2018年5月14日 更新

夫婦ふたりきり仲良く暮らす3つの約束

DINKS(ディンクス)という生き方を知っていますか?Double Income No Kidsの頭文字などを並べたもので、「共働きで意識的に子どもを持たない夫婦」のことです。子どもを持たないということは、長い時間を夫婦ふたりきりで生きていくということ。DINKSで幸せに暮らすために大切なことは何なのか、実体験をもとに考えてみたいと思います。

thinkstock (14501)

2018.5.14

子どもを持たないDINKS婚の心構え

gettyimages (14497)

私たち夫婦は婚約した時からDINKSを希望していました。夫婦ふたりで生きていくことが私たちには何より自然なことだと感じていましたし、時間もお金も自由な選択をしたい、何にも縛られずに生きていきたいなど、人によっては自分勝手だと思われるような理由も少なからずあります。実際に今は結婚したことによる生活と精神的な安定感がありながら、独身時代の自由さもある、そんな生活を送っています。
子どもを持つつもりがないという話をすると、「なぜ結婚したのか」と疑問に思う方が少なからずいるようです。真意は「子どもを持たないなら結婚する意味がない」ということが多いのですが、私たちはそうは思っていません。悲しいことに「子どもを持つべきだ」がエスカレートして「子どもを産まないなんて女性として価値がない」と責められたこともあります。また「親には何も言われないのか?」もよく聞かれる質問です。孫を楽しみにしていた両親からすれば、DINKS婚は親不孝なのかもしれないと考えることもあります。幸い義理の両親も含め何かを言われたことはありませんが、仮に言われたとしても、毅然としていようと夫婦で決めています。
gettyimages (14586)

DINKS婚を公表することで、想像していた以上に様々なことを言われてきました。きっと良かれと思って「子どもがいた方が幸せだ」と助言をされたのでしょうが、いずれにしても夫婦のことは夫婦で決めていきたいと私は思っています。周りの意見に左右されず「自分たちの生き方の選択である」という信念というか強い気持ちが、DINKSを選択するうえで一番大事な心構えだと実体験から思います。

DINKS婚3つの約束

同じような考えの夫婦に出会うことも少なく、試行錯誤しながら暮らしてきて、DINKS歴はもうすぐ10年になろうとしています。結婚当初、長い人生をずっとふたりきりで生きていくことを考え、夫と3つの約束をしました。今もそれが快適なふたり暮らしのベースになっているように感じます。

約束1 お互いの自由を尊重すること

thinkstock (14502)

基本的に相手がやりたいことにはNoと言わないことにしています。友達と旅行に行きたければ行けばいいし、転職したければすればいいし、趣味を極めたければ思う存分やればいいというスタンスです。共働きで金銭的な自由度も高いので、できることはなるべく応援するようにしています。
子どもがいる場合は、何かを決めるときに子どもを中心に考えることが多いのでしょうが、私たちは夫と妻の1対1、純粋に自分の希望を通したいと思いがちです。結婚は数十年先まで続く生活です。多少の譲歩はもちろん必要なことがありますが、大人同士が相手のために何かを我慢し続ければ、数年もしたら当然辛くなります。相手のやりたいことを尊重し、ある程度お互いに自由に生きていくことが、DINKS夫婦が楽しく暮らすコツのひとつだと思います。

約束2 男と女であることを忘れないこと

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

記事が70万超えでシェアされる人気ママブロガーのLICOさん。3人の子育てをしながら、ブログ更新、本の執筆、講演と多忙な日々を送ります。そんなLICOさんの子どもとの付き合い方は、それは私たちビジネスパーソンの人間関係作りにも大切なことだと気づかされます。子育てと仕事をしなやかに両立させているママからのメッセージをお届けします。
こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フクチメグミ フクチメグミ