2018年7月29日 更新

学びに対する意識を正そう!論語で「学び方改革」

現代では、情報化社会により様々な媒体から情報が溢れ、知ることや学びに対し変化が起きつつあります。 この記事では、現在でも世界に生き続ける論語を現代の解釈で読み解き、学びに対しての意識を改め、学ぶ意欲がわくような論語の教えを3つ紹介します。

2918.7.29

過去の知見を学ぶことで視野を広げよう

為政第二-二七 子曰。温故而知新。可以爲師矣。

先師がいわれた。――
「古きものを愛護しつつ新しき知識を求める人であれば、人を導く資格がある。」
有名な温故知新の話ですね。
古いしきたりやルール、情報からしっかりと学びながら、新しく生まれているルールや情報を取り入れることで、年齢や立場に関係なく人を指導し、学びやすい環境を作れる、
また、世代に関わらず、コミュニケーションを通じて尊敬し合える、と読み解けます。
孔子はこの他にも「十代も後のことが果してわかるものでございましょうか。」という問いに対して、
「わかるとも。殷の時代は夏の時代の礼制を踏襲して、いくらか改変したところもあるが、根本は変わっていない。(略)」と答えており、古いものが新しく変わる時も、根本は変わらないという教え方もしています。
先人が大切にしてきたルールの中には必ず意味があり、取り入れ応用すれば、視野が広がり、より良い発見ができるはずです。

知識として蓄積する大切さを再確認しよう

為政第二-三三

子曰。由。誨女知之乎。知之爲知之。不知爲不知。是知也。

先師がいわれた。――
「由よ、お前に『知る』ということはどういうことか、教えてあげよう。知っていることは知っている、知らないことは知らないとして、すなおな態度になる。それが知るということになるのだ。」
情報化社会を生きる上で、簡単な物事であれば、検索エンジンで瞬時に知ることができるため、そのままになっていたり、知ったつもりになっていることはありませんか。
理解していること、していないことを知らなければ、知識として得るものも得られず学びの機会を逃すこともあるでしょう。
自分の知識量を知るためにも学ぶことは大切、と考えることができます。
当たり前のことを見つめなおすことで、知識として蓄積する大切さを再確認できます。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

日本の企業の3分の2は後継者不在に悩んでいます。それを「娘婿=準同族」を探してきて解決しようとするのが「事業承継婚活」で、マッチングを手がける企業が現れています。独身で、経営者になりたい、起業したい男性にとっては選択肢の一つになりそうです。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

「ライフハック」と呼ばれる仕事の効率化について連載しています。今回はToDoリストを使ってのタスク管理ツールを紹介します。タスクを「今日やることだけに集中」させ「明日でいいものは明日にやる」を毎日繰り返せば、毎日気持ちよく仕事ができるようになります。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部