2018年10月15日 更新

マイケル・コースがヴェルサーチェ買収 高級ブランド業界の変革

高級ブランドのヴェルサーチェが、庶民派ブランドのマイケル・コースに21億ドル(約2370億円)で買収されました。イメージも客層も格差が大きいこの2社の意外な買収劇に見る、高級ブランド業界の動向に迫ります。

gettyimages (23141)

2018.10.15

複合企業に買収される高級ブランド

高級ブランドも今や伝統やブランド力だけではやっていけないのでしょうか、資金力と経営力の有する複合企業の傘下に入るというケースが急増しています。

特にヨーロッパのLVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン)とケーリングの2社は次々と著名な高級ブランドを傘下に入れ、巨大な高級ブランド複合企業を築き、高級ブランド業界の権力を握っています。
gettyimages (23145)

因みに、非公開企業で、複合企業の傘下にも入らずに頑張っている高級ブランドはシャネル(仏)ぐらいではないでしょうか。今まで一度もその売上高を公開したことがないシャネルが初めて公開した2017年の売上高は100億ドル(約1兆1,000億円)。さすが、ブレないシャネル、「うちは買収など必要ない」と世間に知らしめました。

アメリカも高級ブランド買収合戦へ

実は、マイケル・コース(米)も積極的に高級ブランド複合企業としての規模を拡大しています。2017年に12億ドル(約1,340億円)で高級靴、ジミー・チュウ(英)を買収。そして、今回、ヴェルサーチェ(伊)を買収し、社名をカプリ・ホールディングスに変更しました。

また、高級バック、コーチ(米)も2015年に高級靴、スチュアート・ワイツマン(米)、そして2017年にケイト・スペード(米)を24億ドル(約2,700億円)で買収しタペストリー・インクと社名変更し高級ブランド複合企業を形成しつつあります。
gettyimages (23149)

今まで、アメリカでは、ヨーロッパのように高級ブランド複合企業を成功させられなかったので、この2社の高級ブランド買収合戦参入が注目されています。
なぜ、今までアメリカでは高級ブランド複合企業が成功できなかったかについて、ニューヨーク・タイムズでは下記のように指摘しています。

• アメリカは伝統の維持よりも起業を重視するビジネス慣行なので、伝統を確立した高級ブランドが少ない。その為複合企業が複数のブランドの知名度をまとめて確立させるにはコストがかかった。

• ヨーロッパの高級ブランド複合企業は、同族経営による長期的コミットメントをしている。

既に確立したブランド力を持つヨーロッパの高級ブランドを買収したマイケル・コースは今までのアメリカの複合企業とは違う結果をだせるのではないでしょうか。

ミレニアル世代の高級ブランド品需要の急増

gettyimages (23153)

最近は高級ブランド品に囲まれたセレバティーの生活がインスタグラムで公開されることから、ミレニアル世代やティーンの高級ブランド品への需要が急増しています。2017年の高級ブランド市場の成長の85%は18歳から35歳の消費者の寄与による、とUBSグループの調査で明らかになりました(Bloomberg)。
グッチのアレッサンドロ・ミケーレは2015年にクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、ミレニアル世代をターゲットとした高級品をカジュアルに使いこなす「ラグジュアリーストリートスタイル」に力を入れたことから、グッチは今、最もミレニアル世代に人気のある高級ブランドになりました。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕事の無駄を省きたいと思っても、どうやって省けばいいか分からないことも多いのではないでしょうか。無駄を省いて仕事を効率化するのにおすすめなのが「仕組み化」です。この記事では仕組み化のポイントやメリットなどについて解説します。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳を使ってのタスク管理はアナログな方法ですが、実は最も効果的だったりします。デジタルツールを活用したタスク管理に手を出しても、私も含め結局は手帳でのタスク管理に戻ってくることも珍しくありませんね。手帳での効果的なタスク管理の方法やコツを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン