2018年5月14日 更新

夫婦ふたりきり仲良く暮らす3つの約束

DINKS(ディンクス)という生き方を知っていますか?Double Income No Kidsの頭文字などを並べたもので、「共働きで意識的に子どもを持たない夫婦」のことです。子どもを持たないということは、長い時間を夫婦ふたりきりで生きていくということ。DINKSで幸せに暮らすために大切なことは何なのか、実体験をもとに考えてみたいと思います。

gettyimages (14503)

もうすぐ結婚10年ですが、今でもきちんとおしゃれをして、素敵なお店の予約をとって、月数回デートをします。恥ずかしながら、夫は独身時代と同じように今でもほめてくれますし、「いってらっしゃい」や「おかえり」の際にはお互いにハグなどのスキンシップを欠かしません。
「子はかすがい」という言葉があるということは、逆に子どもがいないDINKSはパートナーと別れることへのハードルが低くなります。相手は家族であり、恋人であり、そして他人であるという意識をもって、気を許しながらも気遣いと愛情を忘れないこと。特別なことではないかもしれませんが、ふたりで生きていくには特にこの意識が大事なことだと感じています。

約束3 子どもが欲しいと思ったらきちんと伝えること

gettyimages (14504)

結婚をした時に、もしこの先子どもが欲しいと思ったら必ず相手に伝えることをお互いに約束しました。望んでDINKSを選択したとしても、環境や年齢が変われば、人の気持ちや希望は変わることもあります。
私たちの場合はこれまで約10年、結婚当初から希望が変わることはなかったのですが、高齢出産になる前(私の35歳の誕生日)には、改めて夫に確認をしました。「私はこのまま子どもを産むつもりがないがよいですか」と。この先も誕生日や結婚記念日など、何かの特別な機会には話をしていこうと思っています。
thinkstock (14633)

DINKSというと子どもを持たないことがクローズアップされがちですが、つまりは夫婦ふたりきりで生きていくということです。長い年月をふたりで楽しく暮らしていくために、これからもより良い形を夫と楽しみながら探していきたいと思います。
★これからDINKS婚の生活について書いていきますので、よろしくお願いします。
次の更新は5月31日(木)の予定です。
フクチメグミ

フクチメグミ

DINKS婚(ディンクス:Double Income No Kids)を選択し、夫と自由なふたり暮らし。長い人生、夫婦ふたりきりでどうやって楽しく生きていくかを試行錯誤しながら模索中。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

記事が70万超えでシェアされる人気ママブロガーのLICOさん。3人の子育てをしながら、ブログ更新、本の執筆、講演と多忙な日々を送ります。そんなLICOさんの子どもとの付き合い方は、それは私たちビジネスパーソンの人間関係作りにも大切なことだと気づかされます。子育てと仕事をしなやかに両立させているママからのメッセージをお届けします。
こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フクチメグミ フクチメグミ