2018年3月12日 更新

ロジカルシンキングもポジティブシンキングも薄い知性だ

「人工知能に仕事を奪われる」「お金の常識が変わる」――。そんなニュースをみて、自分の生き方に不安や迷いを抱えている方も少なくないでしょう。そこで今回は、これからの社会で人生を切り開いていく武器となる、ある”力”について書かれた本を取り上げます。

thinkstock (11393)

2018.3.12
著者は、テレビのコメンテーターでもおなじみの齋藤孝氏。タイトルは『知性の磨き方』。そう、著者は本書で、”知性”こそ「現代社会を生き抜いて行く上で必要不可欠な力である」と述べているのです。
ところであなたは、「知性のある人」と聞いて、どのような人を思い浮かべるでしょうか。学生時代に勉強ができた人?そのなかでも論理思考が求められる、数学が得意だった人?それとも研究者や大学教授など、いわゆるインテリと呼ばれる職業の人でしょうか?
実は、どれも正解ではありません。なぜなら、ここで著者の言う知性とは、抽象的な問題だけでなく、日常生活やビジネス、そして社会も含めた、現実の複雑で困難な問題にも対処するための力だからです。

SNSで可視化される個人の知性レベル

gettyimages (11392)

原因を見極め、最善の選択肢を探り、解決に導くこと。著者は知性の働きをこのように語っています。
たとえば、人間関係や仕事上でのさまざまなトラブル。そこから生じるストレスからメンタルをコントロールするのも、知性の力です。
あるいはネット上に蔓延する玉石混交の情報や、冒頭に挙げたような、私たちの不安をあおるニュース。こうした情報に踊らされたり、操られたりしないために必要なのも知性です。
そして今や、個々人の知性のレベルは、ツイッターやフェイスブックなど、SNSのちょっとした投稿やコメントを通して、あからさまに公にされるようになっています。現代は、誰もが知性を求められる時代、といっても過言ではないでしょう。

検索やロジカルシンキングでは通用しない

gettyimages (11394)

なかには、「わからないことがあれば、ググれば良い」と考える人もいるかもしれません。しかし、知識と知性は別物です。しかも、ピンポイントの検索をいくら繰り返したところで、そこには知性を形づくる上で欠かせない、深さや厚みが生まれません。
また、ロジカルシンキングやポジティブシンキングについても、著者は「薄い知性」と呼んで一蹴します。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キャリアビジョンの描き方 2019年に「なりたい自分」を考える

キャリアビジョンの描き方 2019年に「なりたい自分」を考える

ビジネスシーンでは、将来どんな風に成長していきたいのか、目指す方向性をはっきりさせておくことが成功への近道となります。あなたの考える「なりたい自分」を明確にするため、キャリアビジョンの必要性や作り方について考えてみませんか?
30歳からはじめる!疲れにくい体を作る3つの習慣

30歳からはじめる!疲れにくい体を作る3つの習慣

30代に入って仕事の疲れが取れなくなってきた、40歳を過ぎたら趣味に打ち込む気力がなくなってきた、あなたもこのような悩みを持っていませんか?その裏には体に悪影響を及ぼす習慣が潜んでいる可能性があります。 そこで今回は、疲れにくい体を作るための3つの習慣をご紹介します。
コーヒーソムリエを目指すならカナダ留学がおすすめ!

コーヒーソムリエを目指すならカナダ留学がおすすめ!

日本社会のグルーバル化が進む中、多くの日本人が留学を視野にキャリアアップしようと考えています。そんな中、カナダでは最短1週間でバリスタの留学ができるようになっています。内容的には、午前中英語の学習を行い午後からバリスタの学習を行うようになっており、時間を無駄にせずに滞在中は充実したカリキュラムとなっています。
メディアとしての自分価値を高めるには〜youtubeでセルフブランディング

メディアとしての自分価値を高めるには〜youtubeでセルフブランディング

あなたはもう自分のメディアを持っていますか? セルフブランディングの必要性を感じているなら、是非オウンドメディアを持ちましょう。会社だけでなく個人にもメディアを持つメリットはあります。ホームページやブログ、TwitterやFacebookも有効ですが、YouTubeは今一番バズるのでおススメです。
あなたはどのタイプ?天才に見る生活習慣

あなたはどのタイプ?天才に見る生活習慣

天才といえども生活習慣がある――250 人以上の天才の日課を紹介したのが、メイソン・カリー 著『天才たちの日課』。生産性向上と一口に言っても方法は様々です。実際に人類にとって大き な偉業を成し遂げた彼らの生活から、自分自身に合った生活習慣を探すヒントを探してみましょ う。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部