2018年12月27日 更新

ファンタスティックビーストも好調 JKローリングの逞しい商魂

「ハリー・ポッター」シリーズに続き、新シリーズ2作目の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』も大当たりのJKローリング。今回は彼女の人生を大逆転させた「ハリー・ポッター」の成功、そしてJKローリングの逞しい商魂について迫ります。

gettyimages (27516)

2018.12.27

「ハリー・ポッター」というビジネス

「ハリー・ポッター」シリーズの全7作は2007年に完結しました。しかし、JKローリングが展開する「ハリー・ポッター」ビジネスはますます繁栄しております。
今公開中の「ファンタスティック・ビースト」シリーズやミュージカル『ハリーポッターと呪いの子』では「ハリー・ポッター」と共に成長してきたファンの年齢層に合わせ、大人向けに趣向を凝らし、人気を集めているようです。
「魔法ワールド」がいつまでも人気なのは、このように、時の流れに沿って、ファンのニーズを満たす工夫が施されているからではないでしょうか。
ドイツに本社を置くマーケティング会社Statista GmbHが2018年11月に掲載した記事によると、
「ハリー・ポッター」ビジネスの世界売上は下記の通りでした。
Infographic: You're a Wizard at Making Money, Harry | Statista You will find more infographics at Statista

書籍売上部数     約5億部 突破
書籍売上金額     約77億ドル(約8,475億円)
映画シリーズ興行収入 約85億ドル(約9,355億円)*「ファンタビ」シリーズも含む
関連商品売上     約73億ドル(約8,034億円) (日本円表記は2018年12月25日時点) 
さらに、JKローリングのこだわりが込められた「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の導入がユニバーサル・スタジオ全体の来場数を36%も向上させるほどの大人気だという情報も付け加えています。
当然、これだけのビジネスとなればさすがに彼女の力だけではありません。出版社、エージェント、そしてワーナー・ブラザースなどビジネスパートナーの影響も大きいです。

しかし、発言権が優位なのはJKローリングです。


誰にも邪魔させない「ハリー・ポッター」の世界

gettyimages (27518)

JKローリングが優位な立場でいられるのは、もちろん、大作家であるということもありますが、それだけではありません。
JKローリングは商才に長けているという話題は海外メディアでよく取り上げられています。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
経済情報のファスティング・ダイエット

経済情報のファスティング・ダイエット

GWが始まる前に資産運用で成功している富裕層の方にGW活用術を聞いてみたところ、「日々の経済動向を追わない」、「数年先に思いをめぐらせる」「歴史を振り返る」といったコメントが多くありました。それを信じて最新の経済情報に極力触れない情報ファスティング・ダイエットを試した結果、ある面白い気づきがありました。
仕事や日常生活に使える行動経済学|アンカリング効果

仕事や日常生活に使える行動経済学|アンカリング効果

行動経済学には「アンカリング効果」という法則があります。人間の心理行動を利用した効果的な法則で、マーケティングや営業などのビジネスの現場ではよく利用されているものです。今回は、日常生活や自分自身にも応用できる「アンカリング効果」を取り上げます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン