2019年4月3日 更新

ニューヨークで輝く女性が語る自分を信じて生きるコツ

自信を持って幸せに生きていく秘訣があれば、ぜひ知りたいものです。世界一生きるのが厳しいといわれる街・ニューヨークで起業家として活躍しているエリカ著『ニューヨークの女性の「自分を信じて輝く」方法』 第6章から、ニューヨーク流・考え方のコツをご紹介します。

gettyimages (34907)

2019.4.3

世界の常識に自分を合わせていく

日本に住んでいると、コスモポリタンとしての感覚を忘れがちです。
コスモポリタンとは、国際人という意味で、一つの国や民族にとらわれず、全世界を自国として考えて生活する人のことを指しています。「人種のるつぼ」と称される多民族都市ニューヨークに生きる人々は、コスモポリタンとして皆が共存しているのだとか。
日本は、昔からの文化や風習のもとに、誰もがほぼ同じような感覚と常識を持って生きています。海外で働きたい、または海外に旅行に行きたいといった考えを持っている人は、コスモポリタンとしての感覚を目指していってほしいと著者はいいます。
たとえば、大雨の日にアメリカ人の友人が自分の家を訪ねてきたとします。雨に濡れてドロドロの靴のまま、室内に入ることもあるでしょう。室内では靴を脱ぐ習慣の日本人から見たら非常識です。ニューヨークには、まったく違う文化や風習が共存していますが、逆にいえば自分の常識が相手の非常識になることもあり得ます。
自国を出たら、自分の常識を世界基準に調整することが必要。自分のものさしだけで世界の常識を測ってはいけないと著者はいいます。
人間として本質的な部分である優しさや思いやりの心はそのままに、柔軟にダイヤルを合わせながら互いの違いを理解していく。どんな人も尊重しながら共存していく感覚は、海外に住む、住まないに関わらず、大事な考え方であるといえそうです。
gettyimages (34889)

幸せについて周りと比較しない

「隣の芝生は青い」という言葉が日本にはありますが、同じような意味合いの言葉が英語にもあるようです。
とあるレストランに行った著者は、2つの結婚式の様子をたまたま目にします。
一つは、そのレストランを貸し切ったアットホームな内容。もう一つは隣の建物で開かれていた、まるで映画の中のワンシーンを見るかのような大変ゴージャスな結婚式。同じ時間にまったく異なるタイプのウエディングパーティーが、背中合わせの建物で行われていたということになります。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
大正〜昭和に活躍した杉浦非水の広告アートを楽しむ【アート研修】

大正〜昭和に活躍した杉浦非水の広告アートを楽しむ【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「広告美術を楽しむ」です。
たくましく強く生きるニューヨークで働く人の考え方

たくましく強く生きるニューヨークで働く人の考え方

自信を持って幸せに生きていく秘訣があれば、ぜひ知りたいものです。世界一生きるのが厳しいといわれる街・ニューヨークで起業家として活躍しているエリカ著『ニューヨークの女性の「自分を信じて輝く」方法』 第2章から、ニューヨーク流・考え方のコツをご紹介します。
幸せになる!と自分で決めるニューヨーク流生き方

幸せになる!と自分で決めるニューヨーク流生き方

自信を持って幸せに生きていく秘訣があれば、ぜひ知りたいものです。世界一生きるのが厳しいといわれる街・ニューヨークで起業家として活躍しているエリカ著『ニューヨークの女性の「自分を信じて輝く」方法』 第1章から、ニューヨーク流・考え方のコツをご紹介します。
自分だけの時間を楽しむ必須アイテム

自分だけの時間を楽しむ必須アイテム

8年5ケ月勤めた仕事を退職しました。決まった時間に決まった場所へ行かなくていいなんて何年ぶりでしょう。うーんと考えてみたら実に18年ぶりくらい。長男は29歳。3人目の子供、娘はこの春社会人。もう自分の好きに生きる。これからどんな暮らしになるのか自分でも楽しみです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ