2018年9月21日 更新

日米貿易協議で見えた米国中間選挙までの流れ

日米貿易協議がすごくあっさりした内容で終わりました。ただし、この中に米国の中間選挙までの流れを見通しヒントが隠されていました。今回は、内容を振り返りつつメインシナリオとサブシナリオを考えていきます。

gettyimages (21268)

2018.9.18

8月10日(決戦日)

gettyimages (21277)

初回交渉は意外にあっさりと終了したように報道されています。茂木大臣のコメントにもそれを裏付けるかのように、「日米貿易を促進させるための方策を探求し、共通認識に基づき協力分野を拡大することで一致した」とまさに玉虫色。なぜ、このようなソフトな交渉内容になったのでしょうか。
ここからは再び推測になりますが、米国側が中国や欧州との貿易交渉の方向性を決めた上で、その後に日本との交渉を行いたいというスタンスなのではないかと感じています。
トランプ政権は、8日のオハイオにおける補選で戦略の見直しを迫られました。しかし、これまで中国、欧州、日本、南米に対して激しい貿易戦争を全面的に仕掛けています。その結果、G7内では明らかに浮いた存在になり、ロシア、中国、欧州と世界の主要国との対立軸は深まるばかりです。自ら対立を演出してきたトランプ政権とはえい、今振り返ると、唯一日本が味方であるかのように見えたかもしれません。よくよく考えると鉄鋼やアルミに追加関税を発動しても表立って対抗策や強い抗議を行わなかった日本。トアランプ政権が、ソフトランディングを意図しているのであれば、日本は優先的にその対象になる可能性があるかもしれません。
今回、次のFFR交渉の日程は、9月下旬になりました。9月末に予定されている日米首脳会談の直前に行うことが発表されています。この日程は、9月20日開催予定の自民党総裁選の後に予定されています。もし、勘ぐるとすれば、この日程は総裁選への配慮しつつ、それまでに他の国とのスタンスを決めていくということかもしれません。考えすぎかもしれませんが、もしこの仮説が正しいとすれば、米国が米国民の富をファーストという考えへ方向転換するのであれば、次回交渉は以外に厳しくならない可能性を一つのシナリオとして考えておく必要がありそうです。

8月16日(決戦5日後)

gettyimages (21279)

さて、このFFR決戦の5日後、8月16日に米国株式市場のダウ工業平均が+396.32ドル高と大幅反発をしました。そのきっかけは、中国商務省による発表でした。中国商務省の代表団は、8月下旬に米国を訪れ、6月初旬以来の貿易協議に臨むというものでした。通常であればこのニュースではここまで株価が大きく反発をしないはずですが、8日のオハイオ州の補選結果によりトランプ政権が貿易戦争のソフトランディングを図るのではないかということを楽観シナリオを市場がサブシナリオとして折り込み始めた証拠です。
ただ、これはサブシナリオであることに注意が必要です。相場においてサブシナリオがメインシナリオに成り代わるまでには、確信に結びつくような確度の高い裏付けが必要になります。例えば、経済指標、雇用指標や物価指数などが好転すること、また、このような指標では測れない政治的な流れや世論などが大きくシフトしているなどを含めて考える必要があります。

メインシナリオが悲観的で、サブシナリオが楽観的な場合、楽観的なシナリオであるサブシナリオがある程度の短期間でメインシナリオに取って代われない場合、つまり、期待が裏切られたという状態になります。その時は、失望感が市場を覆うような反動が懸念されるため、サブシナリオが楽観的な場合はより冷静に判断する必要があります。引き続きメインシナリオは、トランプ政権の強気姿勢は継続し貿易戦争は拡大する、ただし、サブシナリオとして米国は貿易戦争をソフトランディングが台頭し始めていることを頭の片隅において置く必要がありそうです。
gettyimages (21322)

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊