2019年3月12日 更新

上司や部下の本質を見抜ける?デスクの使い方がその人を表す 

職場のデスクスペースの状態や使い方でその人の本質が見える、アメリカの心理学者が提唱している例があります。職場の部下、上司の本質が、デスクから見抜ける可能性があるそうです。その具体的な方法と事例を紹介します。

gettyimages (32637)

2019.3.12

職場のデスク環境はその人の本当の姿を映し出す

gettyimages (32600)

 日常生活のあらゆるシチュエーションから人間の本質を見抜く、という研究は世界中で行われています。
 その中でも、デスクワークのありかたから、その人の性格や性癖、ひいては政治的傾向まで見抜けると主張しているのは、アメリカのテキサス大学オースティン校教授サム・ゴスリングです。
 ゴスリング教授によれば、デスクワークは「魂の窓」。いかにその人が自身の内面を隠そうとしても、オフィスの机を見れば本質が見抜けるのだと主張しています。自身の思いを言葉で表現していても、デスクがそれを裏切ってしまうのだとか。
 
性格、価値観など、その人の本質が分かるポイントは、どこにあるのでしょうか。

デスクの文具・雑貨からあなたの傾向がわかる!

gettyimages (32605)

 ゴスリング教授はニューヨーク大学とも協力して、寝室、オフィスの環境や、タブレットの情報、フェイスブックのページの投稿文などを実施調査し、様々な特徴が明らかになったと語っています。心理学誌『サイコロジカル・サイエンス』に発表されたこの結果によると、所有物やその配置、使用するフレーズは、精神ののびやかさ、素直さ、柔軟性、独創性、さらには政治的な傾向さえも計る指標であることが明らかになったのだそうです。
 例えば、机の上が散らかっている人は一般的に革新派が多く、整理整頓がなされている人は保守派。雑貨類がカラフルな人はリベラルな傾向になりがちで、保守的な人は身の回りも実用的でニュートラルカラーを使用することが多いのだとか。

机の上が散らかっているのは独創性の象徴

gettyimages (32609)

そして、職場のデスク環境に関しても、興味深い事象が明らかになっています。

オフィスはパブリックスペース、いくら自分のデスクとはいえ整理整頓をしている人が圧倒的に多いのは当然かもしれません。彼らは、オフィス内でも型通りの行動をし、他人への態度もそつがなく、健康的な食を好む傾向にあります。
 一方、デスクの上が混とんとしている人は因習から解放され型にはまらないことを好むことが多く、独創性を発揮することが多いと報告されています。
 おもしろいのは、こうした傾向は、車の駐車の仕方から、デザイナーであれば、WEBページのデザインにまで及ぶことです。

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

政府が国民運動として推進する「食育」は、農水省の調査によると国民の4分の3以上が関心を持っています。食育関連の民間資格は乱立気味ですが、うまく選べば仕事に役立ったり、肩書を活かして食育セミナーの講師の声がかかり、報酬が望めるかもしれません。
リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラルとは「紹介」を意味し、リファラル採用とは「人材会社を介さず、社員に紹介してもらった人で採用活動をすること」を指します。特筆すべきは、紹介者の社員へのインセンティブ以外の費用はほぼ発生しないことですが、リファラル採用には他にもメリットがあります。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子