2019年6月26日 更新

運動でストレス解消!ポイントを押さえて自分に合った方法を見つけよう

ストレス対策はいろいろありますが、上手に解消できている人は多くありません。しかし「運動」を習慣にすることで、効果的に解消することができます。そこで今回は、 運動でストレスを解消するためのポイントやおすすめの種目について解説していきます。

gettyimages (40763)

2019.6.26

運動でストレスを解消するためのポイント

運動でストレスを解消するためには、いくつかのポイントがあります。これらのポイントを多く押さえるほど、効率的にストレスを発散することができるでしょう。
gettyimages (40761)

①リズムのある運動
リズムを取り入れた運動は、ストレス解消に効果的です。脳内ホルモン「セロトニン」がより多く分泌されるためです。セロトニンが多くなると、精神的に安定する効果が高まります。動作以外に、呼吸にリズムがあることでもセロトニンは活性化できるでしょう。
②爽快感のある運動
爽快感も大切なポイントです。運動の中には、体力的にキツい、不得意で楽しくない、体が痛くなるなど、不快に感じるものもあるでしょう。これらの運動は、反対にストレスを溜める原因になり得ます。そのため、やってみて爽快感や楽しさを感じる運動を行うことをおすすめします。また、年齢や体力などに合ったものを選ぶことも重要です。
③風景が変わる運動
まわりの景色が変化する運動もおすすめです。開放感を得ることができ、気分転換になるためです。そのため、自室で行うのではなく、できるだけ屋外や普段の環境とは違う場所で運動をしましょう。
④専用の運動時間を確保
専用の運動時間を設けることも大切です。効果的にストレスを解消するためには、ただ体を動かしさえすればよいわけではありません。リズムや爽快感などを全身で感じることが大切です。そのため、ながら運動をせず、気分を切り替えられる環境を整えることが大切です。
次からは、ストレス解消のポイントを押さえたおすすめの運動を紹介します。

おすすめのストレス解消運動①ウォーキング

gettyimages (40750)

もっとも手軽にできる運動はウォーキングです。屋外でテンポよく歩くことで、リズムや風景の変化があるためです。運動強度も低いため、スポーツが苦手な人でも続けやすいでしょう。
ウォーキングをする際の大切なポイントは、リズムを崩さずに気楽に行うことです。ダイエット目的などで、腕の振りを過剰に気にしたり心拍数を高く保とうと意識したりすると、それがストレスになる場合があります。
そのため、一定のリズムで、まわりの風景を楽しみながらウォーキングしましょう。会話しながらのウォーキングもおすすめです。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。
筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

「どんなに筋トレをがんばっても、なかなか筋肉がつかない…」このような悩みを持っている人は少なくありません。そこで今回は、 筋肉がつきにくい人向けにトレーニングのポイントや具体的なやり方、効果的な食事法について解説していきます。
睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

暑い日が続いています。仕事が忙しくてまとまった睡眠が取れない上に、夜も寝苦しいといった悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。 山口真由子著『ハイパフォーマンス睡眠』 より、限られた睡眠時間の中で、より良い睡眠をとるための習慣をご紹介します。
大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

たくましい大胸筋にあこがれて、腕立て伏せを日課にしている人は少なくありません。しかし大胸筋の上部は、自分の体重を利用した筋トレでは高い負荷を与えにくい厄介な部位です。そこで今回は、自宅で効率的に大胸筋上部を鍛える方法を解説していきます。
目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

最近はパソコンを使う機会も多いため、目の疲れやドライアイ、ものが見えにくいなどの症状で悩んでいるケースは少なくありません。そこで今回は、 目の疲れを軽減するために空き時間を利用してデスクでもできる簡単エクササイズについて解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座