2019年4月16日 更新

デスクでできる簡単ストレッチ!腰痛や肩こり対策に

デスクワークでイスに座り続けることは、腰や肩に大きな負担がかかる原因になります。マッサージを受けるなどの対策はありますが、時間がとれない人も少なくありません。そこで今回は、デスクでできる簡単なストレッチ法について解説していきます。

gettyimages (36022)

2019.4.16

日常的なセルフストレッチの重要性

デスクワークで長時間イスに座り続けると、筋肉がかたくなったり姿勢が崩れたりするため、肩こりや首こり、腰痛の原因になります。しかし、局所的な症状だけで終わらないのが怖いところ。「エコノミークラス症候群」という言葉があるように、体に様々な不調をもたらしてしまいます。
gettyimages (36021)

たとえば、猫背や足のむくみ、背骨の湾曲などが起きる人もいるでしょう。さらに、頭部への血流不足が原因で、ストレスがたまる、肌の代謝が低下する、脳の働きが鈍くなるなどの症状もあらわれやすくなります。
長時間同じ姿勢を続けると、このように全身に悪影響を及ぼすため、対策が必要になります。仕事帰りにジムに通ったりマッサージを受けたりすることは効果的でしょう。しかし、日常的に簡単なセルフストレッチを行うことで、症状の軽減と予防を同時に行うことができます。そのためには、1~2時間に1箇所ずつストレッチを行うと効果的でしょう。
ここでは部位別にストレッチ法を解説しますが、いずれのストレッチも10~15秒を3セット行うことが基本です。その際、ゆっくり呼吸し、息を吐くと同時に筋肉を緩めるようにすると効果的でしょう。力を込めて無理にストレッチすることは避けてください。

デスクでできる腰のストレッチ

まずは腰のストレッチから説明します。ウエストラインの改善や腰痛予防になる他、全身の血流改善の要になる部位のため、欠かさず行いましょう。
gettyimages (36020)

腰のストレッチは、姿勢を正してイスに座り、両足の裏を床につけた状態で行います。その体勢から、背もたれやアームレストを持ち、背筋を伸ばしたまま上体を右方向に捻ってください。そして、捻った状態でキープしましょう。この時、顔も同じほうを向いてください。また、足の位置は動かさないようにしましょう。左方向も同様に行います。

デスクでできる背中のストレッチ

背中のストレッチは、座っている時の姿勢はもちろん、歩いている時の姿勢の矯正にもおすすめです。また、猫背予防にも効果的でしょう。背中のストレッチのポイントは、肩甲骨をしっかり動かすことです。
gettyimages (36000)

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テストステロンのレベルを上げる!高強度トレーニングを徹底解説

テストステロンのレベルを上げる!高強度トレーニングを徹底解説

テストステロンは、日々の活力や骨密度、筋肉量などと深い関わりがあります。強度の高いトレーニングは、そのテストステロン値を高める方法の1つです。そこで今回は、テストステロン増加に効果的な高強度トレーニングについて解説していきます。
高血圧予防に効果あり!継続しやすい有酸素運動のすすめ

高血圧予防に効果あり!継続しやすい有酸素運動のすすめ

健康診断で高血圧や血圧が高めと診断される人は少なくありません。実際に厚生労働省では、40歳以上男女の半数以上が高血圧症と報告しています。そこで今回は、高血圧対策におすすめの有酸素運動について解説していきます。
厚い胸板が手に入る!大胸筋の自重トレーニング法を徹底解説

厚い胸板が手に入る!大胸筋の自重トレーニング法を徹底解説

「腕立て伏せを毎日続けているけど胸板が厚くならない…」このように、トレーニングをしても理想の大胸筋にならないことで悩んでいる人は少なくありません。そこで今回は、自分の体重だけで胸板を厚くするための大胸筋トレーニングについて解説していきます。
頑固な肩こりをスッキリ改善!スキマ時間にできる集中エクササイズ

頑固な肩こりをスッキリ改善!スキマ時間にできる集中エクササイズ

マッサージをしてもらってもすぐに肩がこる、デスクワーク中に肩が張って辛い…そんな頑固な肩こりで悩んでいる人はたいへん多いです。そこで今回は、 なかなか改善しない頑固な肩こりを解消するための集中エクササイズについて解説していきます。
ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングは気分を高揚させてくれる一方で、散財してしまったという罪悪感にも悩まされるもの。 ところが、科学的にもショッピングには健康に寄与するさまざまな効能があることが証明されました。なぜ、ショッピングが健康に良いのでしょうか

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座