2018年5月29日 更新

世界幸福度No.1デンマークに伝わる魔法の言葉 『ヒュッゲ』とは⁉

デンマークと言えば、国連の世界幸福度調査で何度もNo.1になってきた常連国で、世界最高レベルの社会保障が受けられることで有名な国。しかし、その分税金は世界最高レベル、天候は雨や曇りが多くどんよりした気候。他の欧州の国々と比べて環境面で優れているとは言えないのです。そこで、研究者たちが注目したのがデンマーク独自の価値観『ヒュッゲ』だったのです。

ヒュッゲな時間の使い方!キーワードは「時間の共有」&「手間をかける」

thinkstock (13142)

世界幸福度調査では、「幸福であることの第一条件」は、生活レベルの保障であり、これが満たされた場合、収入よりも人間関係の質に左右されるとの報告がなされています。このことは、イギリスやアメリカをはじめとする研究機関でも示されていますが、デンマークでは特に3~4人で同じ体験・時間を共有することがより「ヒュッゲだ」と感じるようです。
さらに、時間をかけて作る料理も大好き。例えばパンの中でも、特に手間のかかる天然酵母から育てて作るサワードウ・ブレッドが随分前から人気なのだそうです。ちなみに本書の著者は、ヒュッゲな時間を作り出すためにみんなで集まってスローフードや保存食を作るパーティーを勧めていました。
gettyimages (13145)

お金をかける必要はない

gettyimages (13113)

「ヒュッゲ」の本質は、控えめでゆったりしたもの。高級でスタイリッシュなレストランなどに行けば手に入るものではなく、むしろ自分で時間をかけて作り出した居心地の良い時間や空間を指します。また、自分の手柄を自慢したり高級品を見せびらかしたりすると「なんて悪趣味な」と眉をひそめられます。つまり、キラキラさせればさせるほど「ヒュッゲ」から遠ざかっていくのだそうです。
日本では今、北欧インテリアこそ人気ですが…SNSでキラキラした自分を演出する一方でおひとり様サービスなどが増加しています。これはデンマーク流の「シンプルな幸せの作り方」から遠ざかっているような気がしてなりませんが、果たして―――。一度幸せの本質を見直すきっかけとして、自分にとって「ヒュッゲなものは何か?」を考えてみるのも良いのではないでしょうか?
自分の中でデンマークと言えば、2010年W杯でサッカー日本代表が対戦した国(本田選手&遠藤選手のフリーキックで勝利!)というイメージが強かったですが、実は両国とも古くからの君主国で、明治維新後には日本の芸術文化がデンマークに大きな影響を与えたそうです。そのデンマークの価値観が今になって日本で受け入れられるとは、不思議な縁を感じずにはいられません。

横山ケン太

趣味はアウトドア、興味は財テク。フリーの作家として活動中。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プライベートを充実させる時間管理のコツ 時間泥棒を捕まえろ!

プライベートを充実させる時間管理のコツ 時間泥棒を捕まえろ!

仕事は順調なのに達成感がない、休日なのに何もかもがおっくう。その原因はプライベートの充実をないがしろにしているからではないでしょうか?プライベートの幸福度を上げるタイムマネジメントスキルを身につけましょう。
日々のくらしで感じる幸せとお金の関係

日々のくらしで感じる幸せとお金の関係

作家群ようこさんのロングセラー、れんげ荘シリーズのファンです。主人公のキョウコは有名広告代理店を45歳で早期退職し、都内の古い安アパート「れんげ荘」に引っ越す。貯金を取り崩し毎月10万円でこころ穏やかに暮らしていこうとする。そこにはささやかだけれど幸せがある。とても心温まる物語が好きなのです。
お金 |
おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「芸術家の試行錯誤を追体験してみよう」です

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部