2018年7月29日 更新

学びに対する意識を正そう!論語で「学び方改革」

現代では、情報化社会により様々な媒体から情報が溢れ、知ることや学びに対し変化が起きつつあります。 この記事では、現在でも世界に生き続ける論語を現代の解釈で読み解き、学びに対しての意識を改め、学ぶ意欲がわくような論語の教えを3つ紹介します。

2918.7.29

過去の知見を学ぶことで視野を広げよう

為政第二-二七 子曰。温故而知新。可以爲師矣。

先師がいわれた。――
「古きものを愛護しつつ新しき知識を求める人であれば、人を導く資格がある。」
有名な温故知新の話ですね。
古いしきたりやルール、情報からしっかりと学びながら、新しく生まれているルールや情報を取り入れることで、年齢や立場に関係なく人を指導し、学びやすい環境を作れる、
また、世代に関わらず、コミュニケーションを通じて尊敬し合える、と読み解けます。
孔子はこの他にも「十代も後のことが果してわかるものでございましょうか。」という問いに対して、
「わかるとも。殷の時代は夏の時代の礼制を踏襲して、いくらか改変したところもあるが、根本は変わっていない。(略)」と答えており、古いものが新しく変わる時も、根本は変わらないという教え方もしています。
先人が大切にしてきたルールの中には必ず意味があり、取り入れ応用すれば、視野が広がり、より良い発見ができるはずです。

知識として蓄積する大切さを再確認しよう

為政第二-三三

子曰。由。誨女知之乎。知之爲知之。不知爲不知。是知也。

先師がいわれた。――
「由よ、お前に『知る』ということはどういうことか、教えてあげよう。知っていることは知っている、知らないことは知らないとして、すなおな態度になる。それが知るということになるのだ。」
情報化社会を生きる上で、簡単な物事であれば、検索エンジンで瞬時に知ることができるため、そのままになっていたり、知ったつもりになっていることはありませんか。
理解していること、していないことを知らなければ、知識として得るものも得られず学びの機会を逃すこともあるでしょう。
自分の知識量を知るためにも学ぶことは大切、と考えることができます。
当たり前のことを見つめなおすことで、知識として蓄積する大切さを再確認できます。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?
サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

「サーバントリーダーシップ」にもデメリットはあります。旧来の「支配型リーダーシップ」のアンチテーゼとして、昨今注目を集める「サーバントリーダーシップ」ですが、使用方法を誤ると逆効果にもなります。「サーバントリーダーシップ」のメリット・デメリットを理解し、有効な使い方を考えます。
仕事で成功するために「デザイン思考」が大きく関係する理由

仕事で成功するために「デザイン思考」が大きく関係する理由

ビジネスの場でよく目にする「デザイン思考」。しかし、ビジネスにおいてどのように役立つのか、いまいちわからないという方も少なくないでしょう。今回は仕事に取り組む姿勢そのものを変える、デザイン思考について説明します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部