2019年11月7日 更新

テストステロンのレベルを上げる!高強度トレーニングを徹底解説

テストステロンは、日々の活力や骨密度、筋肉量などと深い関わりがあります。強度の高いトレーニングは、そのテストステロン値を高める方法の1つです。そこで今回は、テストステロン増加に効果的な高強度トレーニングについて解説していきます。

gettyimages (39638)

2019.6.12

テストステロンを増やすトレーニングのポイントと手順

gettyimages (39637)

男性ホルモン「テストステロン」の分泌量を増やすためには、短時間で強度の高いトレーニングを行うことがポイントです。トレーニング手順は、十分な準備運動を行った後、高強度トレーニングと中等度トレーニングを交互に繰り返します。
まず、準備運動はじっくり時間をかけて行いましょう。5分以上かけて、全身を十分にストレッチしてください。また、準備運動には心肺機能のウォームアップも含まれます。そのため最低3分以上は、軽いランニングやロープなし縄跳びなどで心拍数を上げておきましょう。次に、高強度トレーニングを30秒間行います。「これ以上できない」と感じる強度で行うことが大切です。そして、クールダウンを兼ねた中等度トレーニングを90秒間行いましょう。中等度とは、トレーニング中に会話ができる程度の強度です。この高強度トレーニングと中等度トレーニングを、休憩を挟まずに繰り返します。
運動経験のほとんどない人は、まずは時間を短くしたりセット数を少なくしたりしてトレーニングしてください。2セットでもたいへんキツく感じるでしょう。慣れてきたら少しずつセット数を増やしていくことで、無理なく強度を上げることができます。スポーツ経験者や体力に自信のある人は、5セット以上行ってください。そして、7セットできるようになったら、セット数を増やさずに強度を高めていきましょう。
なお、トレーニング種目は全身運動のできるものがおすすめです。全身の筋肉を使用でき、効率的に強度を高めることができるためです。次からは、テストステロン増加におすすめの全身運動ができるトレーニング種目を紹介します。

おすすめの種目①ランニング

gettyimages (39628)

ランニングは、強度を調整しやすい有酸素運動です。運動強度を変えながらジョギングコースなどを走ることで、テストステロンアップに効果的なトレーニングができるでしょう。ジムにあるトレッドミル(ルームランナー)を使用すると便利です。マシンのプログラムを変更できる場合は、速いスピードを30秒、ゆったりめのスピードを90秒にして繰り返すようにセットしてください。
なお、ランニングを行う際は、背筋を伸ばして腕をしっかり振ることが大切です。そうすることで、下半身はもちろん、上半身や体幹も鍛えることができます。

おすすめの種目②水泳

gettyimages (39623)

水泳は、全身の筋肉を効率的に使うことができるおすすめの運動です。ただし、泳ぎかたによっては強度が足りない場合があります。そのため、クロールのようにすばやく手足を動かせる泳法がおすすめです。反対に、平泳ぎは強度を高めるのが難しいため、高強度トレーニングには向いていません。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

男性ホルモンの「テストステロン」を増やす方法に、体の中で特に大きな筋肉を持つ脚や体幹を集中的に鍛えるやり方があります。今回は、テストステロンを効率的に増やすための下半身集中トレーニングについて、ポイントや手順を解説していきます。
テストステロンを増やす栄養素とレシピを解説!男性の更年期対策にも

テストステロンを増やす栄養素とレシピを解説!男性の更年期対策にも

男性ホルモンの減少による男性更年期対策には、運動や食事、睡眠などでテストステロンを増やすことが大切です。その中でも食生活の改善は、手軽にできる対策の一つです。そこで今回は、テストステロン増加に効果的な栄養素やレシピについて解説していきます。
大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を自重で鍛える場合、強度の高いトレーニングができずに筋肥大に苦労している人は少なくありません。そこでおすすめする方法が、大胸筋を集中的に鍛えることができる、インターバルの短い高強度トレーニング「プッシュアップHIIT」です。
自宅でできる上腕三頭筋のトレーニング!たくましい腕をつくる方法

自宅でできる上腕三頭筋のトレーニング!たくましい腕をつくる方法

上腕三頭筋は、力こぶのある上腕二頭筋の反対側にある筋肉です。たくましい腕をつくり上げるためには、この上腕三頭筋を効率的に鍛えることが重要です。そこで今回は、腕を太くするために自宅でできる上腕三頭筋の筋トレ方法について解説していきます。
テストステロンの低下を防ぐ5つの習慣!日常の中で変えられる方法とは

テストステロンの低下を防ぐ5つの習慣!日常の中で変えられる方法とは

テストステロンは、運動不足や不摂生、ストレスなどが原因で、働き盛りの30~40代の男性でも大きく低下することがあります。そこで今回は、テストステロンの低下を防ぐために、日常生活で変えたい5つのポイントについて解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座