2019年8月18日 更新

丸の内OL流~海外旅行をちょっとお得にする4つの方法!

こんにちは、まるねぇです。 夏休みシーズンになりましたね! お盆休みを活用して、海外旅行に行く予定の人も多いのでは?

こんにちは、まるねぇです。
夏休みシーズンになりましたね!
お盆休みを活用して、海外旅行に行く予定の人も多いのでは?

楽しい旅行に少しでも安く行けたらより満足度が高くなりますよね。
まるねぇが実践している海外旅行をちょっとお得にする4つの方法についてご紹介します。

旅行出発日を少しでもずらす

これは基本的なことですが、日本ではGW・お盆休み・年末年始に大型連休を取る人が圧倒的に多いので、ここにすっぽり当てはまる期間に旅行に行こうとすると旅費が突出して高くなります。

例えば、お盆休みの次の大型連休である今年の年末でシミュレーションしてみましょう。

今年の年末は12月28日が土曜日のため、12月27日が年内最終出勤日、そして翌年2020年1月6日月曜日が年始出勤日という人が多いと想定されます。

日本が寒い時期であることからより人気が高まるハワイのホノルルへ12月28日出国、1月4日帰国、東京から2人で旅行する設定でExpediaで検索してみましょう。

人気の高いワイキキエリアにある外資系ホテル、往復直行便の条件で価格を確認すると一人当たり航空券+ホテル代で52万円!のプランとなりました。

ではこれを、他の条件は全く変えずに旅行開始日を2日前にずらして12月26日出国、1月2日帰国にして再度検索してみます。

すると、一人当たり43万円のプランになりました。
つまり、2日ずらすだけで9万円もお得に旅行に行けることになりますね。

もちろん、もっと空いている時期に休みを取っていくことができればもっとお得になりますが、仕事の都合上それは難しいという人も多いはず。

最近は働き方改革で有給休暇が以前よりも取りやすくなっていますし、労働基準法の改正で年5日の有給休暇取得が義務化されました。

完璧にお休みの時期をずらすことが難しくても、数日なら仕事の調整ができる人も多いのでは。

「有給休暇を取りたいなんて言い出しにくい」という気持ちはとても分かるのですが、お休みは取れたら嬉しいですし、労働者の権利でもあります。

また「そういう時期に数日ずらして休むキャラ」として確立されてしまえば、案外休みやすくなりますので、少しの勇気を出してお休みをずらす努力をしてみることをお勧めします。

予約の際にはポイントサイトを経由する

旅行の申し込みをする際には、直接そのHPから申し込むのではなくポイントサイトなどを経由するとポイントがもらえる場合があります。

例えば、楽天Rebatesというサイトを経由するだけで、Expediaなら最大2.5%、Booking.comなら2.5%、JTB海外ツアーなら1.5%旅行代金に対して楽天ポイントが得られます。

海外旅行だと数万円、10万円以上の支払いになるというケースも多いですから数パーセントでも多くのポイントが労力なしにゲットできるのは嬉しいですね。

現地で出来るだけ現金への両替をしない

日本は紙幣がきれいで信用力も高いので、現金で支払う人が今でも多いです。
ただ、海外ではキャッシュレス決済が日本よりも浸透しており、電車の券売機や自動販売機の支払いでもクレジットカードが使えるところが増えています。

日本円をそのまま海外で使うことはできないので現金で支払いをする場合は現地通貨への両替がマストになりますし、手数料が高い場合が多いです。出来るだけ手数料が安いクレジットカードで支払うようにしましょう。

現金がどうしても必要な場合に備えて、クレジットカードで海外のATMでキャッシングをして現地通貨を引き出したり、国際キャッシュカードであらかじめ日本で預けておいたお金を現地通貨として最小限引き出すことで対応できます。

また、クレジットカードだと使いすぎてしまうので使いたくないという現金派の人には、使ったらすぐに銀行口座からその金額が引き落としされるデビットカードがお勧めです。

クレジットカードと同じように使えますし、口座にある金額までしか使うことができないので使いすぎてしまう心配がありません。

主に欧米では「コンタクトレス」という、交通系ICカードのようにタッチするだけでクレジットカードやデビットカードで支払いができる手段も普及しています。

対応しているクレジットカードやデビットカードはまだ日本では限りがあるものの、支払いが現金よりも早く行えますので、ぜひ次カードを作る際には「コンタクトレス」に対応しているかどうかも選定基準に加えてみてください。

外貨が余ったら電子マネーかギフトコードに変えちゃおう

出来るだけ両替しないようにしていても、現地通貨が必要で両替した場合に日本円に再度両替するほどではない少額紙幣や両替がそもそもできない硬貨が残ってしまうことってありませんか?

以前はそういう少額紙幣や硬貨をたくさん持っていたのですが、捨てるわけにも行かないし頻繁に行く国でないときには結局家で死蔵されてしまうことになりがちでした。

そのような紙幣や硬貨を電子マネーやギフトコードに変えることができる「ポケットチェンジ」という機械が空港や主要な街に設置されています!

わたしも以前利用したことがあるのですが10通貨に対応しており、それを自分が持っている交通系ICカードやEdy、Amazonギフト券などにその場で交換することができ大変便利です。

なお、unicefなどに寄付することもできますので、気持ちのいい使い方ができますね。
家にある少額紙幣や硬貨をぜひ活用してみてください。

本日もお読みくださり、ありがとうございました。
Enjoy your day!まるねぇでした。

【前回の記事はこちら】
丸の内OL流~あなたのお財布を「お金が貯まっちゃうお財布」にする方法!

一人暮らしでもお金がたまる貯蓄方法とは?

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

整理収納コンサルタントが教える”自宅仕事がはかどる整理術”

整理収納コンサルタントが教える”自宅仕事がはかどる整理術”

学生時代、勉強をしようと机に向かってまず始めたのは、机周りの片づけだった経験があります。 きちんと整った中でないと、集中して何かに取り組むことが難しいものです。今回は、効率よく自宅仕事ができる場所づくりのヒントを整理収納コンサルタントがご紹介します。
水の都大阪!世界遺産「百舌鳥 古墳群」や周辺の観光&グルメを紹介

水の都大阪!世界遺産「百舌鳥 古墳群」や周辺の観光&グルメを紹介

今年7月世界遺産に登録された大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」。知っているようであまり知られていないこの日本で23番目の世界遺産を訪ね、水の都大阪の観光を満喫してみるのはどうでしょう。当記事では古墳群見学の方法や大阪のおすすめ観光スポット&グルメをご紹介します。
脳疲労の3大サインとは?疲れの原因とアプローチ方法をご紹介

脳疲労の3大サインとは?疲れの原因とアプローチ方法をご紹介

何をしてもなかなか疲れが取れないという人は多いのではないでしょうか。お風呂に入っても、マッサージに行っても疲れが取れない。現代人が抱える慢性的な悩みとはいえ、どうにかしたいものです。 梶本修身著『疲労回復の名医が教える誰でも簡単に疲れをスッキリとる方法』 より、疲れの原因とアプローチの方法をご紹介します。
本当に心地よい部屋を作る3つのコツ|休日を気持ちよく過ごせる

本当に心地よい部屋を作る3つのコツ|休日を気持ちよく過ごせる

初めまして。整理収納コンサルタントの須藤昌子です。働くビジネスパーソンのために、休日を気持ちよく過ごせるお部屋の作り方や、お仕事の効率が上がる整理収納のコツについて連載していきます。今回は、心も体も休まる、心地よいお部屋作りのコツをご紹介します。
本物のお金持ちのライフスタイルは地味そのもの!その理由は?

本物のお金持ちのライフスタイルは地味そのもの!その理由は?

莫大な資産を持つお金持ちほど、実は生活は地味なものです。しかしこれは、無意味に節約をしたりお金を出し惜しんだりしているわけではありません。そこにどのような理由があるのかを知ることで、お金持ちになる秘訣がわかるかもしれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部