2019年12月13日 更新

災害大国、日本だから取りたい「防災」の資格!役に立つのは?

地震、台風、火事、豪雨に噴火。災害大国、日本には「防災」の資格がいくつかあります。「防災士」や「救命救急講習」は自治体が住民に取得を奨励し、大きな建物は「防災管理者」の配置が義務づけられ、「危機管理士」もあります。役に立つのはどれでしょう?

国家資格の「防災管理者」民間資格の「危機管理士」

「防災管理者」は、比較的取得が容易な国家資格です。防災管理に係る消防計画を作成し、防災管理業務を計画的に行う責任者で、ビルやマンション、商業施設、工場、倉庫、公共施設、地下街など規模の大きい建物は有資格者を置くよう義務づけられています。「防災管理新規講習(4時間30分)」または「防火・防災管理新規講習(2日間)」を受講し、費用は1万円以内です。年2回、日本防火・防災協会または自治体に申し込みます。
東京都(東京消防庁)は、工場やオフィスに設置される自衛消防隊員(自衛消防活動中核要員)のために、筆記試験と実技試験からなる「自衛消防技術試験」を行っています。
「危機管理士」という民間資格もあり、日本危機管理士機構が実施しています。「危機管理士(自然災害)2級」または「危機管理士(社会リスク)2級」の講習を受講し、最終試験の合格者に資格が与えられます。目的は自然災害、社会リスクの発生時、組織や地域でリーダーとして行動できる人材の養成で、そんな人は行政機関でも民間企業でも地域の自治会でも求められています。

寺尾淳(Jun Terao)

本名同じ。経済ジャーナリスト。1959年7月1日生まれ。同志社大学法学部卒。「週刊現代」「NEXT」「FORBES日本版」等の記者を経て、現在は「ビジネス+IT」(SBクリエイティブ)などネットメディアを中心に経済・経営、株式投資等に関する執筆活動を続けている。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の常識ープラスチックの海洋汚染、無関心ではいられない!

大人の常識ープラスチックの海洋汚染、無関心ではいられない!

最近、エコバッグを持って買い物に行く人がとても多くなりました。それでも、プラスチックゴミは増え続け、海洋汚染はますます深刻な問題となっています。環境問題の1つとして、もはや他人事ではない状況になっているプラスチックゴミについて考えます。
相手に良い印象を与える方法とは?今すぐ見た目を変えるテクニック

相手に良い印象を与える方法とは?今すぐ見た目を変えるテクニック

ビジネスをしていくうえで、性別を問わず見た目は大事であるといえるでしょう。若々しさを無理に取り繕うのではなく、年齢にあわせたいい印象をうまく作り出したいものです。 山口遊子著『見た目はすぐに変えられる』 より、いますぐできる見た目をいい印象に変える方法をご紹介します。
ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

介護業界の人手不足は深刻ですが、それを解決する突破口として期待されるのがロボットや情報通信技術で介護職員の身体的、精神的負担を軽減する「スマート介護」です。導入するだけでなく、その専門資格を設けることでも、人手不足の緩和につながりそうです。
「いつかは住みたい」トロントでの生活費

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

カナダの南部、アメリカとの国境付近に位置するトロント。カナダでは最も人口が多く、金融の中心として発展してきました。市制が敷かれたのは19世紀に入ってからですが、それ以降、移民の移住も多く、今ではコスモポリタンの街と言われています。そんなトロントの生活についてお伝えします。
企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

草花が日に日に色づき、頃は春。春の展覧会開幕シーズンです。 ・・・と明るく始めたいところですが、今年に限っては、“陽気に誘われて外出”もままならなくなってしまいましたね。こんな機を利用して、今回は春以降開催予定の美術展情報を例に、美術展情報の「基本用語」見直してみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS