2019年11月7日 更新

テストステロンの低下を防ぐ5つの習慣!日常の中で変えられる方法とは

テストステロンは、運動不足や不摂生、ストレスなどが原因で、働き盛りの30~40代の男性でも大きく低下することがあります。そこで今回は、テストステロンの低下を防ぐために、日常生活で変えたい5つのポイントについて解説していきます。

gettyimages (45925)

2019.9.3

①趣味の習慣を変える

gettyimages (45924)

テストステロン増加のためには、できるだけ屋外でできる趣味に変えましょう。実際にアメリカのボストン州立病院の研究では、陽の光を浴びることでテストステロンの分泌が活性化することが報告されています。
もしインドアで行う趣味の方が多い場合は、公園の椅子に座りながら読書する、散歩しながら音楽鑑賞するなど、外でできないか検討してみてください。20分程度でも効果が期待できるため、少しの空き時間に外に出る習慣をつけてもよいでしょう。

②運動の習慣を変える

gettyimages (45919)

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を習慣にしている場合、筋トレに変えるとテストステロン増加に効果的です。筋トレは、脚や胸など大きな筋肉をターゲットにした運動強度の高いものがおすすめです。運動強度を高めるためには、重量や回数を増やしたりインターバルを短くしたりする方法があります。
中でも、インターバルを短くする方法は、よりテストステロンを活性化することができるためおすすめです。たとえば、スクワットで15回×3セットのインターバルを30秒にしてみましょう。ただし、疲れが取れないほどのハードなトレーニングは、反対にテストステロンの分泌量を減らす恐れがあるため注意してください。

③食事の習慣を変える

gettyimages (45915)

食生活を変えることで、テストステロンを活性化させることができます。コンビニ弁当やラーメンなどで済ませている場合は、次のような食生活を取り入れてみましょう。
血糖値が高くなるとテストステロンが減ることが報告されています。そのため、糖質の摂取量を減らすことが大切です。また、糖質は甘い物だけでなく、パンや麺、白米などにも炭水化物として多く含まれているため注意しましょう。お酒も男性ホルモンの分泌を阻害するため、飲酒量には注意してください。アルコール類が体内に入ると、男性ホルモンの分泌量が減る代わりに、筋肉の成長に重要な成長ホルモンの分泌を阻害するコルチゾールの分泌量が増えるためです。
反対に、タンパク質やビタミン・ミネラル、良質な脂質は多く摂取するようにしましょう。特に、亜鉛の摂取はテストステロン増加に効果的です。食材に含まれる栄養素を確認するのが面倒な場合は、これらの栄養素が複数含まれている食材を使うことをおすすめします。具体的には、卵や緑黄色野菜、ナッツ類です。卵料理やサラダを積極的に食べ、間食としてピーナッツやアーモンドを食べるとよいでしょう。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テストステロンを増やす栄養素とレシピを解説!男性の更年期対策にも

テストステロンを増やす栄養素とレシピを解説!男性の更年期対策にも

男性ホルモンの減少による男性更年期対策には、運動や食事、睡眠などでテストステロンを増やすことが大切です。その中でも食生活の改善は、手軽にできる対策の一つです。そこで今回は、テストステロン増加に効果的な栄養素やレシピについて解説していきます。
テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

男性ホルモンの「テストステロン」を増やす方法に、体の中で特に大きな筋肉を持つ脚や体幹を集中的に鍛えるやり方があります。今回は、テストステロンを効率的に増やすための下半身集中トレーニングについて、ポイントや手順を解説していきます。
テストステロンのレベルを上げる!高強度トレーニングを徹底解説

テストステロンのレベルを上げる!高強度トレーニングを徹底解説

テストステロンは、日々の活力や骨密度、筋肉量などと深い関わりがあります。強度の高いトレーニングは、そのテストステロン値を高める方法の1つです。そこで今回は、テストステロン増加に効果的な高強度トレーニングについて解説していきます。
テストステロンを安定して増やすためのストレス解消法

テストステロンを安定して増やすためのストレス解消法

やる気や集中力に関係するテストステロン分泌とストレスには深い関係があります。そこで今回は、テストステロン分泌を促すためのストレス解消法について解説していきます。ポイントは精神的な「休養」と、ストレスの「緩和」「解消」の3点です。
テストステロンを増やし疲れの原因解消!仕事力も上がる5つの方法

テストステロンを増やし疲れの原因解消!仕事力も上がる5つの方法

「仕事のやる気が出ない」「20代の頃のように体力が持たない」…このような状態に陥っていませんか?そんな状態は、男性ホルモンの「テストステロン」を増やすことで解決できます。今回は、テストステロンの分泌量を増やすために有効な5つの方法について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座