2018年6月12日 更新

「短い」人が富裕層になれる理由とは

自分で成功を手繰り寄せる人の基本行動はシンプルです。ついつい長くなりがちなあんなことも富裕層になる人は「短い」。今日は、誰でも簡単に取り入れることのできる「短い」をご紹介します。

gettyimages (15947)

2018.6.13

メールが「短い」

gettyimages (15959)

とにかくメールが短いのが共通する特徴です。巷では、忙しいからメールが短いのではという説もありますが、私はそうは思いません。富裕層から聞いたなかでなるほどなぁ〜と思う理由をお伝えします。
1)メールが長いと読む相手の時間を奪うから
メールは読む時間は相手の時間を奪うもの、という意識の高さこそが時間を大切にしている証拠です。時間を大切だと心から思っているからこそビジネスで成功していると言えます。
2)コンパクトに要点をまとめる能力があるから
メールを読むと、「で、なに?」と思うことはありませんか。メールでもコンパクトに、しかもスクロールなしの範囲でまとめる能力はビジネスに使えます。メールを短くまとめる練習を繰り返して、要点をまとめる力をつけることもできます。
3)メール一通には一つのテーマのみ
複数のテーマをごちゃごちゃ入れ込んだメールがあります。答える方は、Yes or Noではなく、これはYes、あれはNoと答える必要が出てくるため、返信を後伸ばしにしがちです。ごちゃごちゃメールはスピーディーにビジネスを進める阻害要因になります。
短いメールにはこのような良い点がたくさんあり、だからこそ富裕層になる人はメールが短い傾向があるようです。

最初の挨拶が「短い」

gettyimages (15961)

はじめて会ったとき、何度めかに会うとき、どんな時も常に冒頭の挨拶が長い人がいます。挨拶は当然必要なのですが、目的があって会う面談においてなかなか本筋の話までたどり着かないのも時間の無駄ですよね。富裕層になるような人も当然挨拶は大事にしていますが、実は冒頭の挨拶の時間は短くして会話中、もしくは、目処が付いてからの挨拶や世間話を多くする傾向があります。
富裕層になる人は、本題に話が及ぶまでのリードタイムが極端に短い傾向にあります。これは、メールと同じで「相手の時間を頂いている」という感覚が強いからです。だからといって、全く世間話をしないわけではありません。本題の話に目処が付いて且つ、残りの時間や相手の状況を踏まえてお互いの近況や面白い話を共有することはあります。
挨拶もそこそこに本題へ。これを実行するには、挨拶に頼らずに本題を面白くする工夫が必要になるため、自然と力が付くというようなメリットが有るようです。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

もう数日もすると彼岸を迎えますね。彼岸を過ぎると急に秋らしくなりますが、その前に今年の夏の過ごし方を振り返りつつ良い習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。今後の過ごし方のヒントになるかもしれません。
お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちの成功者ほど言葉を大切にする、としばしば耳にします。「言霊(ことだま)」とも言われ、言葉には想像以上のパワーがあると言われます。そうであれば、お金持ちを目指す人が使ってはいけない言葉もありそうです。今日は、お金持ちが避けている言葉を調べてみました。
なぜ富裕層はゴルフをするのか|情報収集でき人柄も見定められる?

なぜ富裕層はゴルフをするのか|情報収集でき人柄も見定められる?

ゴルフと言えば富裕層の趣味、と巷間では思われているフシがあります。確かに、紳士のスポーツとも言われ、比較的お金もかかりますし、汗だくになってプレーするものでもありませんね。それでも、富裕層にとってのゴルフとは、実益に適ったスポーツなのです。
アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

日本では10月から消費税が10%と増税が予定され、税金についての話題も多い中、アメリカでは19人の超富裕層たちが富裕層に特別課す「富裕税」の導入を2020年の大統領選候補者に嘆願しました。あえて自分たちへの更なる課税を希望する一部超富裕層達の考えとは。
富裕層はなぜ会員制リゾートホテルを好む?別荘持ちでも利用する理由

富裕層はなぜ会員制リゾートホテルを好む?別荘持ちでも利用する理由

富裕層向けの会員制リゾートホテルについて、耳にされたことがある方も多いでしょう。実際、別荘所有者が少なくないにも関わらず、富裕層は会員制リゾートホテルも好んで利用していますね。リゾートトラスト社の会員権などは、取引市場も実質的に確立しているようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊