2019年2月6日 更新

【特別講演】竹中平蔵と考える私たちのお金の未来

⽵中平蔵⽒は、経済財政計画担当⼤⾂、⾦融担当⼤⾂、郵政⺠営化担当⼤⾂、総務⼤⾂を歴任し、⼩泉内閣を⽀えました。現在も政策アドバイザリーを務める⽵中⽒が、キャッシュレスが導く私たちの未来について提⾔します。(「お⾦の教養フェスティバル2019」基調講演より)

今後、ビッグデータに⼈⼯知能を絡めて、新しいマーケティングを⾏い、新しいビジネスを作ることで、経済や社会を変えているわけです。ですからビッグデータを作るためにも今⽇のキャッシュレス化はますます必要になっているわけです。ではこのビッグデータはどこにあるのでしょうか。まずGAFA(ガーファ)にあります。もう1つ、中国のアリババとテンセントにあります。メルケル⾸相は「中国は13億⼈のマーケットから、アメリカやヨーロッパの企業を締めだして、アリババやテンセントを育て、時には個⼈情報保護を無視してまででもビッグデータを蓄積した。こういうやり⽅を私たちは認めて良いのだろうか」と⾔いました。
最初は、中国のように⾃由がない国はやがてイノベーションに⾏き詰まるだろうから究極的にはそんなに⼼配しなくても良いと多くの⼈は思っていました。ところがこのビッグデータを集めるという点では、中国の国家資本主義はとんでもない⼒を発揮しているということを、世界の現実として認めざるを得ないわけです。

スーパーシティ構想が⾛り始めた

皆さん、スーパーシティという⾔葉を最近新聞などで⾒かけたことがありませんか。グーグルはカナダのトロント市をグーグル化すると宣⾔したんです。つまり、第4次産業⾰命の成果を全部取りこんで、ビッグデータと⼈⼯知能で街全体の管理をする、と。例えば⾃動運転のために、その街にはどのような道があって、どこに信号があるのか、どこに⼩学校や⽼⼈ホームがあるのかなど全部ビッグデータ化して、単なる実験ではなく、21世紀型の第4次産業⾰命の成果を全部実装出来るような街を作るとい
うことです。
そういうスーパーシティを作りませんかということを、去年の秋に、未来都市会議で私はダメもとで提⾔したんですが、それ⾯⽩いなとなりまして、特区担当⼤⾂に検討するようにという指⽰が総理から出たんです。今そのための法律を作る段階に⼊っています。
例えば皆さんイメージしてください。この街では、全て⽀払いはキャッシュレスです。そしてそのビッグデータを、もちろん個⼈の名前は伏せますが、どういう年齢の⼈がどういうものを買う傾向があるかなど、全てビッグデータとして使って良いのです。また、この街ではどこでも⾃動⾛⾏が出来ます。そのための街の情報も全てデータ化されています。
そしてもう1つ。テルアスワンスという⾔葉を皆さん、聞いたことがありませんか。去年私は引っ越しをしました。⼤変⾯倒な⽬に遭いました。まず転出届、転⼊届は、区役所に⾏きました。それから、それだけでは終わらず、警察に⾏って免許の書き換え、銀⾏や証券会社に⾏って住所の書き換え、不動産の名義の書き換え、NHKの登録、…といくつやらないといけないのでしょうか。住所変更など、区役所に届ければ、バンっと通じればいいじゃないですか。これがテルアスワンスです。これはやる気になればすぐ出来ると思いませんか?政府がデジタルなネットワークで繋がったらこんなことは出来るはずなんです。ましてやマイナンバーがあるわけですから、個⼈の認証も出来るわけです。
そういうことも含めて、21世紀型のものを全部凝縮した街を作ります。これは、ものすごくチャレンジングですが、少なくとも世界でいくつかはやろうとしていますし、⽇本も今それをやっていけるチャンスが来ております。

アジャイルすることの⼤切さ

キャッシュレス。便利です。でも便利なだけではなくて、ビッグデータがたまって、産業の⼒全体を強くする。そういったチャンスを今私たちは持っているということです。ただ最近、我々政策を議論している⼈間にとってショッキングなアンケート調査がありました。政策投資銀⾏が毎年⾏っているアンケート調査ですが⼤企業に対して「あなたの企業は、⼈⼯知能やビッグデータを使ったビジネスをしていますか。今後そういうことをやる可能性はありますか。」と尋ねたところ、なんと⽇本の⼤企業の6割から7割は「特に考えていない」と答えました。これは驚くべきことだと私は思います。⽇本の企業は妙な成功体験にとらわれていて、新しいことにチャレンジするということに対して⾮常に憶病になっている。
今経営でアジャイルという⾔葉があります。⽇本は何かをやろうとすると、100点満点で本当に問題がないかということを考えますが、70点か80点かわからないけれどとにかくやってみようじゃないですかと、これがアジャイルです。
やってみて問題点が出てきたら改良していけばいいじゃないですか。そうしないと今の時代、結局何にも出来なくなってしまいます。そういうチャレンジができる企業に私たちは投資をしたいと思うわけです。

竹中 平蔵

東洋大学国際学部教授、 慶応義塾大学名誉教授。 1951年、和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、1973年日本開発銀行入行。 1981年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。2001年小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。 2004年参議院議員に当選。2006年参議院議員を辞職し政界を引退。 現在は様々な企業で社外取締役などを兼務。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部