2018年10月17日 更新

トヨタとソフトバンクが戦略提携!トヨタ社長の夢を語る力が経済を動かす

日本国内だけではなく世界でも人気の自動車メーカー「トヨタ自動車」は、なぜ「自動車不況」と呼ばれる現代でも圧倒的な業績を残し続けるのでしょうか。 今回は「トヨタ自動車」を牽引する代表取締役社長・執行役員社長を務める豊田家の第11代豊田章男の夢を語る力についてご紹介します。

2018.10.17

トヨタ、ソフトバンクの提携会見

gettyimages (23478)

2018年10月4日、日本を代表する大企業「トヨタ自動車」と「ソフトバンク」が戦略提携に乗り出した旨の会見が開かれました。
同会見では日本ではまだ馴染みのない「Uber(ウーバー)」の日本版のようなカー・シェアリングサービス「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」の設立・協働事業の開始を宣言。ソフトバンク社長・孫正義とともに豊田章男が登壇し、今回のサービスについて語りました。
このサービス開始には、自動車不況を取り巻く「100年に一度の大変革期」と呼ばれる「IoT(モノのインターネット化)」が背景にあります。


豊田章男は車のインターネット化という「夢」を孫正義に語り、それが今実現しようとしているのです。

「組むなら世界一の会社が良かった」
豊田章男は今回のサービスでソフトバンクと組んだ理由をこのように語ります。豊田章男が「トヨタ自動車」に「IoT」を導入する上で、この「夢」を語ることなしには実現しない事業提携だったと言えるでしょう。
トヨタ自動車とソフトバンクはそれぞれ日本の株式市場で時価総額トップ1位・2位。今回の事業提携で生まれた経済収益はとてもつもない額だと言われています。
「夢」を語り、世間を驚かせ、大きく躍進をする。このようにトヨタ自動車はこれまでの社歴の中で、その圧倒的なシェアを拡大してきました。

豊田章男の夢を語る力

豊田章男が世間を驚かせるような「夢」を語ったのは今回が初めてではありません。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |
世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

私が当初から考えていたメインのシナリオは、米国の景気が2019年から大幅に減速し、2020年には後退にまで至る結果として、世界経済は1年程度の同時不況に陥るというものです。ですから、次の世界的な景気後退ではリーマン・ショックのような危機は起こらないだろうと、メディアの取材や講演などで再三にわたって申し上げてきました。
モチベーションを上げる行動経済学 すぐ実践できる3つの方法

モチベーションを上げる行動経済学 すぐ実践できる3つの方法

仕事や勉強をしなければならないのにモチベーションが上がらないという経験は誰でもあるはずです。モチベーションが上がれば、仕事もスムーズにこなせ、夢への目標にも近づけるのではないでしょうか。今回は行動経済学の観点から、モチベーションの効果的な上げ方を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部