2020年4月17日 更新

「新型コロナ不況」が来ても、かつてのような就職氷河期は再来しない理由

新型コロナ不況で企業の採用が激減し、就職氷河期が再来するのでしょうか? 少子化で新卒者の人口は減る一方で、採用を絞ると後が怖いのです。また、就職氷河期と比べると企業内の人口構成が変化し、不況が来ても新卒採用を維持できる余裕も生まれています。

gettyimages (53743)

2020.4.17

新卒内定取り消しを把握できたのは58名

gettyimages (53771)

新型コロナウィルス肺炎の大流行で、日本経済は大打撃。入社直前の新卒者の内定取り消しが相次ぐ、というニュースを見たかもしれませんが、実際は相次いではいません。厚生労働省が全国のハローワークを通じてまとめた新卒者内定取り消し数は3月30日時点で23社、58名でした。大学・短大・専門学校生が42名、高校生が16名でした。
「取り消しになった人を受け入れます」と表明する企業も現れ、〃被害者〃の大半は4月、晴れて社会人になれたようです。
入社直前の内定取り消しは法律的にも社会的にも企業のデメリットが大きく、悪評が何年も消えず採用活動に支障をきたします。もし入社させたら人件費負担で倒産が確実など、よほどの事情がなければ踏み切れません。
では、1年後の2021年春入社なら、まだ正式な内定は出していないので、採用予定を大幅に減らしても、ゼロにしても、「新型コロナ不況だからしかたない」で済まされるのでしょうか? 法律上は問題なし。他の企業も盛んに募集している段階なので就活生もあまり困りません。企業が社会的な制裁を受けることもありません。
しかし、長期的な視点でみれば、新卒採用を大幅に減らすと後で泣かされることがありえます。「後が怖いから一定の採用数を維持する」のであれば、就活生は「来春の採用は就職氷河期の再来」「自分は就職できなくなるかもしれない」などと、むやみに恐れたり、あせったりする必要はなくなります。

新卒者はますます貴重な存在になっていく

gettyimages (53772)

新卒採用を大幅に減らすと、なぜ企業は泣かされるのでしょうか? それは日本の人口構成と密接な関係があります。
直近の国勢調査は平成27年(2015年)に行われ、各年齢別の人口が集計されています。2020年に4年制大学を卒業して就職する人は22歳で、彼らの国政調査時17歳の人口は121万人でした。昔と違って受験浪人はだいぶ少なくなりました。
1歳下の16歳人口は119万人で15歳人口も119万人ですが、14歳人口は116万人、13歳人口は115万人、12歳人口は111万人と、少なくなっていきます。国勢調査当時7歳、10年後の2030年に22歳になる人口は107万人で、10年で11.5%減少します。2036年には100万人を切るなど、少子化で22歳人口は今後、減る一方。大学進学率が現状のままだとすると、大学新卒者は年々、その数を減らして貴重な存在になっていきます。
採用を減らしても大学新卒者も減るため、かつてのような「買い手市場」になりにくい構造です。景気が回復し採用を増やそうとすると、それこそ学生の奪いあいになります。
また、2021年入社の採用を絞り込んで「採用してくれない会社」という評判が立つと、採用を復活させても採りきれず、将来の人材不足に泣かされるかもしれません。技術系などは大学の先生が内心「2021年卒のうちの学生をボロボロ落としていたくせに、いまさら泣き言なんか言うな」と反感を持ち、学生を紹介してくれなくなるかもしれません。
企業は後が怖いから新卒採用を絞りにくいのです。それを考えると「新型コロナ不況で就職氷河期が来る」とは言い切れません。

就職氷河期は企業内の人口構成も原因だった

gettyimages (53774)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

新型コロナで株価が大きく下がっても、日本の年金が破たんしない理由

新型コロナで株価が大きく下がっても、日本の年金が破たんしない理由

今年、新型コロナ肺炎大流行の影響で日経平均株価は最大32.2%下落しました。年金資産は株式でも運用しますが「年金制度が破たんするのではないか?」という心配は無用です。なぜなら年金積立金は約120兆円で、運用益の蓄積も約75兆円と大きいからです。
経済 |
大暴落相場では何を目安にすればいいのか。PBRに着目

大暴落相場では何を目安にすればいいのか。PBRに着目

今回のような歴史的な暴落相場では、PERといったファンダメンタル指標や、騰落レシオといったテクニカル指標はあまり当てになりません。とくに騰落レシオは、これまで想像もしたことがない異常値が出現しました。
【原油先物大暴落】目を背けず波乱相場の中からヒントを探す

【原油先物大暴落】目を背けず波乱相場の中からヒントを探す

2月下旬から激しさを増す投資環境。長らく強気相場が継続していたことからすきを突かれたと感じた投資家も多かったはずです。だからこそダメージも大きいはず。しかも、質の悪いメディアはこの波乱相場をできるだけドラマ仕立てにしてあおりますが、投資家たるものここは冷静にfactfulnessで判断すべきです。市場がザワついている時こそヒントを冷静に探り備えることが大切です。
今は1年に1回の大きなチャンス

今は1年に1回の大きなチャンス

日本株がここ1週間で急激な下げに見舞われています。日経平均は2月25日に2万3,000円、27日には2万2,000円を下回り、3月2日には2万1,000円を割り込む局面があったほどなのです。
今、株式市場に参加することで得られるもの

今、株式市場に参加することで得られるもの

2020年は1月の中東情勢から始まり2月からは想定以上の広がりをみせた新型肺炎の影響で株式市場は大きく変動していています。このような荒れ相場は高みの見物を決め込むべきだという意見は正しいと思いますが、一方で、今、相場に参加することで投資家として大切なものを学ぶことがもできるのではないかと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部