2019年5月1日 更新

糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

これまで、どこかのシーンで「ほぼ日手帳」を手に取った学生や社会人は数多くいることでしょう。実際に「ほぼ日手帳」を使わずとも、「ほぼ日」や糸井重里の存在を知らない日本人は、もはや皆無といっても言い過ぎではなさそうです。 川島蓉子・糸井重里著『すいません、ほぼ日の経営。』 より、「ほぼ日」という企業がずっと続けてきたことと新たに始めたことをご紹介します。

gettyimages (36763)

2019.5.1

株式上場した「ほぼ日」とは

ほぼ日という会社が、次々とおもしろい企画を発信していることに興味を抱くのと同時に、なぜ株式上場したのかということにも、ずっと疑問を抱いていた。
4ページより引用
本著は、聞き手として川島蓉子氏が、語り手として糸井重里氏が、タイトル通り「ほぼ日」の経営について語りあった一冊です。
株式会社東京糸井重里事務所は、2016年12月に株式会社ほぼ日に社名が変更され、2017年3月には東京証券取引所のジャスダック市場に上場しました。当時、まだ上場していなかったこと自体に意外性を感じた人も多くいたことでしょう。
「ほぼ日刊イトイ新聞」は、糸井氏が主宰するウェブサイトで、暮らしや生活周りのさまざまな物事に関わる読み物が掲載されています。そして、巻頭には、一日も休むことなく「今日のダーリン」と称された糸井氏のコラムが掲載されています。
関連商品を販売する「ほぼ日ストア」では、「ほぼ日」がオリジナルで作ったものが扱われていて、雑貨、洋服、食品など幅広いラインアップが揃っています。
東京と京都にある「TOBICHI」という空間では、多くのイベントが開催。他にも、「生活のたのしみ展」「ほぼ日の学校」など、わくわくするコンテンツが、次から次へと生み出されています。
いうまでもなく、糸井氏はもともとフリーのコピーライターであり、組織に身を置いたことはないのだといいます。活動の幅を広げる過程で事務所を立ち上げつつ、企業へと成長させていきました。
一方、聞き手の川島氏は、伊藤忠ファッションシステムに入社して35年。根っからの組織人である川島氏の視点から、「ほぼ日」の経営に切り込んだ一冊となっています。
gettyimages (36773)

経済人ではなく生活人である

ほぼ日手帳は、もう手帳という言葉だけでは定義できなくなってきています。単に予定を記録するだけのスケジュール帳ではないし、ダイアリーでもない。ノートでもない。これはなんだと思ったら、みんなの「LIFE」が書かれているということでした。
36ページより引用
「ほぼ日手帳」は、当初、「ほぼ日」の中だけで販売していたのだといいます。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

お金持ちはビジネスや投資の天才というだけではなく、相手の心をつかんで離さない人心掌握術を心得た人物です。 この記事では、お金持ちが大切にしているプレゼントの習慣を、黒坂岳央 著 「年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣」よりご紹介します。
令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

入社したばかりの若者が早々に退職してしまい、困り果てているという話を耳にする時期です。少し注意しただけなのにパワハラだと言われたり、頑張っているように見えたのに突然会社に来なくなったり。 平賀充記著『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 より、現代の若者に対して無駄に気を使うことなく、円滑にマネジメントするための考え方をご紹介します。
働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働き方についてのあり方が問われている現代。私たちはどういう思考を持って、労働やお金と向き合っていけば良いのでしょうか。遠藤洋著『働きたくないけどお金は欲しい』より、変化する時代において新たな価値を見出していく考え方をご紹介します。
利害関係のある人に流されてはダメ

利害関係のある人に流されてはダメ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ