2018年12月15日 更新

ニューヨーク流 人生100年時代に若々しく生きていくための考え方

いつまでも若々しくありたいという願いは、人生100年時代を迎えるにあたって、男女問わず持っているものでしょう。特に女性は、ついつい若さや美貌に価値を求めたくなりますが、世界の女性たちの価値観は、また少し違っているようです。ニューヨークで活躍の場を持つカツア・ワタナベ著『いくつになっても綺麗でいられる人の究極の方法』 より、見た目の若さだけではない、本当に意味で若々しく生きていくための生活習慣の見つめ方をご紹介します。

加齢に対するニューヨークと日本の女性の違い

ニューヨークのマダムたちは、見た目だけが若いだけではありません。考え方も行動も若いので、いくつになっても自分がしたいことを始めます。中略
ニューヨークのマダムたちは、できない理由を探しません。やりたいことはやってみる。そのボジティブさと行動力が夢をかなえる第一歩なのです。
<19ページより引用>

ニューヨークのクリエイティブデイレクターとして、ビューティー・ファッション・ライフスタイルなど感性ビジネスのスペシャリストとして活躍している著者。

パリからニューヨークへと仕事の場を広げている著者は、特にニューヨークは、自分の年齢を気にしない人が多いのだといいます。それは、日本の想像をはるかに超えているのだとか。

確かに、ファッション誌などで垣間見るニューヨークマダムからは、老人という雰囲気は一切感じられません。

かたや、日本では歳を重ねるほどに、見た目の衰えを気にして、アンチエイジングに必死になってしまう人が多い傾向であるといいます。

アンチエイジングという響きには、「加齢を止めるもの」というニュアンスが感じられますが、著者曰くアンチエイジングでは加齢を止められない。

それでは、どうすれば加齢をストップさせることができるのでしょうか。

加齢は生活習慣を変えることで変化する

加齢は歳を重ねることで、誰でも毎年一歳ずつ加齢しますが、老化は身体や肌の機能や状態が衰えることで、その速度や程度は個人によって違います。つまり生活習慣を変えることで、その速度や程度は個人によって違います。
<27ページより引用>

体内年齢とは、基礎代謝の年齢傾向と体組成の年齢傾向の二つを測定し、「どの年齢の体組成と近いか」を表現したものであると著者はいいます。

筋肉量が多く、基礎代謝が高いほど、体内年齢は若くなるというのです。

たとえば、不健康な生活習慣を長年続けてきてしまったとしたら、その人の健康年齢は、実年齢よりも確実に高くなっている。つまり、実年齢よりも早く歳をとってしまっているということにつながります。

同じ歳でも、実年齢より若く見える人とそうでない人の違いはそこにあるようです。加齢や老化がパッと見てわかりやすいのは、肌の質感によるものが大きいですが、ビューティーの仕事をしている著者は、一般的にゴールデンタイムといわれる時間には寝ていないのだといいます。

ゴールデンタイムとは、午後10時から午前2時といわれていますが、実は、成長ホルモンは入眠から34時間の間に集中して脳下垂体から分泌される。

重要なのは、寝付いてから34時間にしっかり熟睡することだというのです。

つまり、早い時間に寝るよりも、眠りはじめに質のいい睡眠を取れるかどうかが大事であるといえるでしょう。

感情は健康を左右する

加齢も気になりますが、やはり心臓病、がん、脳卒中、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病は、健康に生きていく上で、もっと気になるところです。著者は、そうした病気のリスクを高める感情があるのだといいます。

たとえば、怒ると、人間の身体には顔が赤くなったり血圧が上がったりと、内部でいろいろと変化が起きる。怒りなどの不快な感情は、身体にも悪い影響を与えるというのです。

逆に、希望、喜び、勇気、幸せなどの快い感情は、脳内の快感ホルモンが自律神経に作用して心拍数や血圧を正常に保ち、リラックスして血流が良くなる。

心のあり方も、食生活や運動と同じように、生活習慣の一つであり、健康を左右する一つであるといえるでしょう。美容・食事・睡眠・そして感情……。すべての生活習慣が、今の自分、将来の自分を形作っていくということを、常に忘れずに過ごしたいものです。

タイトル:いくつになっても綺麗でいられる人の究極の方法
著者:カツア・ワタナベ
発行:青春出版社
定価:1512円(税込)

【前回の記事はこちら】
下重暁子『極上の孤独』より 本当の孤独とは何なのかを知る
もっとラクにしてもいい 自分らしい60代の暮らし方
人気作詞家・吉元由美が語る 年齢を受け入れる自然な生き方

生涯年金を750万円多く貰える方法が学べる!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「芸術家の試行錯誤を追体験してみよう」です
花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

フランスのパリで桜が見れることを知っていますか?パリの桜の見頃は、日本に比べて少し遅い4月の中旬頃だとか。今年の春は、パリで世界遺産と春の風景を満喫してみませんか。そんなパリの春を楽しめるおすすめスポット5つを春の風景写真と共にご紹介します。
高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

血圧が高めの時に「頭痛を感じる」「体が重くなる」「ふらつく」などの症状があらわれることはありませんか?このような時はエクササイズをすることで、症状を軽くするのと同時に血圧対策も行うことができます。そこで今回は、 症状別の高血圧対策を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部