2018年9月13日 更新

世界が注目!カジノを含む統合型リゾート施設の導入で日本はどう変わる?

先月、7月20日にカジノ実施法が成立し、日本は観光先進国への実現に向けて大きく前進しました。反対意見も多い中、成立したカジノ実施法、一体どんなメリットがあるのでしょうか、海外の研究から分かったこととは?

2018.9.11
カジノ実施法と聞くとカジノのイメージだけが強くなりますが、実際はカジノを含む様々なレジャー施設や国際会議場を1カ所にまとめた統合型リゾート(IR)の整備を認めるという法律です。カジノはあくまでもIRの付属なので、カジノ付きIR(統合型リゾート)実施法とも呼ばれています。現在、全国で3か所の導入が決まりました。(2018年8月現在)

1. カジノ付きIR導入の経済効果

カジノ実施法の目的はIR導入で観光客を増やし、地域経済の振興と日本全体の財政を改善するということです。
カジノ付きIR導入では建設投資という経済効果も大きいですが、重要なのは運営による直接的、間接的に発生する経済効果です。
直接経済効果となるのはIR内での雇用創出や運営による生産です。一方、間接経済効果はIRの運営に関連する物やサービスをサプライする会社の生産や付加価値がIR導入で増加し、その増加による雇用創出という波及効果です。
例えば、IR内の飲食店に食材を卸している会社が生産を増加したり、雇用創出したりという効果が挙げられます。
さら更に第二の波及効果はIR内やサプライ会社の雇用創出で雇われた人々による消費増加です。
オックスフォード・エコノミクスが2014年に出した 東京と関西にIRを導入すると想定した試算をネバダ大学の研究所(IGI※) がまとめた報告によると、年間運営生産額は東京で2兆2410億円、大阪で1兆6220億円、直接雇用は東京で3万4500人、関西で2万6000人、間接雇用は東京で6万8000人、関西で5万1500人、GDPへの影響は両方で年間約2兆3000億円です。(※IGI…International Gaming Institute)
これに伴って消費税収入が増え、更にはカジノ収入に30%課税し、その他にも法人税等もありますから、かなり税収入が増えるというメリットもあります。

2. カジノ付きIR導入で実際どこが儲かる?

カジノ実施法の成立を一番喜んでいるのはリゾート産業、ゲーミング産業、観光産業ではないでしょうか。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |
世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

私が当初から考えていたメインのシナリオは、米国の景気が2019年から大幅に減速し、2020年には後退にまで至る結果として、世界経済は1年程度の同時不況に陥るというものです。ですから、次の世界的な景気後退ではリーマン・ショックのような危機は起こらないだろうと、メディアの取材や講演などで再三にわたって申し上げてきました。
モチベーションを上げる行動経済学 すぐ実践できる3つの方法

モチベーションを上げる行動経済学 すぐ実践できる3つの方法

仕事や勉強をしなければならないのにモチベーションが上がらないという経験は誰でもあるはずです。モチベーションが上がれば、仕事もスムーズにこなせ、夢への目標にも近づけるのではないでしょうか。今回は行動経済学の観点から、モチベーションの効果的な上げ方を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部