2018年10月17日 更新

トヨタとソフトバンクが戦略提携!トヨタ社長の夢を語る力が経済を動かす

日本国内だけではなく世界でも人気の自動車メーカー「トヨタ自動車」は、なぜ「自動車不況」と呼ばれる現代でも圧倒的な業績を残し続けるのでしょうか。 今回は「トヨタ自動車」を牽引する代表取締役社長・執行役員社長を務める豊田家の第11代豊田章男の夢を語る力についてご紹介します。

2018.10.17

トヨタ、ソフトバンクの提携会見

gettyimages (23478)

2018年10月4日、日本を代表する大企業「トヨタ自動車」と「ソフトバンク」が戦略提携に乗り出した旨の会見が開かれました。
同会見では日本ではまだ馴染みのない「Uber(ウーバー)」の日本版のようなカー・シェアリングサービス「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」の設立・協働事業の開始を宣言。ソフトバンク社長・孫正義とともに豊田章男が登壇し、今回のサービスについて語りました。
このサービス開始には、自動車不況を取り巻く「100年に一度の大変革期」と呼ばれる「IoT(モノのインターネット化)」が背景にあります。


豊田章男は車のインターネット化という「夢」を孫正義に語り、それが今実現しようとしているのです。

「組むなら世界一の会社が良かった」
豊田章男は今回のサービスでソフトバンクと組んだ理由をこのように語ります。豊田章男が「トヨタ自動車」に「IoT」を導入する上で、この「夢」を語ることなしには実現しない事業提携だったと言えるでしょう。
トヨタ自動車とソフトバンクはそれぞれ日本の株式市場で時価総額トップ1位・2位。今回の事業提携で生まれた経済収益はとてもつもない額だと言われています。
「夢」を語り、世間を驚かせ、大きく躍進をする。このようにトヨタ自動車はこれまでの社歴の中で、その圧倒的なシェアを拡大してきました。

豊田章男の夢を語る力

豊田章男が世間を驚かせるような「夢」を語ったのは今回が初めてではありません。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
経済情報のファスティング・ダイエット

経済情報のファスティング・ダイエット

GWが始まる前に資産運用で成功している富裕層の方にGW活用術を聞いてみたところ、「日々の経済動向を追わない」、「数年先に思いをめぐらせる」「歴史を振り返る」といったコメントが多くありました。それを信じて最新の経済情報に極力触れない情報ファスティング・ダイエットを試した結果、ある面白い気づきがありました。
仕事や日常生活に使える行動経済学|アンカリング効果

仕事や日常生活に使える行動経済学|アンカリング効果

行動経済学には「アンカリング効果」という法則があります。人間の心理行動を利用した効果的な法則で、マーケティングや営業などのビジネスの現場ではよく利用されているものです。今回は、日常生活や自分自身にも応用できる「アンカリング効果」を取り上げます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部