2018年12月27日 更新

ファンタスティックビーストも好調 JKローリングの逞しい商魂

「ハリー・ポッター」シリーズに続き、新シリーズ2作目の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』も大当たりのJKローリング。今回は彼女の人生を大逆転させた「ハリー・ポッター」の成功、そしてJKローリングの逞しい商魂について迫ります。

gettyimages (27516)

2018.12.27

「ハリー・ポッター」というビジネス

「ハリー・ポッター」シリーズの全7作は2007年に完結しました。しかし、JKローリングが展開する「ハリー・ポッター」ビジネスはますます繁栄しております。
今公開中の「ファンタスティック・ビースト」シリーズやミュージカル『ハリーポッターと呪いの子』では「ハリー・ポッター」と共に成長してきたファンの年齢層に合わせ、大人向けに趣向を凝らし、人気を集めているようです。
「魔法ワールド」がいつまでも人気なのは、このように、時の流れに沿って、ファンのニーズを満たす工夫が施されているからではないでしょうか。
ドイツに本社を置くマーケティング会社Statista GmbHが2018年11月に掲載した記事によると、
「ハリー・ポッター」ビジネスの世界売上は下記の通りでした。
Infographic: You're a Wizard at Making Money, Harry | Statista You will find more infographics at Statista

書籍売上部数     約5億部 突破
書籍売上金額     約77億ドル(約8,475億円)
映画シリーズ興行収入 約85億ドル(約9,355億円)*「ファンタビ」シリーズも含む
関連商品売上     約73億ドル(約8,034億円) (日本円表記は2018年12月25日時点) 
さらに、JKローリングのこだわりが込められた「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の導入がユニバーサル・スタジオ全体の来場数を36%も向上させるほどの大人気だという情報も付け加えています。
当然、これだけのビジネスとなればさすがに彼女の力だけではありません。出版社、エージェント、そしてワーナー・ブラザースなどビジネスパートナーの影響も大きいです。

しかし、発言権が優位なのはJKローリングです。


誰にも邪魔させない「ハリー・ポッター」の世界

gettyimages (27518)

JKローリングが優位な立場でいられるのは、もちろん、大作家であるということもありますが、それだけではありません。
JKローリングは商才に長けているという話題は海外メディアでよく取り上げられています。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン