2019年8月7日 更新

富裕層が別荘を持つ意味とは?過ごし方や目的は参考になる

富裕層が別荘を持つのには、単なるステイタスを超えた意味があります。夏の軽井沢や那須を訪れると、一見の観光客ではない別荘族を目にしますね。富裕層が別荘のある生活を望むのは、富裕層ならではのニーズ・悩みへの対処という具体的な理由もあるのです。

2019.7.29

富裕層が別荘を所有する3つの大きな目的とは?

gettyimages (43421)

富裕層が別荘を所有する理由を一言で表せば、「非日常空間にステイすることによりもたらされる費用対効果の高さ、」これに尽きます。具体的な理由は、以下のようなものです。

・思考の切り替え

自然豊かな非日常的空間にステイすると、五感が研ぎ澄まされて、思考を切り替えるのにも有用です。富裕層には日々重要な決断を繰り返すエグゼクティブも多いですが、日常の雑音をシャットアウトし、自身や心を許せる人間とだけ向き合う時間が、新たな気付きや閃きを生む助けにもなります。

・身体とメンタルのリセット

立場上ストレスに日々さらされることも少なくない富裕層は、心身をリラックスさせるため、自然豊かで意識レベルの高い人間が集う別荘地で過ごす時間を捻出します。自然の中を歩いたり、他の別荘族と旧交を温めたりする時間は、貴重な非日常の経験となりますから、リフレッシュには効果的なのですね。

・良質な人的ネットワークの構築・維持

実はこの点も相当重視されます。富裕層ほど人的ネットワークを大切にするものです。反面、質の悪い人脈との繋がりは忌避されます。その点、高級別荘地であれば、その場に相応しい富裕層が集っており、ある種の属性・身分の証明にもなります。
別荘地に集う富裕層同士の繋がりは、ホームパーティーや近隣レストランでの会食、ゴルフやクルージング、フィッシングなどのアクティビティを通して深められるケースが多いです。別荘地での良質な人的ネットワークは、本人達のビジネスに発展する可能性があるのみならず、配偶者同士や子供・孫世代同士にも拡がる貴重な人的資産ともなります。
私の実家は全くの一般家庭でしたが、夏休みを過ごす葉山や箱根(いずれも神奈川県)では、普段の遊び友達とは異なる「夏の仲間たち」がいました。一部の人間は社会人になってからも繋がりがあって、子供時代の大切な夏の思い出になっています。

富裕層が別荘を所有したがる理由は他にも?

gettyimages (43426)

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
富裕層はどのような人と交流している?交友関係や友人の特徴は?

富裕層はどのような人と交流している?交友関係や友人の特徴は?

富裕層は普段どのような人と交流しているのでしょうか。また、友人となる人はどんな人でしょう?富裕層の交友関係から、友人同士のお金の使い方、また富裕層が交流している場所はどこにあるのでしょうか。
お金持ちの遊び方は3ステップある?富裕層の段階にみる行動の違い

お金持ちの遊び方は3ステップある?富裕層の段階にみる行動の違い

お金持ちの遊び方といえば、高級スポーツカーのコレクションや、高級店を貸し切ってのパーティなどがイメージされるかも知れません。ただ、このような遊び方をするお金持ちは、富裕層としては「駆け出し」の段階ですね。お金持ちの段階が変われば、遊び方も自ずと変化します。
富裕層の受ける医療サービスは別格?入会金300万円超も

富裕層の受ける医療サービスは別格?入会金300万円超も

富裕層向けの医療サービスで代表的なものに、会員制医療サービス(メディカルサービス)があります。高額の入会金や年会費を負担することで、高度な健康診断を受けられたり、担当医に医療・健康相談が随時できたりするのですね。キメ細かな対応と安心感がウリです。
富裕層の習慣「7つの夏の真実」バカンス・お盆の過ごし方は?

富裕層の習慣「7つの夏の真実」バカンス・お盆の過ごし方は?

富裕層の私生活にどのようなイメージをお持ちですか。夏になると長期の海外バカンスに出かけているとか、こんがりと日焼けしているとか、プールサイドで高級リネンを身にまといシャンパングラスを傾けているとか……そんな、まことしやかに語られている富裕層のイメージについての真実をお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部