2018年3月12日 更新

ロジカルシンキングもポジティブシンキングも薄い知性だ

「人工知能に仕事を奪われる」「お金の常識が変わる」――。そんなニュースをみて、自分の生き方に不安や迷いを抱えている方も少なくないでしょう。そこで今回は、これからの社会で人生を切り開いていく武器となる、ある”力”について書かれた本を取り上げます。

thinkstock (11393)

2018.3.12
著者は、テレビのコメンテーターでもおなじみの齋藤孝氏。タイトルは『知性の磨き方』。そう、著者は本書で、”知性”こそ「現代社会を生き抜いて行く上で必要不可欠な力である」と述べているのです。
ところであなたは、「知性のある人」と聞いて、どのような人を思い浮かべるでしょうか。学生時代に勉強ができた人?そのなかでも論理思考が求められる、数学が得意だった人?それとも研究者や大学教授など、いわゆるインテリと呼ばれる職業の人でしょうか?
実は、どれも正解ではありません。なぜなら、ここで著者の言う知性とは、抽象的な問題だけでなく、日常生活やビジネス、そして社会も含めた、現実の複雑で困難な問題にも対処するための力だからです。

SNSで可視化される個人の知性レベル

gettyimages (11392)

原因を見極め、最善の選択肢を探り、解決に導くこと。著者は知性の働きをこのように語っています。
たとえば、人間関係や仕事上でのさまざまなトラブル。そこから生じるストレスからメンタルをコントロールするのも、知性の力です。
あるいはネット上に蔓延する玉石混交の情報や、冒頭に挙げたような、私たちの不安をあおるニュース。こうした情報に踊らされたり、操られたりしないために必要なのも知性です。
そして今や、個々人の知性のレベルは、ツイッターやフェイスブックなど、SNSのちょっとした投稿やコメントを通して、あからさまに公にされるようになっています。現代は、誰もが知性を求められる時代、といっても過言ではないでしょう。

検索やロジカルシンキングでは通用しない

gettyimages (11394)

なかには、「わからないことがあれば、ググれば良い」と考える人もいるかもしれません。しかし、知識と知性は別物です。しかも、ピンポイントの検索をいくら繰り返したところで、そこには知性を形づくる上で欠かせない、深さや厚みが生まれません。
また、ロジカルシンキングやポジティブシンキングについても、著者は「薄い知性」と呼んで一蹴します。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。
〈堀古英司〉「お金とは、努力とリスクテイクの結晶。」

〈堀古英司〉「お金とは、努力とリスクテイクの結晶。」

ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC最高運用責任者。ニューヨークに住み、生き馬の目を抜くと言われるアメリカの金融界でヘッジファンドのファンドマネジャーとして活躍し続けている。堀古が肌身に感じた、アメリカ人の金融感覚とは。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座