2018年8月2日 更新

台湾は台北だけじゃない、森林列車に乗って阿里山の大自然を訪ねよう!

台湾と言えば台北や高雄などの大都市ですね。でも台湾には驚くような大自然が残っていることを知っていますか。中でも台中近くにある阿里山には、台湾の最高峰「玉山」があるばかりでなく、日本人が作った森林鉄道があるのです。そんな阿里山に森林列車に乗って行ってみました

台湾は世界一「高山密度」の高い国

台湾は面積にしたら日本の九州ぐらいしかありませんが、その狭い国土に3000m級の山がなんと250以上もあるというのですから驚きです!つまり「高山密度」では世界一ということになります。そしてこうした山々が造り出す大自然が、知らぜらる台湾の魅力にもなっているのです。阿里山はそんな大自然が残っているエリアの1つです。阿里山には、車やバスで行くこともできますが、もう1つの行き方は嘉義から出ている森林鉄道を利用する方法です。

阿里山ってどんなところ?

阿里山は、台中から南東に約70km行ったところにあります。正式名「阿里山森林遊楽区」が示すように、台湾の国立公園になっています。雨が多く霧がかかる日は年間244日とも言われおり、そのために他ではあまり見られない雲海を見ることができます。また阿里山国立公園のすぐ近くにある祝山からは台湾の最高峰である海抜3952mの玉山が見えます。特にこの山に登る日出は有名で、祝山には日出を一目見ようとたくさんの人が集まります。
阿里山のもう1つの魅力は、公園内に設けられた散策コースです。公園内には杉の木が多数植えられていますが、その中でも樹齢約1000年になる「神木」と呼ばれる杉の大木が圧巻です。

日本人が築いた阿里山森林鉄道

阿里山森林遊楽区に行くには、車やバスで行く人が多いですが、もう1つの行き方は嘉義から出ている阿里山森林鉄道を利用する方法です。阿里山森林鉄道は、日本が台湾を統治していた時代に、阿里山から切り出した木材を地上に運ぶために築いたもので、今では観光用に使われています。阿里山へは野球の町で知られる嘉義から出発します。かつてこの鉄道は嘉義から阿里山まで直通でつながっていたのですが、近年、奮起湖から阿里山までの区間が台風の影響を受け、まだ復帰していません。そのため、奮起湖からはバスに乗り換えます。

奮起湖のお弁当をお見逃しなく!

嘉義から出発した森林列車は山を弧を描くように回りながらいくつかの駅を過ぎ終点の奮起湖に着きます。所要時間2時間20分。この間、車窓からは時折雲のかかった山々を見ることができます。奮起湖は森林に作られた鉄道の町で、湖と言っても湖があるのではなく、森林の中でも開けた地形をしているので付けられた名前なのです。奮起湖はかつて阿里山鉄道を利用する人のための途中休憩駅として栄えた所です。そのためここには老街や宿泊施設が今でも残っており、グルメや雑貨が店頭に並んでいます。その中でも有名なのが日本人が始めた駅弁「奮起湖弁当」です。奮起湖ではこの駅弁をぜひお見逃しなく!
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

大手企業で導入しているビジネスゲーム研修を知っていますか。その1fつであるコンセンサスゲームは、月や無人島での極限状態を想定し、チーム全員のコンセンサス(意見の一致)を得て、困難を乗越えるゲームです。この研修で強化できるビジネススキルは様々です。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

「言葉の力」で人を率いるリーダーを目指すなら、「スピーチ」はとても大事です。信頼を勝ち取れるようなスピーチを行うためのヒントになる「1分間に300字がおさまるように話しなさい」などの「NHK式7つのルール」を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT