2018年3月12日 更新

ロジカルシンキングもポジティブシンキングも薄い知性だ

「人工知能に仕事を奪われる」「お金の常識が変わる」――。そんなニュースをみて、自分の生き方に不安や迷いを抱えている方も少なくないでしょう。そこで今回は、これからの社会で人生を切り開いていく武器となる、ある”力”について書かれた本を取り上げます。

thinkstock (11393)

2018.3.12
著者は、テレビのコメンテーターでもおなじみの齋藤孝氏。タイトルは『知性の磨き方』。そう、著者は本書で、”知性”こそ「現代社会を生き抜いて行く上で必要不可欠な力である」と述べているのです。
ところであなたは、「知性のある人」と聞いて、どのような人を思い浮かべるでしょうか。学生時代に勉強ができた人?そのなかでも論理思考が求められる、数学が得意だった人?それとも研究者や大学教授など、いわゆるインテリと呼ばれる職業の人でしょうか?
実は、どれも正解ではありません。なぜなら、ここで著者の言う知性とは、抽象的な問題だけでなく、日常生活やビジネス、そして社会も含めた、現実の複雑で困難な問題にも対処するための力だからです。

SNSで可視化される個人の知性レベル

gettyimages (11392)

原因を見極め、最善の選択肢を探り、解決に導くこと。著者は知性の働きをこのように語っています。
たとえば、人間関係や仕事上でのさまざまなトラブル。そこから生じるストレスからメンタルをコントロールするのも、知性の力です。
あるいはネット上に蔓延する玉石混交の情報や、冒頭に挙げたような、私たちの不安をあおるニュース。こうした情報に踊らされたり、操られたりしないために必要なのも知性です。
そして今や、個々人の知性のレベルは、ツイッターやフェイスブックなど、SNSのちょっとした投稿やコメントを通して、あからさまに公にされるようになっています。現代は、誰もが知性を求められる時代、といっても過言ではないでしょう。

検索やロジカルシンキングでは通用しない

gettyimages (11394)

なかには、「わからないことがあれば、ググれば良い」と考える人もいるかもしれません。しかし、知識と知性は別物です。しかも、ピンポイントの検索をいくら繰り返したところで、そこには知性を形づくる上で欠かせない、深さや厚みが生まれません。
また、ロジカルシンキングやポジティブシンキングについても、著者は「薄い知性」と呼んで一蹴します。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
7月開戦と噂さされる日米貿易戦争の真実

7月開戦と噂さされる日米貿易戦争の真実

FFR(日米首脳会談で合意した新しい通商の対話の枠組み)が7月末の開催で調整が始まりました。あまり聞き慣れない協議の通称である「FFR」。今年の経済見通し、株式市場にもしかしたら一番大きなインパクトを与える可能性があるこのFFRに注目してみたいと思います。FはFree(自由)、FはFair(公正)、RはReciprocal(相互的)の頭文字です。日本としては、日米2国間のFTA(自由貿易協定)の締結を避けたいところですが、米国は2国間協定を推し進めてくることでしょう。
高齢化社会を幸せに生き抜くヒントは「ライフ シフト」にあり!

高齢化社会を幸せに生き抜くヒントは「ライフ シフト」にあり!

本のタイトルは『LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~』です。全世界で大ヒットし、日本でも2013年ビジネス書大賞を受賞した『WORK SHIFT』の著者、リンダ・グラットン氏の新著という触れ込みで、こちらもベストセラーに。そのテーマは「日本人は、人生100年時代をどう生きるべきか?」というものです。
イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリア男といえば、典型的な女たらしであると同時にマザコンとしても世界的に有名です。お料理が上手でふっくらとした体型のイタリアンマンマ像と、そのマンマに頭が上がらないイタリア男、という構図は定番化しています。 実際の親子関係とは、どんなものなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座