2018年12月7日 更新

富裕層から学ぶ人生におけるモチベーションの保ち方

人生で何かを成し遂げるための要素としてモチベーションは欠かすことができないうちの1つです。今回はアメリカの成功者のインタービュー等を参考に、彼らが人生においてどのようにモチベーションを保ちその人生を成功に導いたのかについてお届けします。

gettyimages (24790)

2018.12.3

正しいマインドセットを持つ

始めにニューヨークタイムスベストセラー作家でシリアル起業家、エンジェル投資家そしてデジタル・SNマーケッターと様々な肩書を持、純資産50億ドル超を保有するゲイリー・ヴェイナチャックのストーリーを紹介します。
彼は自身が運営するブログの中で、モチベーションを保つために必要なものはマインドセットだと述べています。そのマインドセットとは「人生は1回限りしかない、そしてやりたいことをするための時間は限られている」というもの。
ヴィネチェックは人生とはいつか終わりがくるものであり、自分に与えられた時間は資産であるという意識を常に持ち続けることがモチベーションを保つための秘訣であり、そのうえで与えられた「人生」という時間に感謝し、それを自分のためだけに有効に使うことが大事だと語っています。
彼は自身が開催するセミナー等で人生やビジネスにおいて何度か自分が厳しい環境におかれた際にはこのマインドセットに立ち返り自身を鼓舞してきたこと、そしてこのマインドセットが今でも彼のモチベーションの原動力になっていると伝えています。
gettyimages (24795)

人生におけるビジョンや目標を明確にする

次にベストセラー作家であり、俳優、そして世界ナンバー1セールストレーナーで不動産投資家として有名なグラント・カードンの言葉を見てみましょう。彼は一代で不動産ビジネスをスタートし、今では純資産350億以上を保有する資産家となりました。
カードンは2016年にLinkedInが運営するウェブサイトに寄稿した記事の中で、モチベーションの保ち方について語っています。彼のモチベーションの原動力は常に自分自身がどのような人生を実現したいのか、どんな人間になりたいのかの明確なビジョンを持つことです。
カードンは今でこそ成功者ですが、彼のそこに辿り着くまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。彼は25歳の時、麻薬中毒者でした。しかし、そのどん底の中で彼は家族や友人、そして自分のために中毒から抜け出しビジネスで成功するという目標を立てます。
そして、目標通りまず麻薬中毒を克服し、苦手だったセールスについて自ら積極的に学び続けながら寝る間を惜しんですべての時間を仕事に費やしました。それが彼を成功に導き、また、成功した今もガードンは毎日朝と夜に人生の目標をノートに書き、それを意識することで日々のモチベーションを常に保っています。
gettyimages (24802)

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

お金持ちの家ほど、プライベートでの生活は質素な傾向です。お金持ちに対するイメージである、高級車を複数台乗り回し、ブランド物を身に纏い、異性と派手に遊んでいるようなタイプは主流派ではありません。本物のお金持ちは、投資は時間と自分に向けるものだからです。
日本の富裕層の割合や資産・年収の実態は?あの人は勝ち組?

日本の富裕層の割合や資産・年収の実態は?あの人は勝ち組?

日本の富裕層世帯の割合は増えている、という記事をしばしば目にします。富裕層の資産や年収の実態とは、現在どのようになっているのでしょうか。富裕層を目指すならば、この辺は押さえておきたいところですね。お隣の鈴木さんも、ひょっとすると勝ち組の富裕層世帯かも知れません。
成功者に共通のお金に関する習慣は3つ?生きた使い方こそ全て

成功者に共通のお金に関する習慣は3つ?生きた使い方こそ全て

成功者のお金に関する習慣と聞いて、何をイメージしますか。長財布を使うことでしょうか、それとも海外投資をすることでしょうか。成功者に共通したお金の習慣は、実際にはもっと本質的で、シンプルなものです。一言で表せば、「生きたお金の使い方をする、」これに尽きます。
お金持ち男性が好む女性の特徴は6つ?行動ならすぐに変えられる

お金持ち男性が好む女性の特徴は6つ?行動ならすぐに変えられる

お金持ち男性が好む女性の特徴には、個々人の好みに違いがあるとは言え、ある程度パターンが見受けられるものです。短期的に割り切って付き合う相手ではなく、飽く迄も、結婚も視野に入れて付き合う女性の場合ですね。過去や外見を変えるのは困難ですが、行動ならば変えられます。
富裕層向けビジネスに注意?金融機関に丸投げはリスキー

富裕層向けビジネスに注意?金融機関に丸投げはリスキー

富裕層向けビジネスが注目されています。これから、富裕層向けサービスを利用してみたいと考える方もいるでしょう。様々な金融機関などが富裕層向けビジネスに乗り出していますが、注意すべきことも少なくありません。自己防衛のために、資産運用の勉強を先にした方が賢いのかも知れません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hikkey Hikkey