2019年11月7日 更新

効率的に痩せる!忙しい人におすすめショートサーキットトレーニングとは

ジョギングや筋トレは、ダイエットに効果的な運動です。しかし、「時間が取れない」「ジム通いが面倒」などの理由で続かない人も少なくありません。そこで今回は、有酸素運動と筋トレを同時に行うことができる「ショートサーキットトレーニング」について解説していきます。

gettyimages (26685)

2018.12.17

ショートサーキットトレーニングとは?

ショートサーキットトレーニングとは、サーキットトレーニングで行う種目数を少なくしたトレーニング法を言います。そもそもサーキットトレーニングとは、複数の筋トレ種目を短いインターバルで連続して行うトレーニングです。トレーニング中は常に高い心拍数を維持できる他、筋肉にも強い負荷をかけ続けることができます。そのため、有酸素運動と筋トレを同時に行うことができるたいへん優秀なトレーニング法と言えるでしょう。
gettyimages (26682)

しかし、運動経験が少ない人やトレーニング器具を準備できない人などは、実践が難しいケースも少なくありません。種目数が多く習得するまでに時間がかかるため、特に運動不足の人はケガをする恐れも出てきます。そこでおすすめするのが、ショートサーキットトレーニングです。
8種目から多い場合20種目近くを連続して行うサーキットトレーニングを、ショートサーキットトレーニングでは2種目だけしか行いません。ただし種目が少ない分、より多くの筋肉を動員させることと高い負荷をかけ続ける工夫が必要です。そのために有効な2種目が、次の「レスラープッシュアップ」と「ジャンピングスクワット」です。

レスラープッシュアップのやり方

レスラープッシュアップ(ヒンズープッシュアップ)は、大胸筋を中心に体幹や体の前部を効率的に鍛えることができる種目です。
gettyimages (26674)

やり方は、まず床にうつ伏せになってください。次に肩幅程度に広げた両手を床につけ、腕立て伏せをする体勢にします。同時に、両足も広げるようにしましょう。そして、胸が床につく寸前のところまで体を下ろしてください。この時、腕立て伏せのようにまっすぐ体を下ろすのではなく、後方から下ろすようにしましょう。猫が背伸びをするように腕を伸ばし、お尻を高く持ち上げた状態から体を下ろす感覚です。
gettyimages (26672)

そして、体を下ろした状態を維持しながら、30~40cmの高さにある棒の下を潜るように、体を前方に移動させましょう。最後に元の位置に戻ります。横から見ると、円を描くような動きになります。このトレーニングを、大胸筋や肩、体幹の筋肉が使われていることを意識しながらゆっくり行ってください。

ジャンピングスクワットのやり方

ジャンピングスクワットは、太ももにある大腿四頭筋の他、背筋や体の後部を効率的に鍛えることができる種目です。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

腕を太くする筋トレ2種 自宅で効率的に筋肉トレーニング

腕を太くする筋トレ2種 自宅で効率的に筋肉トレーニング

「腕だけが細い」「筋トレしても腕が太くならない」このような悩みを持っていませんか?腕に筋肉をつけるためには、筋肉の質や構造に合ったトレーニングをしなければいけません。そこで今回は、たった2種目で器具を使わずに腕を太くする方法を解説していきます。
【筋肉は裏切らない】短時間でできる格闘家流筋トレ3選

【筋肉は裏切らない】短時間でできる格闘家流筋トレ3選

流行語大賞に「筋肉は裏切らない」がノミネートされ、益々注目されている筋トレ。格闘家が強いパンチを打つことができる理由の一つが「筋肉の連動」です。この動きを筋トレに取り入れると、自然に高い運動強度が得られ、全身運動になります。そんな格闘家流筋トレを解説します。
自宅でできるソロトレで健康的な理想のボディラインを作る!

自宅でできるソロトレで健康的な理想のボディラインを作る!

食事制限や無理なダイエットで手に入れた細い体より中村アンさんのような運動で手に入れた健康的で女性らしいボディラインがトレンドです。一日の終わりに、ひとりで行うトレーニング「ソロトレ」を取り入れてみませんか。今注目のロトレを3つご紹介します。
大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を自重で鍛える場合、強度の高いトレーニングができずに筋肥大に苦労している人は少なくありません。そこでおすすめする方法が、大胸筋を集中的に鍛えることができる、インターバルの短い高強度トレーニング「プッシュアップHIIT」です。
自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

女性の「美」を追求すると果てしないのが今の現代です。 「美」と言ってもスキンケアからボディメンテナンスまで様々ですが、美意識が高い人は、美容に対して自己投資を惜しみません。 今、美容にお金や時間をかけておくことで、何歳になっても綺麗でいられるのではないかという自信にもなります。 しかし、間違った美容の自己投資や時間の使い方などをしている人も中にはいます。 この記事では、想像する未来の自分のために、今の美容への自己投資の方向性が本当に正しいかどうか、お金や時間の使い方なども解説していきます。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座