2017年6月8日 更新

普通の主婦が「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた、たった3つの理由

日本で、片付けの専門家として活躍されている近藤麻理恵さん。 「こんまりさん」の愛称で親しまれているのは日本だけではなく、米国をはじめとする世界中で200万部を超すベストセラーになっており、2015年4月には米TIMES誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれました。

2015.4.30
「人生がときめく片づけの魔法(サンマーク出版)」は、まだ4年ほど前に世にでたばかり。

そんな近藤麻理恵さんが、なぜあっという間に世界に影響力を与えるほどの活躍ができたか?
それは、3つの大きな理由があったからです。

01. 小さいころから好きなことを追求してきたこと。

「片付けの専門家の仕事」と割りきって見つけたものではないとうことです。

小さいころから母親の影響から主婦の仕事に興味があり、その中でも日々の繰り返しという片付けに特に興味を持ち、どんどん深くはまっていくことになる近藤さんは、ほぼ生活の一部として、そして趣味の一部として楽しみながらやっていたことが、人よりも追求できた、つまり深掘りできたのです。

02. 好きなことを追求したら、得意分野になったこと。

小さいころから好きな片付けを追求し、深掘りし、そしてハマり。そしてその好きなことが、得意になったことが理由の2つ目です。
ものごとにハマった人は、時間も忘れてものごとに集中します。だれもが小さいころに経験したことと思いますが、大人になると、なかなかハマることができないのも事実。
そのハマったことを継続すると、それは得意分野となり、誰よりも優れた才能となります。
そしてその才能が、社会から求められ、さらに才能が磨かれているのです。

03. あっという間の前に、10年以上の歳月がある。

書籍を出版してから4年という短い歳月ですが、4年でこうなったのではありません。
米国で成功を収めたエディ・カンターが「It takes twenty years to make an overnight
success.(一夜にして成功するには20年かかる。)」と言ってるように、たった4年で成功したのではなく、それまで10年以上の行動の結果だったのです。
では、近藤麻理恵さんが注目された理由を知った私たちは、どのように活かせばいいのでしょうか?
私たち自身がハマれること、そして得意なことは、どのように探せばいいのでしょうか?
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪


この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部