドロームです。実際は言うまでもなく、シンガポール政府はそんな単純な理由で決めたわけではないそうです。

さて、ピケティ氏についてのこれ以上の議論は、専門家に譲るとして、彼の主張を自分流に解釈している皆様の声をご紹介したいと思います。

シンドロームのせいでしょうか、その主張には、“経済成長率が低い=所得の伸びが低いのであればすぐにでも仕事を辞めよう”、“歴史が示すように投資からのリターンが高いのであれば何が何でもお金をかき集めすぐに投資しよう”、“資本への課税が今後進むようであればお金を貯めても意味がない”など、かなり偏った解釈や意見がいくつか聞かれました。しかし、ピケティ氏はこの本で資本への課税についてこそ言及していますが、世界の人々に特に何かの強いメッセージは残したわけではありません。賃金が伸びないから仕事を辞めて資産運用をしなさいとも、増税があるので備えなさいとも。

冒頭にも触れましたが、3世紀にわたる長い年月を掛けて徐々に築き上げられた富の偏重です。だからこそ、“この私の分析をご自身の立場に照らし合わせてご自由に活用し将来に活かしてください”というピケティ氏の声が聞こえそうな気がします。是非、皆さんも新年度を迎える前に色々考えてみてはいかがでしょうか。

「21世紀の資本」 トマ・ピケティ (著), 山形浩生 (翻訳), 守岡桜 (翻訳), 森本正史 (翻訳)

渋谷 豊 ファイナンシャルアカデミーグループ総合研究所(FAG総研) 代表

シティバンク、ソシエテ・ジェネラルのプライベートバンク部門で約13年に渡り富裕層向けサービスを経験し、独立系の資産運用会社で約2年間、資産運用業務に携わる。現在は、ファイナンシャルアカデミーで執行役員を務める傍ら、富裕層向けサービスと海外勤務の経験などを活かし、グルーバル経済に関する分析・情報の発信や様々なコンサルティング・アドバイスを行っている。慶応義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。 ファイナンシャルアカデミーグループ総合研究所  http://fagri.jp/ ファイナンシャルアカデミー  http://www.f-academy.jp/
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【厳選8選】幸せなれるお金の使い方&関わり方徹底解説!

【厳選8選】幸せなれるお金の使い方&関わり方徹底解説!

できれば後悔のない満足感のあるお金の使い方がしたい などなどお金の使い方で不安やモヤモヤを感じている方は多いのではないでしょうか?
「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

ブラジルは、日本のほぼ反対側、約17,000km離れた場所に位置する南米の国です。 サッカーの国…などといったイメージが先行しがちですが、その人口は日本よりも多い約2億人で、世界5位。豊富な労働力と資源を持ち、現在はBRICS(Brazil、Russia、India、China、South Africa)の1つに数えられるなど、経済大国として注目を浴びています。
今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

大手企業で導入しているビジネスゲーム研修を知っていますか。その1fつであるコンセンサスゲームは、月や無人島での極限状態を想定し、チーム全員のコンセンサス(意見の一致)を得て、困難を乗越えるゲームです。この研修で強化できるビジネススキルは様々です。

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊