2018年10月17日 更新

トヨタとソフトバンクが戦略提携!トヨタ社長の夢を語る力が経済を動かす

日本国内だけではなく世界でも人気の自動車メーカー「トヨタ自動車」は、なぜ「自動車不況」と呼ばれる現代でも圧倒的な業績を残し続けるのでしょうか。 今回は「トヨタ自動車」を牽引する代表取締役社長・執行役員社長を務める豊田家の第11代豊田章男の夢を語る力についてご紹介します。

2018.10.17

トヨタ、ソフトバンクの提携会見

gettyimages (23478)

2018年10月4日、日本を代表する大企業「トヨタ自動車」と「ソフトバンク」が戦略提携に乗り出した旨の会見が開かれました。
同会見では日本ではまだ馴染みのない「Uber(ウーバー)」の日本版のようなカー・シェアリングサービス「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」の設立・協働事業の開始を宣言。ソフトバンク社長・孫正義とともに豊田章男が登壇し、今回のサービスについて語りました。
このサービス開始には、自動車不況を取り巻く「100年に一度の大変革期」と呼ばれる「IoT(モノのインターネット化)」が背景にあります。


豊田章男は車のインターネット化という「夢」を孫正義に語り、それが今実現しようとしているのです。

「組むなら世界一の会社が良かった」
豊田章男は今回のサービスでソフトバンクと組んだ理由をこのように語ります。豊田章男が「トヨタ自動車」に「IoT」を導入する上で、この「夢」を語ることなしには実現しない事業提携だったと言えるでしょう。
トヨタ自動車とソフトバンクはそれぞれ日本の株式市場で時価総額トップ1位・2位。今回の事業提携で生まれた経済収益はとてもつもない額だと言われています。
「夢」を語り、世間を驚かせ、大きく躍進をする。このようにトヨタ自動車はこれまでの社歴の中で、その圧倒的なシェアを拡大してきました。

豊田章男の夢を語る力

豊田章男が世間を驚かせるような「夢」を語ったのは今回が初めてではありません。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |
日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部