2019年5月1日 更新

糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

これまで、どこかのシーンで「ほぼ日手帳」を手に取った学生や社会人は数多くいることでしょう。実際に「ほぼ日手帳」を使わずとも、「ほぼ日」や糸井重里の存在を知らない日本人は、もはや皆無といっても言い過ぎではなさそうです。 川島蓉子・糸井重里著『すいません、ほぼ日の経営。』 より、「ほぼ日」という企業がずっと続けてきたことと新たに始めたことをご紹介します。

gettyimages (36763)

2019.5.1

株式上場した「ほぼ日」とは

ほぼ日という会社が、次々とおもしろい企画を発信していることに興味を抱くのと同時に、なぜ株式上場したのかということにも、ずっと疑問を抱いていた。
4ページより引用
本著は、聞き手として川島蓉子氏が、語り手として糸井重里氏が、タイトル通り「ほぼ日」の経営について語りあった一冊です。
株式会社東京糸井重里事務所は、2016年12月に株式会社ほぼ日に社名が変更され、2017年3月には東京証券取引所のジャスダック市場に上場しました。当時、まだ上場していなかったこと自体に意外性を感じた人も多くいたことでしょう。
「ほぼ日刊イトイ新聞」は、糸井氏が主宰するウェブサイトで、暮らしや生活周りのさまざまな物事に関わる読み物が掲載されています。そして、巻頭には、一日も休むことなく「今日のダーリン」と称された糸井氏のコラムが掲載されています。
関連商品を販売する「ほぼ日ストア」では、「ほぼ日」がオリジナルで作ったものが扱われていて、雑貨、洋服、食品など幅広いラインアップが揃っています。
東京と京都にある「TOBICHI」という空間では、多くのイベントが開催。他にも、「生活のたのしみ展」「ほぼ日の学校」など、わくわくするコンテンツが、次から次へと生み出されています。
いうまでもなく、糸井氏はもともとフリーのコピーライターであり、組織に身を置いたことはないのだといいます。活動の幅を広げる過程で事務所を立ち上げつつ、企業へと成長させていきました。
一方、聞き手の川島氏は、伊藤忠ファッションシステムに入社して35年。根っからの組織人である川島氏の視点から、「ほぼ日」の経営に切り込んだ一冊となっています。
gettyimages (36773)

経済人ではなく生活人である

ほぼ日手帳は、もう手帳という言葉だけでは定義できなくなってきています。単に予定を記録するだけのスケジュール帳ではないし、ダイアリーでもない。ノートでもない。これはなんだと思ったら、みんなの「LIFE」が書かれているということでした。
36ページより引用
「ほぼ日手帳」は、当初、「ほぼ日」の中だけで販売していたのだといいます。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

絶対点数ではなく相対点数を意識する

絶対点数ではなく相対点数を意識する

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。
自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

世代ごとの考え方の違いが明白になってきています。同じオフィスにいながら違う価値観と考え方が混濁する現代。より、変化が激しくなる新時代を迎えるにあたって、私たちはどういう考え方を持つことが大事なのでしょうか。 尾原和啓著『モチベーション革命』 より、ライフワークバランスの視点をご紹介します。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ