「しかし、ここがお金持ちと貧乏人と分ける分水嶺だ」第9章[第17話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
2017.10.20
 老人は深く息を吸うと、一気に話し始めた。
「実際はごくごく当たり前のことなんだ。借りる人がいれば、貸す人がいる。支払う人間がいれば、もらう人間がいる。お金が動くときは必ず裏と表、ふたつの面がある。
  • 支払う↔もらう
  • 借りる↔貸す
  • 施す↔恵まれる
 お金に縁遠い人間は、このふたつの意味をすぐに忘れてしまうんだ。しかし、このふたつの意味を正確にとらえれば、借金で心悩ますことはないだろう。でも、正確にとらえられないと、火傷を負ってしまうこともある。
「君はなぜ借金が嫌いなんだい?」
「結局のところ、自分のお金ではないことが一番嫌ですね。金利を支払う必要があるということは、いつかは返さなくてはいけない 。ずっと、紐付きのお金を使っているという感覚です」
「ほほう、紐付きのお金かね、面白いことを言うね。それでは、その紐の所有者は誰だね?」
「それはお金を貸してくれた人間、もし銀行からお金を借りていたら、銀行が真の所有者といったところでしょうか?」
「そうかね。それでは銀行が持っているお金は、すべて銀行のモノかね? 言い換えるなら、銀行のお金は誰のモノなんだ?」
「…………誰でしょう? ん…預金者ですか?」
 僕はその仕組みの不思議さに気づき始めていた。
「君は借金をすることを嫌がるのなら、きっと人に貸すことも嫌だろう。しかし、そんな君でもお金が余ったら、銀行にお金を預けるはずだ。銀行は預けられたら、金利をつけて君にお金を返さなくてはいけない。預金とは、銀行にとっての借金なんだ。銀行は預けられたお金を事業者に貸し付けをして、金利をもらい、その一部を預金者の君に支払う」
僕は以前銀行に勤めながら、その仕組みについて真剣に考えたことはなかった。
「少し混乱しますね。僕は金利を払いながら、受け取る立場になる可能性もある」
 僕は自分の頭の中に大きな円を描いて、自分の言ってることを反芻した。
「まあ、その通りだな。頭が混乱する理由は、君がお金を所有できるものだと考えているからだ。

お金に、所有者は存在しない。

 世界中に回ってるお金は、今という瞬間だけ、その人物の手元にあるということだ。本来、所有できないものを所有しようとするから、無理が生じるんだ。お金の使い方を学ばなければいけない理由はそこにある。お金持ちは、お金を所有できないことをわかっているから、その使い方は一定のルールに則っている。
 たとえば、Aという男がBという男にお金を貸したとしよう。Bは金利をAに払わなければいけないが、その借りたお金をCという男にもっと高利で貸し出した場合は、Bにとって、その金利の差額が自分の利益になる」
「銀行がやっている魔法の錬金術ですね」
「実際、借金を嫌がる理由らしい理由は、倫理的なものだろう。必要になるのは、Cという男の信用度を見極める力だけだ。
  所有できない“お金”を使うために、我々は“信用”と同じくらい、“価値”についても学ばなければいけない。
 Bが銀行ではなく個人の場合、こういう場合もあるだろう。Cにお金を貸すのではなく、Dというモノを買う」
「はい、個人ならそういう場合の方が多い気がします。Dは家や車や電化製品なんでもいいですよね」
「このシチュエーションは、Cに高利で貸しているよりもずっと難しい。しかし、この選択がお金持ちと貧乏人とを分ける分水嶺だ。
 お金持ちはDというモノに、Cと同じように金利分の働きを求める。つまり買った後に値上がりすることを求めるんだ。しかし、貧乏人は、価値を考えずにお金をモノに替え、それを所有するということだけにこだわる。そして、モノの価格にこだわらない。だって所有することが目的だからね。
 君は価値と価格の関係性について、どこまで理解してる?」
「価値と価格ですか? あまり考えたことはありませんが、価値とは、価値観というくらいですから、人それぞれの感覚的なもので、価格とは、絶対のものですか?」
「ははは、実際はその逆だ。価格こそが変わる。
価値は、大きく分けてふたつある。使用価値と交換価値だ。使用価値とは個人的に思い入れの深いモノだったり、好きな人からのプレゼントだったり、君が言う個人の価値観に沿ったモノだ。
 私が言う価値とは交換価値だ.マーケットに出したとき、どういう価格がつくかはわからない。しかし、お金持ちと呼ばれる人種は、この価値を見分ける目がある。この目こそが、お金持ちと貧乏人を分ける能力になる。
 今は価格が安くても、価値さえちゃんとあれば、いつか価格は上がる。
 お金の歴史の再確認だよ。信用があれば扱えるお金のサイズが大きくなると話したろう。価値を見極める力とは、相手やモノを信用できるかどうかを見極める力だ。つまり、これも表と裏だ。信用されることも大切だが、相手やモノを信用できるかどうか見極める力も大切なんだ。

投資にみるお金のかけ方

 借金と投資とはよく似ている。借金といってもお金を貸す方だがね。
 借金は契約に基づいて具体的なリターン額が決まっているものを指し、投資とは、リターン額の上限がないものを指す。
 投資をするとき、私は何を見ると思う?
 事業の将来性? それとも利回りの大きいもの?
 もちろんそれも大事だが、一番大事なのは信用だ。信用がお金を生むからね。
 それでは、金持ちがどこを見て信用するかというと、投資対象の今までの経歴になる。
 いわゆる与信というものだ。
 君が銀行に勤めていたとき、君は何を見ていた?」
「保証人と担保価値です。そのふたつに何が用意できるかで、その人の社会的な位置づけはおおよそ類推できました。その人の返済能力だけじゃなく、保証人の社会的地位まで見ていましたね」
「私が見るのはあくまで、投資対象自身だ。事業の将来性やリターンのことを考えて投資はするが、それはごくごく副次的要素にすぎない。
 その人間の過去、いかに計画をたて、実行して、結果を出してきたか。
 ここで間違えてはいけないのは、たとえ失敗していたとしてもいいんだ。自分でしっかりと考え、実行することが、信用につながることを忘れてはいけない。そしてなおかつ、結果が出ていれば申し分ない」
「それなら、失敗した僕みたいな人間にでも、ジョーカーさんはまた投資をしてくれるんですか?」
「それは、この先の話次第だ。続きを話しなさい」
(毎週金曜、14時更新)

泉 正人

ファイナンシャルアカデミーグループ代表・一般社団法人金融学習協会理事長

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営を行い、「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりのある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着をめざしている。『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など、著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。一般社団法人金融学習協会理事長。

STAGE(ステージ)