2018年5月29日 更新

世界幸福度No.1デンマークに伝わる魔法の言葉 『ヒュッゲ』とは⁉

デンマークと言えば、国連の世界幸福度調査で何度もNo.1になってきた常連国で、世界最高レベルの社会保障が受けられることで有名な国。しかし、その分税金は世界最高レベル、天候は雨や曇りが多くどんよりした気候。他の欧州の国々と比べて環境面で優れているとは言えないのです。そこで、研究者たちが注目したのがデンマーク独自の価値観『ヒュッゲ』だったのです。

ヒュッゲな時間の使い方!キーワードは「時間の共有」&「手間をかける」

thinkstock (13142)

世界幸福度調査では、「幸福であることの第一条件」は、生活レベルの保障であり、これが満たされた場合、収入よりも人間関係の質に左右されるとの報告がなされています。このことは、イギリスやアメリカをはじめとする研究機関でも示されていますが、デンマークでは特に3~4人で同じ体験・時間を共有することがより「ヒュッゲだ」と感じるようです。
さらに、時間をかけて作る料理も大好き。例えばパンの中でも、特に手間のかかる天然酵母から育てて作るサワードウ・ブレッドが随分前から人気なのだそうです。ちなみに本書の著者は、ヒュッゲな時間を作り出すためにみんなで集まってスローフードや保存食を作るパーティーを勧めていました。
gettyimages (13145)

お金をかける必要はない

gettyimages (13113)

「ヒュッゲ」の本質は、控えめでゆったりしたもの。高級でスタイリッシュなレストランなどに行けば手に入るものではなく、むしろ自分で時間をかけて作り出した居心地の良い時間や空間を指します。また、自分の手柄を自慢したり高級品を見せびらかしたりすると「なんて悪趣味な」と眉をひそめられます。つまり、キラキラさせればさせるほど「ヒュッゲ」から遠ざかっていくのだそうです。
日本では今、北欧インテリアこそ人気ですが…SNSでキラキラした自分を演出する一方でおひとり様サービスなどが増加しています。これはデンマーク流の「シンプルな幸せの作り方」から遠ざかっているような気がしてなりませんが、果たして―――。一度幸せの本質を見直すきっかけとして、自分にとって「ヒュッゲなものは何か?」を考えてみるのも良いのではないでしょうか?
自分の中でデンマークと言えば、2010年W杯でサッカー日本代表が対戦した国(本田選手&遠藤選手のフリーキックで勝利!)というイメージが強かったですが、実は両国とも古くからの君主国で、明治維新後には日本の芸術文化がデンマークに大きな影響を与えたそうです。そのデンマークの価値観が今になって日本で受け入れられるとは、不思議な縁を感じずにはいられません。

横山ケン太

趣味はアウトドア、興味は財テク。フリーの作家として活動中。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
7月開戦と噂さされる日米貿易戦争の真実

7月開戦と噂さされる日米貿易戦争の真実

FFR(日米首脳会談で合意した新しい通商の対話の枠組み)が7月末の開催で調整が始まりました。あまり聞き慣れない協議の通称である「FFR」。今年の経済見通し、株式市場にもしかしたら一番大きなインパクトを与える可能性があるこのFFRに注目してみたいと思います。FはFree(自由)、FはFair(公正)、RはReciprocal(相互的)の頭文字です。日本としては、日米2国間のFTA(自由貿易協定)の締結を避けたいところですが、米国は2国間協定を推し進めてくることでしょう。
高齢化社会を幸せに生き抜くヒントは「ライフ シフト」にあり!

高齢化社会を幸せに生き抜くヒントは「ライフ シフト」にあり!

本のタイトルは『LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~』です。全世界で大ヒットし、日本でも2013年ビジネス書大賞を受賞した『WORK SHIFT』の著者、リンダ・グラットン氏の新著という触れ込みで、こちらもベストセラーに。そのテーマは「日本人は、人生100年時代をどう生きるべきか?」というものです。
イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリア男といえば、典型的な女たらしであると同時にマザコンとしても世界的に有名です。お料理が上手でふっくらとした体型のイタリアンマンマ像と、そのマンマに頭が上がらないイタリア男、という構図は定番化しています。 実際の親子関係とは、どんなものなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座