2018年12月20日 更新

世界のトップリーダーに学ぶ新しい時代の働き方とは

世界の第一線で活躍するトップリーダーは、どんな働き方をしているのでしょう。トニー・ブレア元英首相ら3,000人を超すVIPにインタビューしたフォーブスジャパン副編集長の谷本有香さんの「世界のトップリーダーに学ぶ 一流の『偏愛』力」から、新時代の働き方を考えます。

gettyimages (27166)

2018.12.20
谷本さんが記す、世界の第一線で活躍する経営者にある共通点は以下3つの共通点がありました。これらが新しい時代で活躍するための鍵になるようです。

世界の第一線で活躍する経営者にある共通点3つ

gettyimages (27171)

1.仕事を誰よりも楽しんでいる

仕事と家庭、趣味といったカテゴリー分けをせずに、仕事の時間もプライベートとして楽しめる趣味の時間のように過ごしている。
なぜ、そこまで楽しめるのでしょう。それは彼らが好きなことを仕事にしているからです。仕事の時間がプライベートと同化し、趣味の時間になっています。仕事がプライベートであり、同時に趣味でもあるのです。
好きなことをしているのですから、熱中して取り組め、実績も自然と上がってきます。

2.企業に属する働き方でなく、プロジェクト単位の働き方をしている

プロジェクト単位の働き方とは、最近の映画で目にするようになった、製作委員会の方式です。多額の費用がかかる映画を複数の企業や人が集まって進めます。
プロジェクト単位で仕事をする場合、会社の垣根を超えて人を集め、成果を出して利益を共有します。
こうした手法は今後、他の分野にも広がっていくと考えられています。
その際、どのプロジェクトに参画するかを決める要素の1つが、好きかどうかです。プロジェクト単位の仕事は積極的な参加が前提になります。好きではないからという理由でモチベーションを欠く人は必要ありません。
谷本さんはこの、「好きなことを明確に持たないと仕事を選択できなくなる時代が来る」と感じています。
そのキーワードになるのが「偏愛」だそうです。「どうしてもやりたい」「とにかく好き」という思いを持って生まれた仕事には、同じ思いを共有する仲間が集まります。その結果、高い信頼を持つ商品、サービスが誕生するのです。

ホリエモンから学ぶプロジェクトプランナーの仕事術

gettyimages (27180)

そんな、プロジェクト単位の働き方で活躍する人物の例として、ホリエモンこと元ライブドア社長の堀江貴文さんの例が挙げられています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントという言葉をご存知でしょうか。従来の目標管理や年次評価に代わり、メンバーの能力やモチベーションを高めて組織の目標を達成するというものです。そのマネジメント手法を個人で行ってパフォーマンスを高める方法をご紹介します。
ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

近年、ブレインストーミングの時間が設けられている会議は珍しくありません。その会議の中で、目が覚めるほど斬新なアイデアが生まれたことはありますか?ブレインストーミングを進行する人と参加する人、それぞれの立場ごとに、うまくいくコツをお伝えします。
リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

「リベラルアーツ」という言葉をご存知ですか?日本語では「教養」と表記されることが多いものの、その本質は少し異なります。近年ではリベラルアーツが、ビジネスシーンで重要なスキルだと注目を集める存在に。今回はリベラルアーツの意味や重要性、活用方法などをご紹介します。
ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

「人間拡張工学」という分野で研究されている「自在化身体」は、装置を装着すれば人間の能力を拡張して「超人」になれる技術です。それは未来の産業、ビジネスをどう変えるのでしょうか? 人間と技術の進歩との関係には、光の部分もあれば闇の部分もあります。
出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

20代から40代。女性は、キャリアを開始し場合によっては結婚や出産も経験する人生の正念場です。男女同権とはいえ、事情によりキャリアが中断することも少なくありません。欧州のヘッドハンターのプロが、女性たちに求める資質を年代別に語っています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部